ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年はがんばる!

3月に大きな大会に出場してから、
ほっと気が抜けたことや、会社では年度末の繁忙期ということもあり、
部活動はほとんどできないままでした。

大会出場が決まった後にコーチさんに一度レッスンをお願いし
その時言われた言葉がずっと頭に残っていました。

「ダブルスで出場する気満々だったのに、
 私が試合を壊してしまって、結果シングルスで出場なんて
 皮肉です。。。。」

「ミーコさんが壊したわけじゃないでしょうけど
 僕から言わせてもらえば、二人は厳しい環境で試合していないから
 そういうこともあるのかなと思います。
 もっと厳しい練習、厳しい試合を積んでいかないと、
 二人のボールが通用しない相手といざ対戦すると
 二人でオロオロしているのが目に見えます(笑)
 大体ツブエさんのボールを打ち返せない人との試合を
 勝った負けたということ自体が僕から言わせるとナンセンスです。」

ダブルスは私がツブエさんに頼っているところが大きいのです。
なので、ツブエさんのボールが通用しないとあたふたして
本来の自分のプレーさえもできなくなる私がいます。
コース取りも、ツブエさんが打ちやすいコースを、とか
ボールの質も、ツブエさんが決めやすい回転で戻るボールを、など
常に自分ではなくツブエさん優先で考えていました。
でも、それではダメなんだと。
自分も頑張るからツブエさんにも頑張ってもらわないと
これ以上の進歩は望めないと思いました。

そのことを大会が終わってからツブエさんに話しました。
もしそれで、ツブエさんが「私は今のままでいいわ」と言ったら
ダブルスは解散するくらいの覚悟で。
(私が新しいパートナーを探すという意味ではありません。
 大きな大会はもう目指さなくてもいいという気持ちです。)

すると、ツブエさんも何か考えることがあったようで、
「わかった。私もミーコのコーチさんにレッスンを受けて、
 新しい自分を開拓する。」と。

ツブエさんと知り合ってかれこれ15年程になりますが、
練習嫌い、人に教えてもらうのは嫌いのツブエさんが
そんなことを言うとは驚きでした。

早速私から教えてもらったコーチさんのアドレスにメールをして
レッスンを予約したようです。
とは言え、売れっ子コーチさんなので、4月末にしかとれなかったようですが…。

「まかせてください。今のスタイルを大幅に変えるのではなく
 修正しつつ、もっと相手に効くボールの打ち方を教えます。」と
たのもしいお返事をいただいたようで、本人はワクワクしています。
私もワクワク♪

*****

そんな気持ちで参加した久しぶりのダブルス個人戦の月例会。
「私もがんばるから、ツブエさんもきっちり仕事をしてね。」と言いました。
今まで勝ちはしていたものの、どことなく苦手意識のあったペアと
今回はそんな気持ちなしで対戦できました。
気持ちは点数に比例するのか、一番楽に勝てた試合でした。

セカンドステージへ、手がかけられたかな。
[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/21887127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 417mariyo at 2014-04-13 18:39
こんばんは。
これを読んで私もすごく励まされた気がします。
ツブエさんとの異色コンビ?がより高い目標を持って
ハイレベルの試合にも自信をつけて平常心で対戦できるように
これからも応援していますね^^
私は、今ちょっと悩み中です(-_-;)
Commented by mico_nyan at 2014-04-13 20:47
●417mariyoさん_こんにちは。
この記事がmariyoさんの励ましになるようなもので
あったことが嬉しいです。
年齢は少し違うけれど、人になかなか言いたいことが言えない私が
ここまで好き勝手なことを言える人と出会えた偶然を
大切にしてゆきたいと思います。

悩むということは、伸びしろがあるということだと
自分に言い聞かせながら私も試行錯誤しています。
ガンバ!!
by mico_nyan | 2014-04-13 14:27 | *まいにち | Trackback | Comments(2)