ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ちょこっとお買物

木曜日の昼休みに、雑貨とカフェの店、B・B・B POTTERSをのぞいてきました。
ローカル新聞に、小石原ポタリー展のことが掲載されていたので。
e0082098_22111727.jpg
小石原焼というのは、福岡県小石原村(今は、町村合併により東峰村)で主に焼かれている陶器です。昭和の初期までは主にかめや壺、すり鉢などの生活雑器を焼いていましたが、その後、民芸運動の推進者、柳宗悦、バーナード・リーチらによって全国に紹介され生活の器へと転じてゆきました。飛びカンナ、刷毛目、櫛目、流し掛けといった装飾的な技法が特徴です。
私が『小石原焼』と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、焼き鳥屋さんに行くと出てくるお皿。福岡の焼鳥屋さんは、焼鳥を頼む前から大きなお皿にタレがかかったちぎりキャベツが出てきます。このお皿が小石原焼のことが多いんです。このことからも何となくわかるように、あまりおしゃれな器のイメージはありません。なので、この小石原焼がどんな風にイメージを変えておしゃれな雑貨屋さんに並ぶのか興味がありました。
e0082098_22325684.jpg
行ってみて、「ほ~」と思ったのは、どこからどう見ても小石原焼なのですが、カフェオレボウルやリム皿をベースとして、飛びカンナの間隔を少しずらす、模様の位置を変えてみる、などの少しのリズムの変化により、和風にも洋風にも感じられるモダンな器になっていたこと。今まで1枚も持っていなかった小石原焼ですが、県産ということもあり、ここはお買い上げしましょうと、お皿を2枚購入しました。
迷った末に、今まで敬遠していた飛びカンナの模様の7寸皿に決めました。お値段は、もし同じ大きさのお皿を小石原の陶器市で購入したなら、この3分の1で買えるかもと思いました。でも、小石原商工会館がフードコーディネーターをフィーチャーしての取り組み。応援します!

*****
  B・B・B POTTERS
   〒810-0022 福岡市中央区薬院1丁目8-8 TEL.092-739-2080



[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/7621597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すわっち at 2008-03-30 10:49 x
素朴な感じの、飽きの来ないデザインが素敵♪
小石原焼って初めて聞きました~~~~。
Commented by mico_nyan at 2008-03-30 12:26
●すわっちさん_こんにちは。
福岡に住んでいると、小石原焼って好き嫌いに関わらず、
ほとんどの方が知っている焼き物なんですよ。でも、お隣の佐賀県の
有田焼などに比べるとあまりにも知名度は低いでしょうね。
金沢は九谷焼が有名ですね。私も結婚のお祝いに義妹から
九谷焼の輪花の金襴手のお皿をいただきましたが、あまりにも
ミーコ家にはゴージャスすぎて、飾っているだけです(^^;
ホームパーティーでもすれば絶対活躍しそうですが、家には誰も
こないんですよね。友達少ないから…。
by mico_nyan | 2008-03-28 22:21 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(2)