ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ジュズサンゴと色のこと

今、庭で色づいている唯一のモノ。ジュズサンゴです。

昨年、あまり深く考えないで購入したのですが、
日陰にも耐える植物だったらしく、今年もピンクの実をたくさんつけています。
シメシメ…。


e0082098_12525853.jpg


話は変わりますが、一口にピンク色と言っても
好きなピンク色とそうでないものがありませんか。

それって、髪の毛や肌の色で似あう系統が決まっているらしく、
自分に合わない色は無意識に遠ざけているらしいです。

大ざっぱに分類すると、青みが混じった色が似合う人(ブルーベース)と
黄色みが混じった色(イエローベース)が似合う人。
この2パターンに分かれるらしいですね。

私は30歳頃から、自分にはゴールドのアクセサリーは似合わないと感じてきました。
なので、持っているものはプラチナやホワイトゴールドなどのシルバー系。
ゴールドをつけると暑苦しく感じられたり、もさっと見えるんです。
自己診断ですが、私はブルーベースだと確信しています。

だからと言って、黄色系のものが全て似合わないのではなく、
黄色みを帯びた色(赤でも青でも緑でも)が似合わないということなので、
それをうまく選ぶと、肌色が良く見えたりするということです。

ちょこちょこと調べて分かってみると、気に入って買った洋服なのに
袖を通さなくなったものがイエローベースのものだったりして
腑におちることが何度かありました。
色の不思議、今とても興味があります。


[PR]
# by mico_nyan | 2017-09-30 13:06 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

試合づいてる

先週小規模とは言え試合に出たばかりだったのに、
今週も懲りずに出かけてきました。
今回は初めての場所です。

今日も3W団体戦。
お相手は、同い年の卓友さんと、先週の試合に一緒に出た方(15歳ほど年下)。
私を含めた3人は、名字の漢字一文字が共通しているので、
チーム名を「福三中」(森三中を真似ました)としました^^
数か月前に共通の知人のお誕生日祝をした時に、
お酒の勢いで「試合に一緒にでましょうか」という話が、この日実現しました。

結果は、まさかの優勝でした。出来すぎです。

中一(卓友)、中二(先週の試合に出た方)、私 と呼びますね。
10チームを2つに分け、それぞれ5チーム総当たりのリーグ戦。
その後、上位3チーム、下位2チームのトーナメント。
オーダーは最初から最後まで、①中一&中二、②中一&私、③中二&私としました。

リーグ戦では、第1試合:1-2で負、第2試合:2-0で勝、
       第3試合:2-1で勝、第4試合:1-2で負 の2勝2敗で、3位。
ぎりぎりで上位トーナメント進出でした。
第1試合で対戦したチームがリーグ1位、第4試合で対戦したチームがリーグ2位でした。

中二とは先週何試合かしたので、クセはなんとなくわかったものの、
試合中にサービスがイップスぽいのが気になって少し心配でした。
中一は、小技はないものの、フットワークが良くラリーに強いので、
私も思いっきりプレイできる強みを感じます。

リーグ3位だったので、おそらく次は別ブロックの1位か2位と対戦して、
それで終わりでしょうと思っていました。
対戦したのは、別ブロックの2位でした。
上位ブロックは3組×2=6組のトーナメント戦となるので、
まず、2位と3位が対戦して、その勝者が1位と対戦する仕組みになっていたようです。

トーナメント1回戦は、苦労しながらも、2-1で勝ちました。
これで3位入賞が確定したので「何かもらえるかも^^」と喜んでいました。
次はリーグ戦の第1試合で対戦して、1-2で負けていたチームとです。
負けていたとは言え、第3試合はフルセットまでいき、最後9-11だったので、
あとわずかでした(>_<)
とは言え、相手もこちらのやり方はわかってきたでしょうから、どう転ぶか。
もしかすると勝てるかもしれないけれど、こてんぱんに負ける可能性もあります。

オーダーは、相手も変えてきませんでしたので、リーグ戦と全く同じとなりました。

第1試合:中一&中二のペアは、リーグ戦よりは点が取れ、3セット中1セットは
     デュースまでもちこみましたが、負けてしまいました。
第2試合:中一&私はリーグ戦の時よりは苦戦しましたが、勝つことができました。
ここまではリーグ戦と同じ流れ。
第3試合:中二&私です。先ほどは相手がロングラリー戦にもちこむための
     ロングサービスに私たちのレシーブが合わず、打ちこまれ、負けました。

