ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

虎穴に入らずんば…

先日、ローカルの試合に一緒に出場した方からチームの練習に誘っていただき
週末に、ツブエさんとお邪魔しました。
7名のチームで、うち、2名はカットマンさん。
カットマンのお1人がバックが粒高、お1人はバックが表ソフトです。

10分交替の練習の中で、この日は、粒高カットマンさんに当たり!
フォアサイドのワンコース練習をしていただき、
ドライブ、ナックルドライブ、ミート打ち、つつき…の繰り返し。
少し慣れてきたところで終了(>_<)
あとの10分×2は、残念ながらもう1人のカットマンさんには当たらず。

その後は、ツブエ&ミーコペア対7人の色々な組み合わせのペアでゲーム。

粒高カットマンさんが表ソフトカットマンさんよりも
実力が上のようなのですが、私は表ソフトのカットの方がイヤ。
シューっと低く伸びてくるので、ついつついてしまうのです。

ゲームでカットマンさんがからんだ時は、ツブエさんが私のために、
カットマンさんのバックにわざとボールを集め、
ナックルボールの処理の練習をさせてくれます。

以前、私がコーチさんに「ツブエさんにカットマンの裏ソフトを狙ってもらうと
打ちやすいボールが帰ってくるのでラク」と言うと、
「それではミーコさんはいつまでたってもカットマンが攻略できない。
カットマンは表ソフトや粒高の面を狙った方がチャンスボールは多くなるので、
それを回り込んで決めることができないと、いつまでたっても苦手なまま」だと
言われたことをツブエさんに話したことがあるのですが、
それ以来、鬼のように(笑)、表ソフトや粒高の面にボールを打ってくれます。
とにかく、慣れないと…ですね。

2時間経過の後、7人のうちお2人と私たち2人の4人が時間を延長し、
今度はペアを替えてゲームしてみました。
ペアを第三者的に見ることはあまりないので、楽しいですね。
私はツブエさんの嫌いなボールをたくさん出してあげようっと。
ツブエさんは粒高カットマンさんと、私はペンドライブマンさんと。

ドライブマンさんは、ツブエ&ミーコペアと対戦した時、
ずっとツブエさんのボールを落としていたのですが、
私がツブエさんのボールをレシーブするのを見ていて、
自分に力が入りすぎていたことがわかったようでした。
このチーム、パワーで押してくる方が多いので
力を抜く加減がすこしわかれば、もっと楽に勝てるのではないかなと思います。

3-1でミーコペアの勝利でしたが、今さらながらわかったこと。
「ツブエさんの相手は攻撃できる人じゃないと、ツブエさんの良さがゼロ」
カットマンさんはほとんど攻撃しないので、てれ~んとしたボールを
ずっと入れておけば、カットマンさんかツブエさんのどちらかがミスしてました。
これだったら、相手は楽ですよね。自分の役割が改めてわかった気がします。
次の人が打ってくるかもしれないと相手がプレッシャーを感じるからこそ、
ツブエさんのボールを無理して打ってミスしてくれるわけで、
次の人が打たないとわかったら、どうやってでも入れられますから。

カットマンさんともペアを組んでみたかったのですが、タイムアウト。
以前、粒高ボールが超苦手だったのですが、ツブエさんとペアをくみ出してから、
少しずつ苦手意識がなくなってきました。
苦手なカットマンさんを攻略するには、ペアを組んでみたらいいかもしれませんね。
『虎穴に入らずんば虎児を得ず』のことわざどおりにしてみようかな。
でも、カットマンの後ろでウロウロする私が見えるようです。
立ち位置が難しそう(>_<)
[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/20675873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 417mariyo at 2013-06-23 18:50
なるほどね~、たまにはペアを変えてみると
また違った面が見えて攻撃方法の勉強になりますね^^
きょうはすぐ近くのスポーツアリーナで
中国5県の選手権がありちょっと見に行ってきましたが、
さすがに皆さんお上手でした。
「いつかあの中に混じって・・・」というには年を取りすぎました(ため息)
Commented by mico_nyan at 2013-06-24 20:10
●417mariyoさん_こんにちは。
いつも横にいる人が対戦相手になった時って、
お互いのクセがわかっているだけに、手ごわい相手になります。

わ~、すごい試合がご近所であるんですね。
防府市のソルトアリーナも大きな試合を開催しているし、
地元にいる時はわかりませんでしたが、
山口県って卓球先進県なんですね。
年代別などの区分はないのですか?
あれば、mariyoさんも大丈夫では?
年をとりすぎたなんて言っちゃダメです。
私の周りには齢70を過ぎても、負けたら鼻血を出さんばかりに
くやしがるオネエサマがたくさん。
まだまだ上手くなりたいそうです。
そんな方たちを見ていると、自分もあと20年はいけるぞ!と
目標を立てています。
by mico_nyan | 2013-06-20 22:42 | *まいにち | Trackback | Comments(2)