ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近のお気に入りテレビ番組

帰宅時間が一定しないので、
テレビはニュースか単発番組を観ます。

テレビそのものを観る時間が少ないため、
どの番組がどの局で何曜日にオンエアされているかも
ほとんど覚えていません(年齢のせいかも)

そんな私が「あ、今日はあの番組の曜日だ」と
珍しくおぼえている番組が「プレバト!!
ゲストが料理の盛り付けや生け花、陶芸、俳句などに挑戦して、
その道の専門家が「才能あり」「凡人」「才能なし」に振り分けるという
笑いながらもためになる番組です。

中でも俳句のコーナーがお気に入りです。

五・七・五の限られた文字数で、
季節と時間とビジュアルまでも描き出さないといけない
とても頭を使う言葉遊びだということがわかります。

講師の夏井先生がとても分かりやすい毒舌解説(笑)で
ゲストの作った俳句をばっさりぶったぎり
その後、さらさらと添削して、
すばらしい句に生まれ変わらせてくださるのを観るのが
本当に楽しくて。。。

18日(木)のオンエアは
黄金色に実った稲の穂をおばあさんが木の棒にさかさまに掛けている
光景を見て一句 というお題でした。

ゲストの渡辺えりさんの句が素晴らしくて、涙ぐんでしまいました。

ようやくここは
秋の穂のなる
東北 

山形県出身の渡辺さんが、
震災から3年経ってやっとまた収穫ができるようになった
復興の喜びをうたった句です。
七・七で最後の「東北」という四文字を際立たせたかったと。
確かに、「東北」でストンと落ちる感じがします。
添削なしで70点でした。
どことなく、種田山頭火を思わせる句だなと感じました。

しかし、伏兵が渡辺さんの1位を阻みました。
それは梅沢富美男さん。

黄金なす
陽の香背に負う
稲架(はさ)一重

稲架(はさ)は、稲を逆さにかける木の棒のことで
季語は秋だそうです。

以前、句の解釈の違いを巡って
2点減点され1位の座から転落した梅沢さん。
今回は先生も納得の解釈で、みごと71点で1位となりました。
1文字も無駄にせず、きれいな句だなぁ。

たった17文字で世界観を表すには、
言葉をたくさん知らなければならないし、
日ごろから感受性を磨いておかなくてはいけません。
難しい趣味ではありますが、長く続けられる趣味でもあるかな。

ちなみに、私が中学生の時に作った句があります。

初ぶどう
丸き重みを
手に受けて

この後、先生から

初ぶどう
まろき重みを
手に受けし

と毒舌添削されました(>_<) 中学生で「まろき」なんて言葉、知らんし~(笑)
e0082098_22015342.jpg







[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/22410113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 417mariyo at 2014-09-24 16:02
へえ~、そんな番組があるんですね。
うちもテレビはたいていNHKニュースを見ることが多くて
あまり色々な番組は見ませんが面白そうです。
言葉を思いつくのは訓練もあると思うけれど
やっぱり持って生まれたセンスがあるかないか・・・
私はまったくセンスがないけれどミーコさんのブログの文章には
いつも感心して読ませていただいてます♪
Commented by mico_nyan at 2014-09-25 08:02
●417mariyoさん_こんにちは。
少し前は、きれいな字を書けるようになるバラエティにはまっていました。
おかげで、字を書くときに意識する癖が付きました^^
そちらの方で↑の番組がオンエアされていたら、ぜひ一度観てください。
どのコーナーも楽しいですよ。

ブログの文章をほめていただき、ありがとうございます。
思いつくまま気の向くままの書きっぱなしで、
お恥ずかしい限りです ^^;
私はmariyoさんのブログの文章に憧れます。
だれに媚びるでもなく、淡々とした雰囲気が大人な感じです。
by mico_nyan | 2014-09-22 22:04 | *まいにち | Trackback | Comments(2)