ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:*まいにち( 795 )

便利なものがあるもんだ

退職したら、浜辺でウクレレを弾いて過ごしたいという夢がある私ですが、
母に先を越されてしまいました。

実家に帰省したらウクレレが!
誰かからお古をいただいて始めたそうです。

先日は、障がい者施設でグループ演奏したそうな。
我が母は本当にエネルギッシュ。
このエネルギーにあてられて、娘がちんまりと育つはずです(>_<)

そこで、ねだられたのが、ウクレレコードスタンプなるもの。
練習を一緒にしている40代の方が持っていらっしゃるのを見て、
自分もほしくなったそうです。

楽譜の上部にスタンプを押し、そこに抑える場所を手で書きこむと
演奏の時に分かりやすいらしいのです。

私も自分用に1つ買っておこうかな~。

e0082098_19570665.jpg



[PR]
by mico_nyan | 2017-08-20 20:06 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

暑い、暑い

完全にダレています。我が家のニャンズたち。


e0082098_16153618.jpg

e0082098_16161661.jpg

飼い主1号は、暑さに負けず、卓球教室に出かけました。
練習時間が足りないなと思い、昨年末くらいから日曜日の朝の教室に参加しています。
年会費を払うと、後は1回いくらという、出席した時だけ料金を支払うシステムなので気楽。

こちらの教室はレベルも年齢も性も様々。
そこで、1時間半ほど基礎練習~システム練習、30分でシングルスの試合というのが
ほぼほぼのルーティン。

裏裏なのに、あまり擦る感覚に優れない私でしたが、
教室のおかげで少しだけ回転がかかったバックハンド強打が打てるようになったのが収穫。
あとはもう少し、フォアを柔らかく強く打てるようになりたいなぁ。

個人レッスンを受けているコーチもこの卓球場の所属なのですが、
別の支店にいらっしゃるため、ここでお会いすることはありません。
もともと、そのコーチさんから、数少ない私の良いところをひっぱり出していただいて、
そこから戦術を組みたてて試合をしていたのですが、ここ最近、自分のトリッキーなプレイの
限界を感じることが多かったため、「普通のこと」がしっかりできないと
せっかくの自分の数少ない長所も生かせないということに気がつき(遅すぎ!)ました。
地味~な練習ですが、ここでお会いするだけの方たちなので、
変になれ合いにならずに、緊張感を持って練習できるのが良いところです。

「ミーコさんは、前のパチパチ打つプレイが良かった」とか
「以前の方がもっと攻撃力があった」とか言われてへこんだりもするのですが、
自分が納得してやっているからいいのです。
卓友のEJさんなら、きっとわかってもらえますよね^^



[PR]
by mico_nyan | 2017-07-02 16:32 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

ルイボスティー

e0082098_16114598.jpg

2年ほど前から、夏も冬もルイボスティーを飲んでいます。
以前は3年番茶を飲んでいましたが、こちらに変更。

見た目は苦そうだけど味は飲みやすく、食事の時のお茶や運動中の水分補給として
利用しています。

もう20年近く前になりますが、掌蹠膿疱症という病気になり、
毎日憂鬱な日々を過ごしていました。
定期的に通院はしていたものの、対処療法しかなすすべがなく、
人に手をだすことが恥ずかしいため、包帯を巻いていました。

その時、アレルギー等に効くと聞き、あちこちにルイボスティーを探しに行きました。
まだ今のように簡単に手に入らず、
輸入食品店だったか、漢方のお薬やさんだったかでやっと見つけたのです。

結局、ルイボスティーでは改善は見られず、当時は高価だったため
やめてしまいました。
その後、胆石症が発見され手術を受けた後に、掌蹠膿疱症も完治しました。
病院の先生は、掌蹠膿疱症は身体の内部に炎症がある場合に発症する
可能性が高いとおっしゃっていましたので、私の場合、胆石が原因だったのかもしれません。

これを飲むたびに、その時のことが浮かんできます。
健康な時はそのことを普通に思い、ありがたいとも思わずに過ごしてしまいますが、
身体を労って、健康な状態をできるだけ長く保ってやらないといけないですね。




