ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

居住区の交流試合に行ってきました

年に4回居住区で行われる団体戦に出場してきました。
前回の記事はこちら

4Wと2W2Sが交互に行われ、今回は2W2S。
いつもの男性が戻ってきてくれて、前回のお父さんのような男性からは、
私たちに恐れをなしたのか(笑)、下のランクでやりたいと申し出がありました。
男性1人、女性4人(ベテランお姉サマ、ツブエさん、R子母、私)の編成です。
7チーム編成の4試合、1パートで出場。当たらないチームが2チームあります。
今回も目指すはブービー。2パートに落ちないことが目標です。

【1試合目:WWSSの順で行われる3番目のSに出場。3-0で勝ち。】

お相手は、フォア裏ソフト・バック表ソフトのカットマン男性。
Wは2試合とも勝ったので、私がここで負けても最悪五分五分。
「のびのび負けてきます♪」と、リラックスして臨みました。
ところが、1セット目、負けるつもりが勝ちそうな勢いになってしまい、逆に私の方が萎縮。
9-4からじわじわと追いつかれて、16-14で薄氷の勝ち。
平常心で戦わなければと正気に戻り、何とか勝ちました。
カットマン、大の苦手なんですけど、どうして勝っちゃったんでしょうね。
しょっぱなの試合から私にとっては嬉しい番狂わせ ^^;
試合自体は3-1で勝ち。


【2試合目:2番目のWにツブエさんと出場。3-0で勝ち。】

お相手はペン裏ソフト、ペン表ソフトの男性ペア。
やはりツブエさんと組むと心強いので、なかなか負ける気がしません。
試合自体は、このダブルスのみの勝ちで1-3の負け。


【3試合目:2番目のWと3番目のSに出場。3-0と3-1で勝ち。】

Wはお姉サマと。お相手はペン表男性、シェイクフォア裏・バック表ソフトの女性。
お姉サマは表ソフトで、私が攻撃しやすいように、色々と変化をつけてくれるので、
ツブエさんとはまた違った心強さがあります。
3番目のシングルスの相手は裏ソフト・表ソフトラケット反転の男性カットマン。
カットマンよりも粘り強くつついて、カットマンがイライラしだして攻撃しだしたところをカウンター攻撃。
ここも勝つはずではなかったのです(>_<) 
きっと星占いの日曜日の運勢の第1位は水瓶座だったに違いない!
試合自体は3-1で勝ち。


【4試合目:3番目のSに出場。3-0で勝ち。】

お相手はシェイク裏裏男性。
2年ほど前、この男性と対戦した時は、バックサイドから私のバックサイドに出す
フォアの横アップサービスと横下サービスに翻弄されてフルセットで負けた記憶がありました。
今回また同じサービスを出していたのですが、コーチから、バウンドのライジングを捉えて
台と平行にミートするとナックルボールになり相手がレシーブしにくいと教えてもらっていたので、
それを使ってみると、確かに相手が攻撃しあぐねて、楽勝でした。
試合はサービス・レシーブを制するものが有利だと以前も書きましたが、
まさにその通りだと体感しました。
試合自体は3-1で勝ち。

試合が終わってみると、勝ち試合数が2試合目に対戦したチームと同数で1位。
勝率計算で、何とまあ1位になってしまいました。
あり得な~い!と皆口を揃えて大合唱。
だって、ほとんど男性オンリーの編成チームの中の私たちですから…。
逆に女性のボールがゆるく、飛んでこないので、翻弄されてしまったのかもしれません。

まあ、何年に1度かくらい、こんなことがあってもいいですよね。
対カットマン戦で2勝をあげた自分へのごほうびということにしてもいいでしょうか ^^
あとでツブエさんには、「私ならとっくに打っているボールをよくもまあ
あれだけねばってつついたねぇ。もっと早くに打てるボールがたくさんあったよ」とダメ出しされましたが、
カットマンだと思うと萎縮して何もかもダメだった頃と比べると、自分なりには成長したと思います。
ダメ出ししてもフォローは忘れないツブエさん。ごほうびにファミレスでかき氷をごちそうしてくれました。

我がチームは私を除いた4人とも、それぞれに個性がある卓球をする芸達者軍団。
試合を観戦しているととても勉強になります。
なので、この居住区の試合では審判をするのが楽しくて ^^ (近くでプレーを見ることができるから)
私もできるだけ早く芸風を確立して(笑)、みんなに追いつかなくては!!

今回も、長い駄文を読んでいただき、ありがとうございました。
今度の試合は8月第一土曜日のいつものアレです。今度はツブエさんとです。
[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/15169216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by EJ at 2011-07-25 20:32 x
おめでとうございます。無欲の勝利ですね!
4試合目のレシーブ、ビデオで見たいです。
相手の回転を生かしてラケットを横に動かしながらミート
するのですか?どうしたら回転がかかったボールを裏ソフ
トで返しながらナックルにできるんでしょう?
奥が深い!
Commented by mico_nyan at 2011-07-25 21:33
●EJさん_こんにちは。
ありがとうございます。本当に無欲の勝利です ^^
今度同じカットマンさんたちと当たったら、きっとボコボコにされるでしょう。
4試合目のレシーブは、ラケットを横に動かすのではなく、前に押し出すのです。
自分に向かってくるボールの真後ろをライジングで捉え、そのまま前へ ^^
決してラケットを上にしたりかぶせたりしないのがポイントです。
そしてその時に、体も一緒にもっていくとボールにスピードが出ます。
歳を取ると、ライジングのつもりでも遅くなっちゃうので、素早く、素早く…ね。
コーチの指導のおかげで、レシーブはかなり上手くなりました。
あとは、必殺サービスを習得しなければ…。
相変わらず、サービスは下手っぴです。
Commented by captain_spoc at 2011-07-25 23:11
おめでとう
読んで面白い^^
Commented by mico_nyan at 2011-07-26 07:38 x
●スポック艦長さん_ こんにちは。
わ、面白かったですか。ありがとうございます ^^
試合の後、ツブエさんと閉会式を待っていると、
3試合目に当たったカットマンの男性がやってきて
「今度はおなかのすいていないときに試合しようね」って。
「おなかがすいていたんですか?」と聞くと
「おなかがすいていたから集中力がなかったんだ」ですって。
「は?」と見る私の冷たい視線を感じたのか
「言い訳くらいさせてよ~」と去って行きました。
それまでは好印象を持っていた方だったのに男っぷりが一気にダウン。
ツブエさんと「カッコ悪っ!」。
艦長さんの口からは絶対出てこない言葉ですね。
Commented by captain_spoc at 2011-07-26 16:47
男が女性に負けるのは心の中では格好悪いものです
しかし言い訳言いに行くのはもっと格好悪い^^;
笑っちゃいました
Commented by mico_nyan at 2011-07-27 07:34
●スポック艦長さん_ こんにちは。
確かに私も、男性が女性に負けるのはカッコ悪いと秘かに
思うだろうとは感じます。
でも、負けたほとんどの男性はみんな言い訳なんてしないし、
「次は勝つからねっ!」って爽やかなんですよ。

逆に考えると、言い訳する力があるほど、ショックが小さかったという
ことでしょうか。あまりにショックだと言い訳する力も起きないですからね。
ウフフ。
by mico_nyan | 2011-07-24 21:51 | Trackback | Comments(6)