ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

泣けた

天神岩田屋に「リブロ」(書店)が復活したので、立ち寄ってみると、
店員お勧めコーナーにこの写真集が。
e0082098_22494467.jpg
ネコ好きだしちょっと立ち読みしてみましょうとパラパラとページをめくったら
とまらなくなっちゃって、おまけに泣けてきちゃいました。
カメラマンさんはおばあちゃんの孫娘なんですって。
だからおばあちゃんの表情が安心しきっているんだと納得。
おばあちゃんの入浴シーンもありました。ふくまるは一緒に入っていなかったけどね ^^

おばあちゃんとふくまるが対等な関係。そしてとても自然な感じなんです。
お互いを必要としてるし、されてるんだと、どのページを見ても伝わってきました。
いいな、うらやましい。

立ち読みではすまなくなって、お給料日前日の乏しいお財布の中から買ってしまいました。

*****
以下に、出版社の紹介文を貼っておきます。
*****

伊原美代子写真集『みさおとふくまる』
「お日様の下を生きる事ができれば、すべてが好日。今日もいい日だね、ふくまる」


12年前、著者の伊原美代子さんは、みさおおばあちゃんを撮影しはじめました。
おばあちゃんの生きた証を残したい、という思いだったそうです。
そんなある日、家の納屋で、おばあちゃんは一匹の子猫と出会いました。

「ふくまる」という名前には「福の神様が来て、すべてが丸く治まるように」という
おばあちゃんの願いが込められています。
87歳になった今も、毎日畑へでかけるおばあちゃん。
そして、それにお伴するふくまる。
青々とした田んぼ、咲き誇る花々、丸々と実る果実……。
色鮮やかに、豊かな表情をみせる風景のなか暮らす、
一人と一匹の姿が写真で綴られていきます。
気づけばおばあちゃんとふくまるが出会って8年。
すっかり耳の遠くなってしまったおばあちゃんと生まれつき耳が不自由なふくまるは、
いつも見つめ合い、お互いを感じ合っています。

青い空に白い雲がプカプカと浮かぶ頃、
おばあちゃんとふくまるは今日も畑へ出かけます。

日常の尊さ、美しさ、かけがえのなさが詰まった一冊です。






[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/17104786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mico_nyan | 2011-12-23 00:11 | *まいにち | Trackback | Comments(0)