ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:*まいにち( 802 )

とぼけたネコとフクロウ

先日購入した、陶器の小さなネコとフクロウ。
ネコが10センチ、フクロウが6センチくらい。

後ろから見るとどちらも首から下が空洞で
小さな草花を挿せるようになっています。

このとぼけた表情に一目ぼれして
眺めてはニヤニヤ(・∀・)

この作家さんもネコを飼っていらっしゃるようで
購入したお礼のメッセージに
ネコのことが書かれていました。

我が家のニャンズに割られないように、
置く場所に気をつけなくっちゃ。

e0082098_21511552.jpg


後日、ビオラをフクロウに挿してみましたよ。
何だか会話が聞こえてきそうで、童話の世界みたいです。

e0082098_18182793.jpg









[PR]
by mico_nyan | 2017-03-09 20:32 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

Made in TSUBAME


メイド・イン・ツバメの、スプーンです。


e0082098_21355619.jpg

Made in TSUBAME」というのは、金属製品で有名な新潟県燕地域の製品であることを

証明するマークで、燕商工会議所で認定しています。

BEAMS」や「h concept」、「KEN OKUYAMA」などのブランドとのコラボアイテムなども

展開されています。

某カレーチェーン店でもプレゼントされていたようですね。

これがその認証マーク。


e0082098_21354831.jpg


このスプーンは、100円ショップのナチュラルキッチンで購入。

カイ・ボイスンのスプーンも燕市で作られているようですが、

ずいぶんお値段が違います。素材も当然違うのでしょうけれど。

でも、100円(正確には108円)でMade in Japanは素晴らしいですね。

買ったのはティースプーンだけですが、商品としてはナイフやフォーク、

大きいスプーンやスープスプーンもありました。

--------


今まで気がつかなかったけれど、簡単にフォントを変えることができました。

これからは、気分によって使い分けてみます^^



[PR]
by mico_nyan | 2017-03-08 21:18 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

春間近

今日は暖かかったですね。こちらでは17度くらいありました。

窓際に置いた匂いスミレがどんどん咲いています。
昔懐かしい甘い香りにくらっ!
これも、ネコちぐらに続き、出張中のオットが勝ってきてくれました。
「ふわふわ」で「薄紫」で「いい香り」。
乙女なセレクトだわ。

e0082098_20475024.jpg

e0082098_20473229.jpg

こちらのビオラは私セレクト。スジスジが男前。
買ってきた苗のつぼみをカットしておいたら、
たくさんつぼみがつきました^^

春はもうそこ かな。

e0082098_20510869.jpg

e0082098_20514667.jpg









[PR]
by mico_nyan | 2017-03-04 20:57 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

鳥集合①

酉年にちなんで、箸置き以外の我が家の鳥たちを撮ってみました。
特に鳥を集めているわけではないのに、生物系は鳥が多いことに
自分で驚いています^^

この2つはどちらも佐賀県鹿島市の郷土玩具『のごみ人形』。
左側は今年のお正月に購入したもの、
右はかちがらす と佐賀で呼ばれている かささぎ です。
こういった、ちょっと悪い顔をしているものに手が伸びてしまいます。

e0082098_20563312.jpg

これは、鹿島市の祐徳稲荷の参道にあった古物屋さんで見つけた鳩笛。

e0082098_20565382.jpg

これは福津市の筑前津屋崎人形工房で作られたモマ笛。
モマとはふくろうのこと。
私は最初見た時に、ふぐだと思いこんでいました^^

e0082098_20571697.jpg

こちらは、長野県の郷土玩具、鳩車。
本来はアケビのつるで作られるものだそうですが、
私が持っているものは、小さいレプリカです。

e0082098_20573410.jpg

自分の持っているものを並べてみると、やはり和モノが好きなんだと改めて実感。

今の私の野望(笑)は、実家の母やその友人に、
注連縄や年中飾れるわら細工を作ってもらい、販売すること。
行きつけの美容室のオーナーさんが「置いてあげるよ」と言ってくれているので、
デザインを少し工夫して、試作してもらおうと思っています。
作り手と買い手がどちらも楽しめるようなモノの仲立ちができれば。。。
夢で終わらせないように、少しずつでも動きたいです。









[PR]
by mico_nyan | 2017-02-16 21:26 | *まいにち | Trackback | Comments(0)
ブログ友だちのEJさんに触発されて、
クローゼットの奥から『ピンポン』を探し出して読んでみました。
読みながら、涙、涙…。

