ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

糸フェスとお気に入りカフェ(その2)

ゴルフ場への道をさらにさらに山の中に進むと、山の中腹にぽつんとこのお店はあります。

カフェ&ギャラリィ陶翠苑

30代のご夫婦とご主人のお母様でしていらっしゃるお店です。
今日はカフェのお客さんが多そうだったので、しばし1階のギャラリーで器を拝見しました。
撮影の許可をいただいて、店内をパチリ。
e0082098_16502696.jpg
どこをきりとっても絵になります。
e0082098_16504686.jpg
この器、好きだった~。
e0082098_16505894.jpg
これも好き。
e0082098_16513839.jpg
お店のあらゆるところに器がたくさん。
e0082098_16515914.jpg
見てたら全部ほしくなります。
e0082098_16521747.jpg
このお店のお母様と最初に出会ってからもう10年近くなりますが、
器の知識や興味はこのお母様にずいぶん影響されました。
たいしてお金もない30代の夫婦がお店にお邪魔するたびに快く迎えてくださって、
器の説明やら使い方やら親切に話してくださいました。
そのうち、お店の場所もかわり、息子さんがカフェを始められても、温かい雰囲気は昔とちっとも変りません。
頻繁にはいけないけれど、私たち夫婦の心の中でずっと大切な場所です。

*****

2階のカフェも少しすいてきたので、お食事を。
がっつり食べたいほどお腹はすいていなかったので、
私はアイスコーヒー、オットは田舎の昼飯膳夏バーション。
e0082098_16583981.jpg
水滴がまるでつかないのが驚き。
e0082098_16585038.jpg
鯖鮨のお皿は小石原。我が家のものとよく似ています。
e0082098_1659958.jpg
梅蕎麦はほんのり甘く。
e0082098_16592571.jpg
いつ食べても、鯖鮨がおいしい!ごま豆腐も最高!!鯖鮨のピントがずれているのが残念。
ごま豆腐をお持ち帰りしたかったのですが、急にお願いしてもあるわけはなく…。
今度は事前に持ち帰り分をお願いしてから出かけていくことにしました。
久しぶりの味に大満足でした。

民陶祭が控えていると書いたばかりなのに、つい良さそうな器があったので手が伸びてしまいました。
紹介はまた明日!

さよなら~と、建物を出ると、あ!このトネリコにも我が家と同じ実が!心が温かくなりました。
e0082098_17135387.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://mico0203.exblog.jp/tb/8612574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まゆり~ざ at 2008-09-16 15:06 x
おぉぉ~~~お茶碗ですか??手からすべらなそうでいいですねー!
愛用していた茶碗2コをきんこんさんが割ってしまったんですよねぇ。
いつか買いに行けたら欲しいです♪♪
糸フェス本当に楽しそうでのんびりできそう~~。
Commented by カフェ&ギャラリィ陶翠苑 at 2008-09-16 22:44 x
すっご~い!!
写真お上手ですね~^^
完璧なご紹介ありがとうございました!!
糸フェス。
友達や知り合いが参加しておりました。
大盛況だったらしいです!
トネリコは当店で爆発的に繁殖しております。
またゆっくりお出かけくださいね!
Commented by mico_nyan at 2008-09-17 07:01
●まゆりーざさん_こんにちは。
お茶碗でもいいし、デザートを入れてもいいし、お惣菜を盛っても
よさそうな器でしたよ。口が広いので、何にでも合いそうでした。
糸島熱が冷めないうちに、ぜひ遊びに来て下さ~い(^^)
また、糸島方面のイベントがあったらご紹介しますね。
Commented by mico_nyan at 2008-09-17 07:06
●店主さま_こんにちは。
糸フェス、大盛況だったのですね。お母様のお知り合いの方も出店していらっしゃったと伺いましたが、作陶していらっしゃるお知り合いもいらっしゃるのですか?わ~、事前に聞いて行けばよかったです。

写真が上手なのではなくて、お店やお料理がすばらしいからですよ。
自分でも、こんなに上手だったっけ?と思ったほどでした(笑)
「どこを切り取っても絵になる」と↑に書きましたが、やはりお店に対する愛情が
そうさせてるのだと思います。
そして、そんな雰囲気がわかるからこそお客様がいらっしゃるんですよ(^^)
ごちそうさまでした。また伺いますね。
by mico_nyan | 2008-09-14 17:05 | *まいにち | Trackback | Comments(4)