ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

久しぶりの帰省

久しぶりに実家に帰省しました。
母が軽い脳梗塞にかかり、日常生活には支障ないものの、心配だったので。

突然、左の中指、薬指、小指がかたまって動かなくなくなり、それが数日感覚で2回。
ちょうど、講師を務めているお琴の教室中だったので、
教室後、生徒さんが病院に連れていってくださったそうです。
もし、重篤な状態であったら、帰りは車が運転できないかもしれないとの心遣い、
ありがたいことです。

脳神経外科でMRI検査を受けた結果、脳梗塞が発見されました。
今は、血栓を作りにくくなるようなお薬を服用中。

ネットで調べてみると、脳ドックのMRI検査で「隠れ脳梗塞」が見つかる方が
少なくないそうです。「隠れ脳梗塞」とはきわめて微小な脳梗塞を言い、
まったく症状が認められない「無症候性脳梗塞」や、
一時的に眼が霞んだりポロッと箸を落としたりするなどの軽い症状が見られる
「一過性脳虚血発作」のことをさしているそう。

MRI検査では、40代では3人に1人、50代では2人に1人、60代では8割以上に、
隠れ脳梗塞が発見されるということ。
生活習慣の改善などで脳梗塞の予防に努めないと、
5年以内におよそ3割の人が大きな発作に襲われる、と警告されています。

そう言えば、私も卓球のボールをポトっと落としたり、目が霞んだりすることがあります。
一度検査を受けてみようかな。でも、見つかったとして、一生お薬を飲むのはつらい(>_<)

******

そうは言っても、毎日普通に過ごし、GWもたまたまこの日しかあいていなかったという
行動的な母の庭です。
e0082098_7532796.jpg
e0082098_7534053.jpg
e0082098_7535410.jpg
e0082098_7541080.jpg
e0082098_7543297.jpg

スズランやこぼれ種で咲いた、小さなビオラ、ハーブなどをたくさんもらってきました。

その後、何十年かぶりに地元の天満宮に。
e0082098_7565042.jpg
e0082098_757370.jpg
階段でお花に「幸せます」の文字。
「助かります」「ありがたいです」という方言です。
街のあちこちにこの言葉が使われていました ^^

お昼は食べログで探したお蕎麦屋さんに行くと、なんと14~15人の行列。
こんな田舎なのに。
結局、母の行きつけの怪しい(笑)お店に行き、
680円でびっくり仰天のボリューム&ヘルシーランチをいただきました。

食後は、園芸店で、野菜の種やクレマチスなどを母の日のプレゼントに購入。
売り場の片隅で売れ残っていたピンクアナベルを発見したものの、
結構高い値段に躊躇していると、母とオットから「ダメもとで値切ってみたら?」と言われ
おそるおそる聞いてみると、あっさり半額に ^^;
今までこんなことしたことなかったのですが、世の中って言ったもん勝ち?
ドキドキしました~。
ピンクアナベルはしばらく実家で育ててもらって、挿し木で増やしてもらうことにしました。

*****

やっぱり、検査は受けてみようっと。
[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/20445553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 417mariyo at 2013-05-07 16:15
「隠れ脳梗塞」はテレビで聞いたことがあります。
早期発見は必要ですが、検査はちょっと恐い気もしますね。
お母さま、あまり深刻なものではなく良かったですね。
でも早めの予防は大切かもしれません。
日々の生活はかなり健康的とは思っていますが、
血管が細いので加齢による急な高血圧がちょっと心配です。

久しぶりにご実家で充実した時間を過ごせましたね。
お母さまもガーデニングがお好きのようで沢山の花、いいですね。
藤の花がすばらしい!
「幸せます」の言葉もかなり有名になってきたような・・・
私は防府には何度も行きながら天満宮には一度も行ってないんですよ。
ぜひいつか行ってみたいです♪
Commented by mico_nyan at 2013-05-07 21:32
●417mariyoさん_こんにちは。
メールのやりとりの中で「実は…」と告白(?)され、
驚いてGWに帰省しましたが、元気でしたのでほっとしました。
ただ、1年1年、後がなくなっていくような気がすると話していたので
実は結構こたえているのかもしれません(>_<)

母とは一緒にガーデニングをしたことはないのに、
お花の好みが似ているんですよ。不思議です。

mariyoさんは健康にとても気を配っていらっしゃるイメージがありますが、
血管が細いことは心配要素になるのですね(>_<)
血管の太い細いは生まれつきだろうと思いますが、
mariyoさんもどうぞ身体にはお気をつけてください。




Commented by shoko at 2013-05-08 07:30 x
お母様、軽いものだったとのこと幸いでしたね。
私の母も脳梗塞だったんですけど、脳梗塞と診断されたのは発症後4日もたってからでした。かかりつけの病院併設のデイケア中に発症したことになるんですけど、医療の専門家に囲まれていても見逃されてしまったことが今も心の傷になっています。今は脳梗塞に対する一般の意識も随分と高まっているので、早期発見につながったんでしょうね。
私自身もお箸ポロリとかたまにあるので、脳ドッグが必要かもと思ったりしています。

花の好みは別にして、花好きの親は花好きの子供を作るんだなと思います。母の父が今言う「カタログ」を取り寄せてまで珍しい野菜や花の栽培に熱中していたそうで、花好きの血は脈々と受け継がれているなと感じます^^
Commented by mico_nyan at 2013-05-09 21:19
●shokoさん_こんにちは。
会話が時々あっちこっちに飛ぶんですが、
脳梗塞の影響なのか、もともとの天然さが増してきたのか
わからない程度なので、まあいいかと放置しています ^^
shokoさんのお母様は重度の脳梗塞だったのすよね。
医療の現場で起こったことであるので、
ご家族はやりきれない想いでいらっしゃったことでしょう。
shokoさんも、何もなければラッキーだっと思って
ぜひ一度検査を受けてみてください。私も近々受けてみます。

「花好きの親は花好きの子どもを作る」ですか。いい言葉ですね。
花好きの子どもに影響されてその配偶者も花好きになれば、
どこのお庭も花でいっぱいになって、心が豊かになりますね。
オットの父も盆栽や花が好きだったので、やはりオットも好きです。
おもしろいですね~。

ところで、Shokoさん、63フラワーに無事行けましたか?
by mico_nyan | 2013-05-03 07:31 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)