[PR]
by mico_nyan | 2017-06-25 07:46 | *まいにち | Trackback | Comments(6)


色が固定された品種は別として、
アジサイの花色は土のPHに左右されるということはよく知られていることです。
日本の土壌は酸性に傾きがちなので、青色のアジサイが多いと言うことも周知の事実。
ところが、テレビを観ていて初めて知ったことがありました。
コンクリートブロックの側に植えると、アルカリ成分が流出する影響で赤い花色になると。
それを実感することがありました。

e0082098_07481533.jpg

卓友&花友のツブエさんからいただいた三河千鳥です。
挿し木が成功して2株あります。
ブルーのものはコンクリートブロックから1mほど離して植えたもの。
ピンクはほぼブロックにくっついています。
どうして同じ親から成長したのに花色が違うのだろうと思っていたら、
なるほどな~でした。

e0082098_07485156.jpg

八重のドクダミ。
なにしろ日陰の庭なので、増えるのもスローペース。
毎年5~6輪しか咲いてくれません。
でも、今年はおっ!と思うような離れた場所で花をつけていたので、来年は期待できるかも。


e0082098_07573423.jpg

三河千鳥が大きくなってきたので、実家の母に1株あげようとメールをすると、
メールに添付した八重のドクダミの画像にくいついてきました。
母は茶花を教えているので、ドクダミも花材として使うそうなのですが、
知り合いで育てている人がいないと。
それならと、次に行く時のために挿し芽を大量に始めた私です^^
一重のドクダミも可愛いけれど、八重は気品を感じます。
先日、ツブエさんが遊びに来た時に、これをカットしてあげたら「可愛い~」と感激。
後から「根が出てから植えたよ」とメールがありました。
今はほしいものはネットですぐに見つかり買える時代ですが、
こんなスローなやりとりもいいですね。

もう少しだけ庭が広ければ、好きな草花や雑木を植えて、
森のようにしてみたいと思いますが、夢のまた夢。

あ!そう言えば、まだ宝クジの発表を見ていませんでした^^(←オットが買ったもの)



[PR]
by mico_nyan | 2017-06-24 08:12 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

New Camera

オットさんが、仕事関係で何やら表彰されて、
記念品にコンパクトカメラをいただいてきました。

とても小さいのに2000万画素以上あるのです。
私のデジイチなんて1300万画素で重い重い。

二人とも時代錯誤のガラケー持ちのため、
これからは常にバッグに忍ばせておこうと思っています。

何となく撮ってみたモノ。


ロッタやん。
とても鮮明に撮れています。
e0082098_08052270.jpg


花友さんからいただいたアジサイ。
これは、ソフトモードというもので撮りました。
e0082098_08053608.jpg

お義母さんが元気なうちに表彰されていれば
とても喜んでくださったと思います。
末っ子で甘々に育てられたからね。
きっとオットは心の中で天国のお義母さんへ報告しているはず^^

これからもしっかり働いてください。(←鬼嫁、ネコ2匹より)





[PR]
by mico_nyan | 2017-06-17 08:10 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

栗きんとん

ずっと食べてみたいと思っていた
宮崎県日之影町 マロンハウス甲斐果樹園の「栗九里」という栗きんとん。
宮崎県産の栗とお砂糖のみで作られている素朴かつ贅沢な一品です。

栗の取れる季節にしか販売しないと聞いていました。
1本だけのお取り寄せでは送料が高くつくので、
秋ごろに宮崎に出張に行く予定のオットに
買ってきてもらうつもりでした。

ところが、たまたま高千穂町出身(日之影町の近く)の卓友さんに画像を見せ
「こんなの知ってる?」と尋ねたのを覚えていてくれて
高千穂町在住の叔母様に問い合わせて送っていただいたのだそう。
秋だけのものかと思っていたらこの時期にもありました^^

おまけに、九里栗を手に持って喜んでいると
別の卓友さんが「これ、秋になるとリバレイン(商業施設)に
売ってるよ」と教えてくれて、二重の喜び。

今年一番の嬉しさで、いただいてから1週間、
もったいなくて見ているだけでした。
そして、感動の開封&入刀。

まさに「栗」の味でした。
蒸かしたくりを割ってスプーンですくって食べていた頃を
思い出しました。1切れで2~3個の栗を食べた満足感!