映画も観、初回限定版DVDも買っていました。
何と2003年発売分を14年経って初開封。
こちらも、漫画と同じようなところから涙でした~。
14年経っても色あせるどころか、その当時より味わいが増して、
良い漫画だなと思いました。

映画は宮藤官九郎が脚本というのもミソですね。
原作をかなり忠実になぞっていました。
エンドロールを見ていると、染谷将太の名前を発見しましたよ。
14年も前なので、子どもの役だったのでしょうね。

勝手にまとめてみるならば、テーマは『それぞれのヒーロー』かな。

e0082098_20321098.jpg

映画でのペコ(窪塚洋介)とスマイル(当時の芸名:ARATA)。
やはりカットマンは痩身で手足が長い人が似合います。

e0082098_20322611.jpg

EJさん、どこで泣けましたか?
同じところかもしれませんね^^



[PR]
by mico_nyan | 2017-02-14 21:38 | *まいにち | Trackback | Comments(6)
我が家から徒歩100歩以内の小さなパン屋さんの新作「春のフガス」。
フガス(Fougasse)とは、南仏発祥で、形は平たく、
オリーブオイル入りのシンプルな生地を使い、
ところどころに大きく穴があいているのが特徴のパンです。
「春」というだけあって、緑色のものは菜の花。
深緑のものはオリーブで、全体的に岩塩がパラパラと降ってあります。

私はこのフガスが大好きで、車で30分くらいのところにある、
峠のパン屋さんのフガスをよく買いに行っていたのですが、
近所にこの美味しいパン屋さんができてから
遠くに感じるようになったため、すっかりご無沙汰でした。
また買いに行きたいなと思っていたところに、このパン。
定番になるように、買い続けたいと思っています。
長い方で30センチありました~!

e0082098_09210579.jpg

そして、偶然にスーパーの一角で見つけたこのサブレ。
佇まいからして、何か違うぞ!

e0082098_09213167.jpg

原材料を見てみると、

e0082098_09214439.jpg

このシンプルさ!
ホームページもありましたよ。楽しくきれいに作られています。

e0082098_09220455.jpg

実は、この数日後、近所に新しくできた大型雑貨店に行ったのです。
そこでこのサブレの抹茶味を見つけ、レジに持っていくと
「すぐに召し上がるのでしたら、賞味期限が迫っているもので半額のものがありますよ」と
店員さんが教えてくださり、半額のものを2個買ったというおまけの話つき。
抹茶も美味しかったです、いやむしろ、抹茶の方が好きかも^^







[PR]
by mico_nyan | 2017-02-11 09:57 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

苺のタワー

実家でもらってきた苺。
小さなお皿にツリー状に積み上げたら、可愛さアップ。
種類は不明ですが、見た目よりもずいぶん甘かった。
「いちご」より「イチゴ」より「苺」が好き。
漢字ってすごいな。苺のツブツブ感がちゃんと出てる。

e0358996_17435773.jpg

e0358996_18022830.jpg

今日は晴天。
近所の神社で3社詣りをすませました。
徒歩で11000歩。楽しかった~。
清々しい気持ちになりますね。


[PR]
by mico_nyan | 2017-01-03 23:18 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

風邪をひく

実家での大掃除から風邪をひいてしまい、
1月2日の夫実家への帰省は私だけキャンセル。

e0358996_13155390.jpg

一人なので読書が進むこと。

[PR]
by mico_nyan | 2017-01-02 23:20 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

男子作黒豆

年末に実家の大掃除に帰った時に、
母の同級生の「男子」(母はまだ男子と呼んでいる(笑))作の黒豆をいただく。
3日かけて丁寧に作ったものだそう。

田舎のオジイさんの作ったものだから、甘ったるいんだろうと1つつまんでみると、
意外にも上品な甘さで美味しい。
少しだけ持ち帰りました。
この甘さは水飴を使っているのだろうか。。。

母曰く、毎年持ってきてくれるんだけど、
必ず同じキムチの空き容器に入れてきてくれるのよ。

オジイさん、キムチの空き容器に黒豆を入れるのはやめましょう。

e0358996_12265682.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2017-01-01 23:19 | *まいにち | Trackback | Comments(0)
酉年にちなんで、地元の民芸品の「モマ笛」を飾ってみました。
「モマ」とは「ふくろう」。

買った時は「ふぐ」とばかり思っていた私。
笛というように、吹き口がついていて、ホーホーと音を出します。

e0358996_17503636.jpg


何はともあれ、健康で明るく過ごせる1年になれば。

[PR]
by mico_nyan | 2017-01-01 23:16 | *まいにち | Trackback | Comments(0)