ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

湯布院日帰り旅②

湯布院ICから車ですぐの温泉宿に到着。
11時から14時30分までお部屋を貸切ることができるプランです。
この「楓の小舎(かえでのしょうじゃ)」というお宿は
離れのみ6室という少し変わった建物でした。

e0082098_15420792.jpg


ここは、フロントがある建物です。

e0082098_15425605.jpg


フロントから向って右方向に離れが建っています。
e0082098_15431942.jpg

朝ごはんを食べていなかったので、
11時に到着して、すぐにお食事をお願いすると、
30分くらいで出していただきました。

右上から、豊後牛のステーキ、ご飯、鯛のゴマだれ漬け、
とうもろこしのすり流し野菜のせ、アワビとじゅんさいの酢の物、
ガラス鉢は何だったか…忘れてしまいました(>_<)
これにお味噌汁がついていました。
お味は薄味で、どれも見た目がきれいでした。
オットにはご飯が少し足りなかっので、私の分を半分あげました。
ご飯だけでもおかわりがあればよかったかもしれません。
(もしかすると、お願いすれば頼めたかも…)

e0082098_15452346.jpg


食べ終えた頃を見計らって、デザートをもって来てくださいました。
ブラマンジェの上にゼリーが乗っていました。

e0082098_15454452.jpg

お部屋は8畳と6畳の2間続きの和室に、檜風呂と露天風呂がついていました。
ここは、脱衣場で、温泉の熱で岩盤浴ができるようになっています。

e0082098_15460974.jpg

e0082098_15463172.jpg


e0082098_15470126.jpg

お部屋の中はクーラーが効いていたので、お風呂と部屋を行ったり来たりして
何度もお風呂を楽しみました。


「みちの駅湯布院」で買った、
謎の飲み物と、

e0082098_15474856.jpg

牛乳の味がおいしかったソフトクリーム。

e0082098_16074846.jpg

半日ほどの旅でしたが、しっかりと楽しませていただきました。
企画&お財布係のオットには感謝、感謝です。
またよろしくお願いしま~す!







[PR]
# by mico_nyan | 2017-08-19 16:10 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(0)

湯布院日帰り旅①

8月15日に、湯布院に日帰り温泉の旅に出かけてきました。

12~14日まで、一人で実家に里帰りし、色々と用事を済ませてきたので、
オットさんからねぎらいの旅をしていただきました。
母が8月初めに、熱中症にかかり、徒歩がおぼつかなくなったところに、
そのままばたりと倒れてしまい、前歯は折るわ、肋骨を折るわで、もうびっくり!
のろのろとではありますが、日常生活は送れるのが不幸中の幸いでした。
骨折→入院などになると、急に認知症のような症状が現れるとよく耳にするので、
その点でも入院がなくてよかった…。

家の前の家庭菜園の雑草取りや、樹木を植えている場所の草刈りや剪定、
私が数十年前使っていた部屋の、単行本や文庫本の廃棄などなど、
結構な体力を使いましたが、体育会系の底力は健在でした(笑)。

15日は力尽きて、往復、助手席で楽させていただきました。

高速を降りて、湯布院の道の駅でヨーグルトをゴクリ。


e0082098_08275168.jpg



その後、ネットで見つけた塚原高原のパン屋さんに行き、天然酵母のパンを購入。

「オニパン」という、可愛らしい店構えのパン屋さんでした。
天然酵母のパンなのに、お値段が安くて驚きました。
開店直後なのに、ひっきりなしにお客さんが訪れて、
皆さん結構な量を買っていらっしゃったので、人気店なのがわかりました。


e0082098_08295162.jpg

e0082098_08311672.jpg

e0082098_09010539.jpg




あいにく、この日は小雨まじりの天気だったので、外のテラスで食べることができませんでした。
お天気が良く、からりとした気候だったら、お庭ももっと映えていたことでしょう。
ホスタやクリスマスローズが大株になっていて見事でした^^


e0082098_08324737.jpg

チェックインまで時間があったので、金鱗湖に。
あれっ?こんなに小さかったっけ??
20代の頃来たときは、もっと大きかったような…。
私が育ってしまったからかな(笑)


e0082098_08433491.jpg

金鱗湖の側にある、湯の坪街道はとにかく人がいっぱいで
中国語と韓国語があちこちから聞こえてきます。
陽がさし始め、気温がぐんぐん上がってきたので、中高年夫婦は早々に退散。

すでに、ここまでで疲れてしまったワタシでした。
やはり、人の多いところは苦手です。(続く)





















[PR]
# by mico_nyan | 2017-08-16 08:47 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(2)

暑い、暑い

完全にダレています。我が家のニャンズたち。


e0082098_16153618.jpg

e0082098_16161661.jpg

飼い主1号は、暑さに負けず、卓球教室に出かけました。
練習時間が足りないなと思い、昨年末くらいから日曜日の朝の教室に参加しています。
年会費を払うと、後は1回いくらという、出席した時だけ料金を支払うシステムなので気楽。

こちらの教室はレベルも年齢も性も様々。
そこで、1時間半ほど基礎練習~システム練習、30分でシングルスの試合というのが
ほぼほぼのルーティン。

裏裏なのに、あまり擦る感覚に優れない私でしたが、
教室のおかげで少しだけ回転がかかったバックハンド強打が打てるようになったのが収穫。
あとはもう少し、フォアを柔らかく強く打てるようになりたいなぁ。

個人レッスンを受けているコーチもこの卓球場の所属なのですが、
別の支店にいらっしゃるため、ここでお会いすることはありません。
もともと、そのコーチさんから、数少ない私の良いところをひっぱり出していただいて、
そこから戦術を組みたてて試合をしていたのですが、ここ最近、自分のトリッキーなプレイの
限界を感じることが多かったため、「普通のこと」がしっかりできないと
せっかくの自分の数少ない長所も生かせないということに気がつき(遅すぎ!)ました。
地味~な練習ですが、ここでお会いするだけの方たちなので、
変になれ合いにならずに、緊張感を持って練習できるのが良いところです。

「ミーコさんは、前のパチパチ打つプレイが良かった」とか
「以前の方がもっと攻撃力があった」とか言われてへこんだりもするのですが、
自分が納得してやっているからいいのです。
卓友のEJさんなら、きっとわかってもらえますよね^^



[PR]
# by mico_nyan | 2017-07-02 16:32 | *まいにち | Trackback | Comments(4)