ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

戦型の微調整

卓球場の試合の賞品でいただいたウェア。
私にしてはカラフルです。
「この中から選んでいいですよ」と言われたものの、
あまり好きなモノがなかったので、苦肉の選択(>_<)
e0082098_22055419.jpg









この日は上位トーナメント1回戦で、宿敵(笑)ペアと対戦。
宿敵ペアはリーグ戦2位だったので、いきなり1回戦で激突。
彼女たちがリーグ1位だったら当たるのは決勝戦だったのに。
ドライブ主戦型のペアにフルセットで負けたようです(>_<)

前回は別の卓球場の試合で3-0で私たちが勝ち。
今回は1セット取って、2セット、3セット取られて
4セット取って、5セット目は2-5でチェンジエンド。
1点ずつ取る接戦で確か6-8くらいになった記憶があります。
そこから5ポイント連取で勝利。
このパターン、お約束と言っていいほどよくあります。
もうダメ。。。と思ってからの、薄氷の勝利。

この日、お相手の若い方からメールがありました。
「きょうの私、ダメでしたか?
 追いつめても追いつめても勝てないのがつらいです」と。

全然ダメなんかじゃないんです。
嫌らしいボールを作れるし、強打も確実だし、
技術は私たちペアよりも数段上のペアです。

じゃあ、どうして?
私が思うに、ツブエさん次第なのです。
ツブエさん、私からも周りのコーチさんからも言われて
短いタッチでボールを打つ練習をしています。
でもそれがまだまだ自信ないようで、
以前からの、タッチを長くしてラケットを下から出す
ボールになっていることが多いんです。
そんなボールばかり出すと、相手にとっては好都合。
こんな時は宿敵ペアにも負け続けました。
私もその頃はよくわかっておらず、
どうして勝つ時と負ける時の差がこんなにあるんだろうと
不思議でしたが、分かってみれば簡単なことでした。
でも、それを本人であるツブエさんがわかっていない(>_<)

人の卓球人生を左右する罪作りなオンナ(笑)です。

一方、今私は安定したドライブを打つことに挑戦しています。
カットマンが苦手なことはずっと変わりませんが、
それはきちんとしたドライブができないので
つい強打にもちこんでしまうことが原因です。
また、カットマンが相手でなくても、タイミングをはずした
ドライブが打てるようになると、チャンスボールが作れるかなと。
まだきれいな弧線が描けずに直線的になるのが悩みのタネですが、
何しろ意識づけが大切と、少しずつ取り組んでいっています。

先は長いしね♪








[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/23171502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 417mariyo at 2015-05-31 12:51
そうですか・・・
罪つくりなツブエさん・・・(笑)
でもお互いの長所短所をうまくかみ合わせて
少しずつレベルアップされているのではないでしょうか。
長く組んでいるとだんだんわかってくることありますね。
次回はもっと楽勝?
私も久しぶりに来月試合に出ます。
初めての大会、クジですが
悔いのないように楽しみたいと思います♪
ミーコさん、念力かけてくださいねm(__)m
Commented by mico_nyan at 2015-05-31 20:56
●417mariyoさん_こんにちは。
私はもう慣れましたが、対戦相手からしたら
気分が落ち込む相手だと思います。
私もつい最近まで、どうしてこんなにダブルスの調子の
波があるんだろうと思っていました。
ツブエさんのタッチで、ツブエさんが味方にもなるし
敵にもなるということがわかりました。
今までは私が頑張ればいいんだと思っていましたが、
そうではないことがわかり、
ツブエさんにはツブエさんの仕事をきちんとしてもらわないと
私も自分の仕事ができないとはっきりと言いました ^^
そこから私たちのダブルスの第2ステージが始まったような
気がします。
今は、あまり負けることは怖くなくなりました。
そうすると、逆に勝てるようになりました。
不思議ですね。

mariyoさん、6月に試合ですか。
練習の成果を発揮して、楽しんできてくださいね。
「がんばれ~」とエールを送ります☆

Commented by EJ at 2015-06-02 17:34 x
こんにちは。
短いタッチって、瞬間的なスイングスピードを上げるという
意味ですか?粒を倒したり倒さなかったり、短いストローク
で相手に分かりにくい変化を作るということなのでしょうか?
私は表ソフトなので、下手ななりにも粒高を苦にしない方だ
と思いますが、相手にいやがられるボールが出せるかという
とノーなんですよね。表ソフトでもいやらしいナックルが出
せるラバーとナチュラルにドライブになってしまうラバーと
あるみたいですよね。
まだ硬式には復帰してなくて、ラージでは両面裏ソフトみた
いなプレーをしてますが、硬式やるならどんな戦型がいいか
なぁ、なんてこのトシでまだ迷っています(笑)。
Commented by mico_nyan at 2015-06-02 23:27
●EJさん_こんにちは。
コーチさんは「ボールを持つな」という表現を使われます。
EJさんのおっしゃるように、瞬間的にタッチを強くして
球離れを良くすることで、ナックル性の強いボールが
出ると言うことだと思います。
ラケットを下から出してボールを持つと、
棒球になってしまい、相手からパクッと打たれます^^;

表ソフト、いいですよね~。ナックルに強いですから。
私もフォアを表ソフトにしたいという気持ちが
行ったり来たりしていました。
今は、難しいボールは上回転(ドライブ)で
返すという気持ちで練習しています。

>硬式には復帰してなくて
なんておっしゃいますが、ラージの方がラリーが
長く続くので、体力を使うのではありませんか?
先日ちょっと打たせていただきましたが、
まあボールの飛ばないこと、力のいること、
そしてラリーの続くこと。。。
2~3球打って「もう疲れました~」と叫んでしまいました。
ラージをされているんだったら、いつでも硬式は
できますよ♪
硬式ならば、粒高+裏面裏ソフトなんでどうですか?
いやらし系で責めてほしいです。
Commented by EJ at 2015-06-03 07:52 x
いや、硬式はですね、球が速すぎて目もからだも
ついて行けないんです。
ラージでは裏ソフトっぽいプレーになるので、硬式
では裏面ドライブはいさぎよく諦めちゃって、粒高
と表ソフトのコンビネーションもいいかなと。
昔、元世界王者の河野さんが卓球王国で、今プレー
するなら表面は表ソフトのままで、裏に粒高をはる
みたいなことをおっしゃってたんですね。
それがずっと記憶に残っているもので・・・
でもいつ復帰するか分からないので、机上の空論の
ままお墓に入るかも(笑)。
Commented by mico_nyan at 2015-06-04 07:19
●EJさん_こんにちは。
>球が速すぎて目もからだもついて行けない

そうなのですか ^^
ラージはボールが遅すぎて待てないという方が
多いのに、EJさんは逆なのですね。
しっかり待って、タメを作るにはラージが良い訓練になると
聞きますが、ボールの勢いで打っている私にとっては
高いハードルです(>_<)
EJさん、尊敬します☆
by mico_nyan | 2015-05-27 22:48 | *まいにち | Trackback | Comments(6)