ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

試合報告

へっぽこ部活動の試合報告です。長くなりますのでご注意くださいね。

隣区で入会しているサークルから
男性2、女性2で3ダブルスを戦うミックス団体戦の男性枠に欠場が出たため
私が出場しないとそのチームが棄権になると脅されて(笑)、
人助けになるならと代理出場してきました。
女性の枠に男性が入ることはできないけれど、
男性の枠に女性が入ることはOKです。
よって、男性1や男性0のチームもあります。
この試合は終了が遅くなるために翌日の仕事への疲れが心配で
今まで出場したことはありませんでしたが、
たまには!と思い、気合注入しました。

ランクはA~CのBです。
Cランクなら男性の代わりもできるでしょうが、Bランクでは心配(>_<)
でもでも、ラッキーなことに、1位上がりのトーナメントで優勝できました。

**********************

男性1、女性2のうち、いつも組んでいる男女ペアがいるので、
私は残りの女性と固定して組みました。

①女性、私 ②男女 ③男性、私 のオーダーで最初から最後までいきました。
まずは3チームのリーグ戦で順位を決定し、その後、順位別のトーナメント。
①は捨て駒、②が勝って、③まで来れば何とか…という
気持ちで男性がオーダーを組んでくれたと思うのですが、
リーグ戦2試合とも①と③が勝っての1位抜けとなりました。

私たち①ダブルスにとって運が良かったのは、1試合目は相手のエースペアと対戦したのに
エースペアのうちの男性の調子がまだ上がっていなかったことと
2試合目はエースペアと対戦しなかったこと ^^
それに加えて、私の相方さんは技術はまだまだなのですが、
個人レッスンを頻繁に受けており、理論的なものはしっかり持ち合わせていたこと。
要所要所で相手ペアの攻めどころを話し合い、狙っていくことができました。

まさか2試合とも2番目が負けると思っていなかったので、
今思えば勝ててよかった~と胸をなでおろしています。

一方、②のダブルスに問題勃発。
どうも男性がイップスを発症してしまったようです。
時々その気はあったようで、私も練習の時に見かけたことはあったのですが、
試合が上手くいかないためか、バックサービスがことごとく入らない!
彼曰く、サインを出してもラケットの角度がその通りに出ないために、
何とか修正しようとして、中途半端な角度でボールをこすってミスしてしまう、
それに対して、相方の女性が若干責めモードになり、負のスパイラルに陥る、と。
フォアサービスは横上回転がメインなのですが、横回転が残った返り球に対して
相方さんがうまく対応できないため、バックサービスにこだわってしまっている
わけです。

③のダブルスでは、2点以上差が開いていたら1回目はバックサービスを。
バックサービスの時はサインはなくてOK、その時に出たラケットの角度で
何回転になっても大丈夫。もしサービスをミスしたらフォアサービスで。
相手の強打にムキにならずに、回転でラリーをしよう。
これだけ話し合って、試合に臨みました。

いよいよ、トーナメント開始。
大きい山だったので、1回戦はなし。
2回戦は、それまでのチームと比べるとやや力の落ちるチームだったので、
①と②で勝ち。②のペアが初勝利。これで男性の肩の力がやや抜けたようです。ホッ!
次は決勝戦です。

決勝戦では私たちの①ダブルスはエースペアと。
確かに今までのペアと比較すると力が上です。
私たちもついに化けの皮がはがれ、いいところなしのストレート負けでした。
②のペアは、今までの試合運びからすると、対戦相手はエースペアではないものの、
少し厳しいだろうなと。男性1、女性3でここまできたんだから、
準優勝でもいいかと半分諦めの気持ちでいました。
1セット取られ、2・3セット取り、4セット取られ、5セットをデュースで
取ってくれました ^^
ここまで来たら、負けられませんよね。
①ダブルスの男性と②ダブルスの女性のペアでしたので、
1試合目に仕入れた私なりの情報を男性に伝えて、共通認識としてから試合開始。
接戦ではありましたが、ストレートで勝つことができました。

この試合を通じて感じたこと。
①ミックスダブルスは女性の攻撃力が勝敗を決める大きなファクター。
②相手に狙い球を絞らせないようなレシーブの工夫が必要。
③効くサービスを持っていることは大きな攻撃力となる。