前の試合で、どれが効いていたか、どこが悪かったのかを中二と話し合いました。
効いていたのは中二のバックハンドサービス、悪かったのは相手二人とものバック表から
出されるナックル性のボールのミス。
私はカウンター攻撃が得意なので、中二には相手のフォアにボールを送ってもらい
ドライブボールを狙ってカウンターをしかけた方が良いかも。
私は相手のショートサービスはできるだけストップ、フリックなどで強打されないようにし、
中二に攻撃の糸口をつくってもらう。ロングサービスが来たら、
相手のバック側(表ソフト側)にタイミングを外してループドライブをかける。

そのくらいを話し合って試合に臨むと、今度はリーグ戦の流れとは違い、
終始こちらのペースで試合を進めることができ、ストレートで勝つことができました。
相手のチームはがっかりしていました。リーグ戦では勝っていたので、ショックですよね。
こちらの方が負けてもともとの気持ちで向って行けた分、気持ちで勝っていたのかも。

わ!決勝進出です!!

私たちが先に決勝進出を決めていたので、もう1つの準決勝を観戦する時間がありました。
同じリーグで2位だったチームと、別リーグで1位だったチームが対戦していました。
同じリーグで2位のチームにはカットマンがいるので、カットマンが苦手な私は
第4試合目、1-1で迎えた最後の試合で撃沈してしまい、
結果、チームとしては1-2で負けてしまいました(>_<)
でも、今度はもう少し考えて何とか勝ちたい!と、そちらのチームと対戦することばかり
考えていると、何と、そうでない方のチームが1-1で迎えた最後の試合で、
フルセットデュースの勝利で勝ち上がってきました。

すると、中一が私にそっと耳打ち。
決勝戦で対戦するチームの方とは何度か対戦済みで2戦2勝だとか。
なので、大体ボールの処理の仕方やコースはわかるとのこと。
心強い~。
第1試合:中一&中二
     急にコンビネーションが良くなって、全てデュースのストレート勝ち。
     今日一番の良いゲームでした。それできるんだったから最初からやってよ~(笑)

第2試合:中一&私。中一にアドバイスをもらいながら、何とかストレート勝。

よって、優勝となりました。
決勝戦はきれいなボールだったので、中一も中二ものびのびしていました。
もちろん、決勝戦まで上がって来られた方々なので、お上手でしたが、
その方たちのボールが二人とも大好きなようで、見ていて同じ人かしらと思うほど。
私がボールに一番ついていけていなかったかも…。

いつもツブエさんに引っ張っていってもらっている私なので、
この日は私が!と思っていたのですが、人を引っ張っていくなんて
100年早かったです。すぐに気持ちが折れて、ケソっとなって、
自分が嫌になって、の繰り返し。
ツブエさんのメンタルの強さを改めて感じた一日となりました。
また、ダブルスのお相手が裏ソフトなので、
久しぶりに回転とスピードの世界で戦いました。
これもまた楽しかったです。

中一&中二、ありがとうございました。




























[PR]
# by mico_nyan | 2017-09-24 22:02 | *まいにち | Trackback | Comments(4)
本格的な秋が来る前に、クレマチスの挿し芽を培養土に植えました。
6月末頃に挿し芽をして、2か月ほど経ったのがこちら。


e0082098_14380362.jpg



それから1か月ほど経ちましたが、地上に出ている部分の成長はほぼありません。
そろそろ栄養もあげないといけない時期でしょうか。
恐る恐る植木鉢から出してみると、白い根がちゃんと出ていたので一安心。
培養土に深植えをしました。
うまく育ったら、実家に持っていこうと思っています。


e0082098_07174959.jpg


秋明菊のつぼみも立ち上がってきました。
白とピンクの一重はだめになって、ピンクの八重しか残っていません。
今は薄いピンクですが、ここから段々と濃いピンクになっていきます。


e0082098_07212772.jpg

秋明菊を見るたびに、大分県の小鹿田の里を思い出します。
今年は九州北部豪雨の影響で、10月初旬の民陶祭は中止になってしまいました。
あるのかどうか心配だったのですが、そこに行くまでの道路が完全復旧をしていないことや
陶土を砕く唐臼が流されたことなどがあり、中止となったそうです。
お隣の福岡県の小石原がある東峰村も被害は大きかったのですが、
こちらは例年通り「秋の民陶むら祭り」は行われるそうです。

自分にできることは寄付や商品の購入くらいですが、
一日も早く以前の落ち着きを取り戻してほしいと願っています。












[PR]
# by mico_nyan | 2017-09-22 07:35 | *まいにち | Trackback | Comments(0)