ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一年の終わりに感謝を込めて

28日の仕事納めから、あっという間に3日経ち、今日はとうとう大晦日です。
「できるかな~」と心配していた、大掃除やおせち料理(シケシケですが)も、
何とか終了し、あとは新年を待つだけになりました。

先ほど、オットと「今年は良くも悪くも、大きな出来事がなかったね」と話しました。
一昨年は義母が亡くなり、昨年はオットの仕事上の知人が自ら命を絶つなど、
命のはかなさと運命に翻弄された年が続きました。一方、オットの一番上の兄の
甥っ子が相次いで2人結婚し、新しい親戚が増えた喜びも味あわせてもらえました。

来年は一体どんな年になるのでしょうか。
人が人として心穏やかに過ごせる世の中でありますようにと願うばかりです。

今年の春、エキサイトでブログを始めて、たくさんのお知り合いができました。
仕事を終えて帰宅し、PCを開いている時が、私の生活の中での最も心豊かで楽しい
時間のうちのひとつでした。
遊びに来てくださったみなさま、コメントを下さったみなさまに心から感謝いたします。
みなさまのお陰で、いつも優しい気持ちになることができました。

どうぞよいお年をお迎えください。そして、来年もよろしくお願いいたします。

-----------------------------------
私の生まれ育った街にある天満宮です。
来年がみなさまにとってますます素晴らしい一年でありますように。
e0082098_1852350.jpg

※防府天満宮
菅原道真(845-903)公と、その祖天穂日命(あめのほひのみこと)・武夷鳥(たけひなとり)命・野見宿禰(のみのすくね)を祀る。
延喜元(901)年菅原道真は左遷され大宰府へ向かう途中、当地勝間の浦に着船、時の周防国国司土師信貞(はじのぶさだ)は菅原道真と同族であったので、これを迎え1日松崎の地に招いたことで、道真が山秀水麗を愛で『身は筑紫にて隠るるとも魂魄は必ずこの地に来らむ』と誓い、延喜3年3月2日薨去に接し国司神廟を建立し松崎の杜と号したことに始まる。北野、太宰府と併せて日本三大天神と言う。

[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/4824204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mico_nyan | 2006-12-31 18:09 | *まいにち | Trackback