まだまだ試合に余裕がないのが、チキンハートの大きな課題です。
目の前のボールへの集中度が不足していると感じました。
でも、久しぶりの団体戦は楽しかった~。

最後まで、長い駄文を読んでいただき、ありがとうございました。









[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/23758608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by captain_spoc at 2015-10-10 13:15
上級の方はちょっとしたことに調子が狂うことがわかりました
我々とは悩むレベルが違いますね

Commented by mico_nyan at 2015-10-10 13:22
●captain_spocさん_こんにちは。
その男性は、普段から言い訳多目の男子なのです。
メンタルが弱いのだと思います(人のことは言えないけれど)。
なので試合での波がひどいです(>_<)
上級と呼ばれる方は、メンタルも強いと思うので、
そういう点では、まだまだなのでしょうね。
艦長さんはテニスで鍛えたメンタルがあるから、
試合巧者だと拝察します。私も鍛えなくては!
Commented by 417mariyo at 2015-10-11 21:43
まずは優勝おめでとうございます。
相手を見ながら色々分析して試合に活かせるアドバイスができるのは
さすがにミーコさんですね。
週に何回練習されているんでしょう?
私、最近隣のクラブチームの男性方が練習に加わり
少し対応できるようになって褒められているのですが、
以前は週4回やっていたのに今は2回だけ、
それ以上は上達しないなとあきらめています。
Commented by captain_spoc at 2015-10-11 22:16
私は単純そのもの
打たなければ打たれる
先制攻撃あるのみ
少々のミスには目を瞑って打って打って打ちまくる
あのカットマンになりたいなんて言ったのどこ行ったんや~~
Commented by mico_nyan at 2015-10-11 23:04
●417mariyoさん_こんにちは。
ありがとうございます^^
ダブルスはツブエさんに鍛えられたおかげで、
ある程度までの力の人ならば、戦い方が分かるようになりました。
と言っても、それを理解して実践してくださった相方さんが
いてこそです。感謝、感謝。

練習は週に1回、祝祭日が入った週は2回することもあります。
あとはツブエさんと卓球場に月1回出場する程度です。
練習量としては恥ずかしいほど少ないと思いますが、
できる時に集中して自分の課題をこなすことと、
ダブルスに関してはできるだけ初級者の方と組んで
レベルの高いペアとさせていただいています。
そうするとコース取りや守備など、自分の練習になりますので^^

↑の試合の時に、数年ぶりにお会いした方から
「経年劣化していないですね~」と言っていただき、
お世辞は入っているにせよ、嬉しかった私です。
Commented by mico_nyan at 2015-10-11 23:08
●captain_spocさん_こんにちは。
攻撃は最大の守備と言いますから、それでいいのです^^
私は守備が得意なのですが、攻撃力には欠けているのが悩みです。

艦長さんは長身で痩身なので、カットマンにはぴったりなのに…。
「打てるカットマン」になってくださいな。
Commented by 417mariyo at 2015-10-13 19:13
今さら全日本を目指すわけでもなく
ただ健康維持で続けているとはいえ
それでも練習試合で負けると、
やっぱりもっと上達したいと思ってしまいますね。
ミーコさんは回数少ない練習でも
きっと中身の濃い練習ができているのでしょう。
私たちの場合は練習の中身に問題があるのかも・・・
ただ到着した順に打ち始めて7分ごとに相手を替えて・・・
後半はクジでペアを決めてダブルスの練習試合、
1台づつ移動しながら対戦相手を替え・・・
初心者もハイレベルもごちゃまぜで試合にならないまま終わったり・・・
時々、これなら相手を決めて基本練習から始めて
系統的な練習をしたいと思ってしまいます。
何となく練習して帰ってくる・・・って感じで、
これってわがままな願いでしょうかね(笑)
ミーコさんの腕前はもともとすごいのですね。
もちろんお世辞ではないと思いますよ♪
Commented by mico_nyan at 2015-10-13 22:24
●417mariyoさん_こんにちは。
私も公民館サークルにしか入っていないので、
mariyoさんと同じような練習しかできません。

私もきちんとした練習をしたい、系統だった練習をしたいと
思いますが、
今の状況では、それができる環境にないため、
できることをするしかないと諦めています。
もっとも、練習がふんだんにできる環境になったからと
言って、今より上達するかどうかはわかりませんが(笑)

私は理論を教えてもらってから伸びたと思っています。
それまでに技術をどう使っていいかわからず、
むやみにラケットを振り回していました。
今思えば、乱暴な卓球でした^^
by mico_nyan | 2015-10-10 10:15 | *まいにち | Trackback | Comments(8)