ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2度の試合を通じて感じたこと

11月末と12月初旬に、卓球場でのダブルス戦に出場してきました。
卓球場は違うのですが、11月末はトーナメント1回戦で優勝ペアにストレートの負け。
12月初旬は優勝でした。

この2度の試合を通じて、考えるところがたくさんありました。
ツブエさんとのダブルスは、うまくいく時とそうでない時の差がはっきりしています。
例え1・2セット取られていても、自分たちのパターンがはまれば
3セット以降取戻し、勝つことはよくあります。
というよりも、3・4セット取れればほぼ5セットは取れています。
これって、カットマンや粒高の試合パターンですよね。

11月末の試合では3セット目がふんばれずに、いいところなしの3-0で負けてしまいました。
1セット目、3セット目、取れるチャンスはあったのですが、
4セット目以降に持ち込めなかった私たちの力不足でした。

12月初旬の試合では準決勝がまさに11月の敗戦寸前でした。
1・2セット取られて(これも1セット目がデュースで負けたのが悪かった)、
3セットをやっとやっと取って、4・5セット目はとんとんといきました。

苦戦する相手の戦型はほぼ決まっています。

①表や異質(シェイクであればどちらかの面に表や変化系のラバーを使っている人)
②ドライブ主戦型
①と②、または①と①、②と②で、甘い球は見逃さないペア

こうなると、ラリーになることが多いので(ツブエさんのボールをミスしないので)、
こちらの攻撃力が落ちて、相手に付け込まれてしまいます。
つまり、ちゃっちゃと決めてしまわないと、こちらにとっては不利な展開になるのです。

11月末に負けたのは②と②のタイプのペア。12月初旬の準決勝は①と①のタイプのペアでした。

いけないと思いながらも、私がツブエさんに頼りすぎているところが大きくて、
ツブエさんがミスを連発するとすぐに動揺してしまい、
ツブエさんが打ちやすいボールを、と、単純なつつきしかできなくなるのです。
また、気持ちが焦ると、私がチャンスボールを早打ちしてしまう悪い癖があります。
のんびり返ってくるボールと自分の気持ちをうまく合わせられなくて…。
コーチさん曰く、切羽詰まった時にできることが自分の実力だ。
おっしゃるとおりです(>_<)

ツブエさんがどうあろうと、自分は自分のことだけしっかりと、と
思えるだけの冷静さと力がないのです。

何でしょうねぇ。
優勝なんて考えてもなかった時の方が楽しくてしょうがなかったのに、
今は悪かったことばかり思い浮かんで、あれもしなくっちゃこれもしなくっちゃって
せかされているような気になります。

もう少し、自分たちの本筋と言うものをしっかりと見極め、
多方面からそれに肉付けしていかければいけないのでしょうね。
これが通用しない時はこの切り口でだとか、
こうやれば最低攻撃はされないなど、色々な戦術が必要なのだと思います。
修羅場を踏んだことのない私たちはきっと見る人から見れば大きい穴が
あいているペアだと思います。

ツブエさんのラバーはできることが限られているので、
やはり私の頑張り次第なのでしょうねぇ。う~、きびしい。

弱音はきまくりで、すみませんでした。








[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/22630786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by EJ at 2014-12-17 20:03 x
ご無沙汰してました。
やっとクローン病が落ち着いて、体力が戻ったら
卓球に復帰だと思っていたら五十肩でにっちも
さっちも行かなくなって最悪です。(泣)
ようやく目途がたったので年明けから練習再開か
なぁと思ってます。

テニスを始めた頃は壁打ちが続くだけで楽しかった
ことを思い出しました。技術がアップしてくると
あれこれ考えてしまうものですね。
卓球はさらにテクニカルだから神経戦の面が大きい
のかも?いつも優勝にからめるミーコさんがうらや
ましいですが、強い人には強い人の悩みがあるので
すね。でもくじけず楽しみながら頑張って下さい。
Commented by mico_nyan at 2014-12-18 20:27
●EJさん_こんにちは。
五十肩は私もオットも経験がありますが、
痛みに加えてやりたいことができない
落ち込みがプラスされ
きつい症状だと思います。
早く症状が改善しますように。

またEJさんと卓球談義ができる日が
来るのを楽しみにしています^^
卓球界はプラボールの使用が始まりつつあります。

世界の卓球の勢力図が変われば面白いのですが。
by mico_nyan | 2014-12-07 16:41 | *そのほかのこと | Trackback | Comments(2)