ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

陶器まつりレポ

うつわやブログ

ある日、何かの拍子でたどりついたブログ。同じ福岡県にお住まいの、作家さんのブログでした。

わたしが陶磁器が好きになったきっかけは、有田の染付けから。
そして、歴史を知っていくうちに、初期伊万里や李朝の器がとても好きになりました。
そんな古陶磁をモチーフにした、素朴で味わいのある器を作っていらっしゃる伊藤明美さん。
彼女の作品が直方市の高取焼き陶器まつりで、直接見られると知り、行ってみたくなりました。

当日は、夕方福岡に用があったため、あまり長くいられなかったのですが、
道に迷いながらも、ほぼ予定通りに到着。
高取焼きの窯元さんは工房での展示、そして、伊藤さんと器工房さんが公民館での展示、
計5軒の陶器まつりです ^^
会場の公民館は古い建物で、昔の小学校の分校のような懐かしさが漂う、いい場所でした。

腕がないので、器の良さが出ていませんが、ご覧下さい。
e0082098_22302289.jpg
とろんとした白磁。
e0082098_21233021.jpg
ザクロが映えますね。
e0082098_22305643.jpg
e0082098_21294394.jpg
李朝、三島でいいのかな?
e0082098_22314691.jpg
鉄壁の組み合わせ。ステキ!
e0082098_22315885.jpg
お茶のたしなみがあれば、連れて帰りたかった。私じゃ育ててあげられないからな~。
e0082098_22322262.jpg
e0082098_22323221.jpg
お料理も草花も、見立て次第で器って使えるんですね。
e0082098_22324334.jpg

側にはっぴを着てたっていらっしゃった女性に「作家さんは来ていらっしゃるのですか?」と尋ねると、
その方が伊藤さんでした ^^
勝手な私の思い込みで、シャープでストイックな女性をイメージしていましたが、
ふんわか穏やかな可愛い方でした。お話も楽しかった~。
器の写真は快くOKしてくださったのですが、顔出しは「だめです~」って言われちゃいました ^^
もっとじっくり拝見したかったのですが、何しろ帰る時間も迫っていたので、後ろ髪をひかれるように
会場を去りました。
もう1つの窯元さんの作品もすごくよかったので、もし機会があれば、いえいえ、また機会を作って
訪れたいと思います。

奥のタタミの部屋では、作家さんの器つき昼食1500円という企画も。
え~ん、食べたかったよ~!!

こんな偶然の出会いもあるなんて、ブログに感謝デス!

【購入したものその1】
e0082098_21492464.jpg
器をいくつか買って、さあ帰りましょうと駐車場の横のテントを通ると、ここにも伊藤さんの器が。
お茶道具として作られたけれど、釉薬が中にかかっていなかったのでお安く売っていますとのこと。
花入れか、会社でペン立てに使おうと思い、いただきました。
このとろ~んとした肌に弱いんですよ。

他に購入したものは後ほどアップしますね♪
[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/11441933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-10-27 08:29 x
素敵~
私もこういうとろんとしたもの好きです!
いいですね。
購入されたものUP楽しみにしています(*^。^*)

・・・それと
カウプレご応募ありがとうございます。
。。。ですが何かの手違いでこちらにメールが届いていないようなので
お手数ですが、もう一度 ご応募頂くと助かります。
スミマセン。(-_-;)
Commented by クロはち at 2009-10-28 08:42 x
器って 作家さんの気持ちも煉られ 焼き上がりまで 変わるよな気がします
女性らしい 色と形で ほっこりします

ミーコさんが 買われたの 楽しみ!!
Commented by machanm1 at 2009-10-28 13:36
ようこそ私の地元へ・・・。ちょうど高取焼と上野焼の陶器市でしたね。素敵な出合いがまた一つ増えましたね。筑豊へ来られる機会も増えるかな。そしてびっくり市!私金曜日に買い物へ行ってましたーーー。^^中は闇市みたいですね。
Commented by machanm1 at 2009-10-28 20:19
有光さんに師事された方なのですね。どうして器の温かな白さです。有光さんの器は小倉井筒屋へ寄る度に出店しているギャラリーもくきんどで手に取っては眺めて帰ります。以前西小倉にあった品揃えの良いギャラリーでした。
Commented by mico_nyan at 2009-10-28 20:20
●萌さん_こんにちは。
筑豊地方には初めて行ったのですが、いいところでしたよ。
私って福岡に住んでいながら、県内のことを何も知らないことに
気づきました(^^; もっとあちこち行ってみようっと。

最近、朝早く家を出るので、なかなか自然光で写真を撮ることができず、
購入したものもアップできていません。
もう少し待ってくださいね。しのぎのお皿とカップです。
Commented by mico_nyan at 2009-10-28 20:22
●クロはちさん_こんにちは。
う~、陶芸が趣味のクロはちさんならではの深いコメントだわ~。
作品と同じく、作家さんもほっこりした、優しい方でした。

週末くらいにはアップしますので、もう少しお待ちくださいね。
Commented by mico_nyan at 2009-10-28 20:30
●まっちさん_こんにちは。
そうそう、行く途中で、まっちさんの住んでるところに行くんだわと
楽しくなりました。
筑豊地方は初めてだったんですよ。八木山バイパスを通って飯塚に出て、
まっすぐ走っていたのですが、道がわからなくなり、バイパス沿いの
ナフコの従業員さんに地図を見せていただき、到着しました。
畑公民館というところで展示をされていたのですが、まっちさんの
お家とは離れていますか?

びっくり市にまっちさんも?
私はいつも、まっちさんの数日後に足跡をたどっていますね(^^)
ぶたまん屋さんに行列ができていたので気になりましたが、買わずじまい。
年末はきっとすごい人なのでしょうね。
Commented by mico_nyan at 2009-10-28 20:41
●まっちさん_こんにちは。
そうなのですか。
まっちさんは有光さんの器を手に取られたことがあるのですね。
私はそのお弟子さんの伊藤さんの器に魅かれ…。
不思議なことですね~。

いっとき、時代のあるものを集めていた時に、
古唐津や初期伊万里の陶片を知人からいただいたことがあり、
今も大切にしています。伊藤さんの器はそんな陶片の手触りに似て、
大らかで何でも受け入れてくれるような優しさを感じました。

器は育てるもの…、いい言葉ですよね。

by mico_nyan | 2009-10-26 21:22 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(8)