Mやん、ありがとう。

e0082098_08054736.jpg


ほぼ栗なので、断面がザクザクです。


e0082098_08260064.jpg




[PR]
by mico_nyan | 2017-06-10 08:31 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

最後のクレマチス

庭の中で一番遅咲きのパープレアプレナエレガンスが
やっと咲き始めました。
中が開くと小さいながらとてもゴージャスです^^
もう少しかかるかな。

e0082098_07474136.jpg


e0082098_07480983.jpg


e0082098_07483021.jpg


e0082098_07484609.jpg


カシスも満開。この咲き方、大好きです。
枯れてしまった白万重もこの咲き方でした。

e0082098_07490455.jpg

雪おこしの種を発見!

e0082098_07522035.jpg

今年は全てのクレマチスの花つきがとても良い年でした。
特に変わったことはしていなかったのですが、
気象条件がよかったのでしょうか。





[PR]
by mico_nyan | 2017-05-23 07:59 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

バラとクレマチス

バラとクレマチスなんてタイトルをつけるほどりっぱなコラボでなないのですが、
黄色のバラを移植したので、我が家の庭では初めての2ショットになります。
黄色と紫、補色ですね^^
黄色のバラは未だ名前がはっきりしないのですが、デビットオースチンなのかな。


e0082098_07413109.jpg


小さなつぼみの中に、これだけの花びらがたたまれているなんで
信じられないほど。

e0082098_07460912.jpg

e0082098_07462791.jpg


e0082098_07464516.jpg

エトワールバイオレットは毎年花つきが良好。
日陰の庭で、どうしてこんなに咲いてくれるのか不思議です。
枯らさないようにしなければ…。

e0082098_07491466.jpg

毎朝、庭に出るのが楽しみな今日この頃です。
会社に行くのが憂鬱な日もあるけれど、お花に心を平静にしてもらって
会社ではポーカーフェイスで働きます^^;







[PR]
by mico_nyan | 2017-05-18 07:52 | *まいにち | Trackback | Comments(2)
クレマチスのつぼみが充実してきました。

アフロディーテエレガフミナ

e0082098_08564209.jpg

e0082098_08583519.jpg

カシス

e0082098_08572542.jpg

エトワールバイオレット

e0082098_08580087.jpg

壺型のストロベリーキッス

e0082098_08591903.jpg

一足先に咲いているのは、雪おこし

e0082098_09002488.jpg

そして、葉っぱでモリモリしてきたプチ庭です。

e0082098_09013452.jpg


e0082098_09015171.jpg

黒花フウロ草が満開

e0082098_09021569.jpg

ティアレラや都忘れも

e0082098_09023008.jpg

いい季節ってほんのわずかですから、この時間を大切にしたいと思います。










[PR]
by mico_nyan | 2017-05-01 09:04 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

緑の桜

オットが自分の職場の近くで緑の桜が咲いていると言っていたので、
花を撮ってきてもらいました。

こんな桜色の樹の中に、

e0082098_10083051.jpg

緑の花が2本だけあるそうです。でも、遠目で見ると白にしか見えない。

e0082098_10073782.jpg

少しずつ近づいてみます。
何となく緑が強くなった気がします。

e0082098_10101504.jpg

e0082098_10115075.jpg


e0082098_10112470.jpg


e0082098_10105985.jpg

シックで美しい。緑と白の斑のようですね。
初めて見た種類です。
テレビで、桜は中心が赤くなると散り際だと言ってました。
このお花も中心が赤っぽくなっているのはそうなのでしょうか。

調べてみるとこの桜は「ぎょいこう(御衣黄)」と呼ばれる栽培品種のようです。
珍しい品種ではあるものの、沖縄県を除く日本100か所程度で見られるようですので、
今まで気がつかずに見過ごしてきていたかもしれません。

それにしても、桜にまで自分の好みど真ん中の品種があるなんて、
嬉しいです。
植物好きのオットに感謝です♡














[PR]
by mico_nyan | 2017-04-15 10:19 | *まいにち | Trackback | Comments(4)