ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

福岡に向かって

帰りは高速は使わずに、中津、行橋経由で一般道を帰ることにしました。

途中、お昼ごはんを食べるために寄ったのは「道の駅やまくに」。
大分県中津市山国町大字中摩3584-4 (TEL 0979-62-3680)
e0082098_20574879.jpg
前回の小鹿田訪問の時にも立ち寄っていたのですが、その時は果物だけを購入。
今回、気になっていたのは、650円のうどんまたはおそばを頼むと、
20種類ほどあるお惣菜が食べ放題という天国のようなメニュー。
もっと価格の高いメニューも色々とありますが、いずれにも
お惣菜がバイキング形式になっています。
e0082098_21025134.jpg
玉ねぎやかぼちゃの天ぷらを素うどんに乗せると、天ぷらうどんのできあがり~。
e0082098_21023160.jpg

その後、北上して田川市で一休み。田川市は筑豊地域と呼ばれ、
五木寛之著「青春の門」の主人公が生まれた地です。
かつては石炭で栄えた、筑豊地域。
現在では当時の面影はありませんが、炭鉱で働く人たちの疲れを癒したであろう、
お菓子の会社がたくさんあります。
今では東京銘菓と言われている「ひよこ」も筑豊地域が発祥。
そして、プチプライスのお菓子の王様、チロルチョコの工場もあるのです~。
工場の国道側にはこんなお店が。
e0082098_21342299.jpg
チロルチョコのアウトレットショップです。
福岡県田川市川宮1191-1(TEL 0947-44-0715)

午後2時半くらいだったので、あまり商品がなかったのが残念ですが、
定休日が日曜日から月曜日になっていたため、初めて買うことができました。
以前、オットが仕事でこのお店の前を平日の9時過ぎに通った時には行列ができていたそう。
お店で売っているチロルチョコの大きさが50~60個入って500円だったかな。
お店では1個20円だからすごく安いですよね。
未包装のまま大きな袋に入っていました。
これは、「ごま団子」。
なかなかなくならないので、部活の練習でおやつに持参しようと思っています^^
e0082098_21453967.jpg
小鹿田の戦利品は次の記事で紹介しま~す。




[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/23776388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mico_nyan | 2015-10-15 21:47 | *ちょっとそこまで | Trackback