ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011年ぶりの秋明菊と激安梨

先日、お隣のオジちゃんが秋明菊を私に見せてくれたことを
記事にしていましたが、
同じものが我が家の庭でも咲きました。2011年ぶりです。
e0082098_07302730.jpg
8月に雨が多かったのがきいているのでしょうか。
お家に秋明菊がある方何人かにお訊ねすると、花つきがとても良いとのこと。
こんなに咲いてくれるのは嬉しいけれど、8月の雨の多さを思い返すと
あれほど雨が降らないと咲かない花だったっけと不思議な気持ち。
それくらいこちらでは雨が多かったのです。
確か雨が降ったのは1か月で23日でした。量の多少はありますけれど。。。

*****

そんな雨の多かった8月を過ぎて、果物がおいしい季節になりました。
購入してまで食べる果物は、温州みかんと、サンふじ、二十世紀梨の3種類しかない私ですが、
そんな私の好みをよく知っているオットが、仕事帰りに道の駅でおみやげを買ってきてくれました。
e0082098_07412504.jpg
(生産者さんの個人情報が記載してあったので、念のためにボカしています。)

これ、4個で200円だったのですよ ^^ 安~い!!
味も全く問題なく、二十世紀の爽やかな甘さと水分たっぷりのシャキシャキ感を
楽しむことができました。
今更ですが、「二十世紀」というネーミングはスケールが大きいですね。

ちょっとだけ「梨」について調べてみました。
梨には「赤梨」系と「青梨」系があり、多くの品種は赤梨系だそうです。
赤梨系…幸水、豊水、新高、新興、南水、長十郎、愛宕、晩三吉、多摩 等々
青梨系…二十世紀、ゴールド二十世紀、おさ二十世紀、おさゴールド 等々

e0082098_08062432.png

私の好きな青梨系は全国シェアでみると1割余り。
でも、私の出身地である中国地方では4割程度占めています。近畿もかなり高いですね。
二十世紀は総生産量の48%を鳥取県が占めていますので、
私が二十世紀に親しみがあるのは地域的な理由としてうなづけます。

子どもの頃、九州への旅行のおみやげで、赤梨系の幸水や豊水をいただいても、
家族がなかなか手をつけようとしませんでした。
子ども心に、二十世紀と比べて大きすぎるサイズと、触るとざらざらする表面が
どうしても梨と思えなくて、腰がひけていました(笑)
今や、梨と言えば赤梨系の九州に住み、二十世紀を探すのが大変。

地域性の違いっておもしろいですね。









[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/22465675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 417mariyo at 2014-10-13 10:50
私の実家の愛知県安城市は「長十郎なし」の産地、
「自宅の周りは梨畑」の中で育ち、
今でも赤ナシのほうが好物です。
地域性がありますね^^
11月になったら、道の駅「うきは」と「原鶴」に行く予定です♪
Commented by mico_nyan at 2014-10-13 12:29
●417mariyoさん_こんにちは。
「自宅の周りは梨畑」ですか。見たことがない風景です~。

小鹿田に行った時に(あちらも梨の産地)梨畑をたくさん見ました。
手が届くように枝を低く誘引していましたが、
その中に変わった栽培方法をしている一角がありました。
「横に低く」ではなく、「縦に長く」育てているのです。
細く高いフェンスの間に梨を植えている様子は目立ちました。
農協などの団体による試みのような看板が建っていましたが、
省スペースの点から考えると、生産量アップを考えてのことかもしれません。
でも、ものすごく高かったので、どうやって収穫するのかなと???

道の駅「うきは」は有名な場所ですね。私も1度行ったことがあります。
おいしい果物をたくさんゲットしてきてくださいね♪
by mico_nyan | 2014-10-08 08:00 | *まいにち | Trackback | Comments(2)