どこで見られているかわからないけど生姜をもらってうれしい日

オットが一時帰福した9月末、
お隣の市にある特産品の直売所に買い物に行きました。
ご多分にもれず、野菜が高いばかりか数も少なく、
海苔だけ買って帰ろうとしていたら、ずっと探していた藁で編んだ亀を発見!
民藝店で購入すると小さいものでも1000円近くするのに、ここでは良心価格の小300円、大500円。
これは小。お正月の飾りに使うつもりです。
e0082098_20504520.jpg

海苔は先に車に戻ったオットにまかせ、私は再度レジで精算。
亀を持ってニタニタしている変なオバちゃんの肩を誰かがトントンと。
「ん?」と思い振り返ると、地元の公民館サークルの卓友さんでした。
佐賀の七山の産業祭に行った帰りとかで、新生姜をたくさんいただきました。
七山の産業祭には私も一度だけ行ったことがあります。
その時はイノシシの丸焼がぐるぐると回っておりました(笑)

いやいや、どこで誰と合うかわかりませんね(>_<)

帰って早速新生姜の甘酢漬けを作ってみました。
水分がたっぷりなので、シャキシャキしておいしい!
先のピンクの部分がきれいなピンクの甘酢漬けの色のもと。
優しい色ですね~♡
e0082098_21253238.jpeg
e0082098_21254276.jpg




[PR]
# by mico_nyan | 2016-10-09 20:55 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

ラバーを変えた

フォア面ラグザ7からラザントグリップに変えて1月。
とは言え、練習は2回しかしていませんが(>_<)

フラット打ちから、回転をしっかりかけたドライブ打ちにじわじわと移行していきたい私にとって、
ラグザ7は必ずしも相性の悪いラバーではなかったのですが、
問題がひとつ。それはラケットでした。
ずいぶん前に廃版になったバタフライの「アイオライト」の打球感が大好きで、
どのラケットを借りて打ってみても違和感がぬぐえない私でした。
唯一、「水谷準」はしっくりきたのですが、とてもとても…というお値段^^;

なので、ラケットはそのまま、ラバーを球持ちの良いものに変えてみました。

e0082098_23245390.jpg
1度目はあまり変化を感じなかったのですが、
2度目では明らかに打球音が変化してきました。
ドライブをかけると、今まで聞いたことがない金属音がするのです。
あとは、自分比ですが、フリックやつつきがやりやすくなった気がします。
(良い意味で)球離れが悪くなったので、ボールが扱いやすくなった感じ。
お値段も前のラバーと同程度なので、しばらくはこれを使ってみるつもりです。
手元には未使用のアイオライトNEO(アイオライトの後継版、これも既に廃版)が1本あるので、
現ラケットとNEOを使い終わる頃には私の卓球ライフが終わる計算です^^

NEOは手に持ってみるとグリップが太く、私にとって遊びが少ないため、
若干使いづらかったので、我が家の職人さん(笑)に、「アイオライトと同じ感覚にして~」と
やすりで細くしてもらいました。
職人さんにはいつもお世話になっています^^




[PR]
# by mico_nyan | 2016-10-09 18:18 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

スニーカー難民卒業

甲高幅広の私の足は、どのスニーカーを履いても似合わないばかりか、
靴擦れをおこしたり、甲や指が痛かったりで、
トレーニングパンツを履いた時でも、
クロックスやビルケンシュトックなどの
およそスポーツにはそぐわないものを利用していました。
いつも足元がヘンな人でした。

先日、近所の靴のスーパーみたいなところが創業祭をやっていたので、
ここなら1足くらい自分の足に合うのがあるでしょうと意気揚々とたずねてみました。

入ってすぐのところに、これがサイズごとに置いてあり、
色が好きなネイビーだったのと、素材が柔らかそうだったのにひかれ、
試してみると、痛くない!
お店の中も少し歩いてみたのですが、ソールが柔らかくて気持ち良く、
メッシュの部分が足を圧迫しなくて、すごく良いのです。
これは買いでしょ!と即決しました。
お値段も定価の割には安目でした。

家に戻って調べてみると、これ、ナイキの「TANJUN」(タンジュン)という
ラインだそうです。
確かに単純(←そうなのか?)というか、シンプルな作り。
知らなかったけれど、結構人気だそうですよ。

これからは、死ぬまでTANJUN一筋でいきま~す!
って言うか、もっと早く真面目に見つければよかったのにねぇ。


e0082098_19532372.jpg

[PR]
# by mico_nyan | 2016-09-24 20:06 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

 2.5×8mの日陰の庭で     可能性にチャレンジ!


by mico_nyan
プロフィールを見る
画像一覧