ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新しい仲間

我が家で花の咲くバラは、ずっとグリーンアイスだけだったのですが、
新しい仲間が増えました。(挿し芽をしているバラがもう1種類あるのですが、
花はまだまだ咲きそうにありません)
e0082098_2245719.jpg
昨日は珍しいくらい早く帰れたので、
仕事帰りによく立ち寄るスーパーの横のお花屋さんがまだ開いていました。
店内を見ていると、このミニバラが目に入り、どことなく気になり購入。
黄色のようなオフホワイトのような微妙な花色、そしてつぼみがサーモンピンク。
タグもついてなく、ただシールで「ミニバラ」とだけ書かれていました。
名前がきっとあるはずですから、探してみることにします。
縁あって、我が家に来てくれた2番目のバラさん。すくすく育ってね。

e0082098_22164214.jpg
先日紹介したビオラの花色が変化し始めました。
アンティークな色合いが、秋から冬への様変わりとぴったり。

そして、明日から12月になるというのに、八重のインパチェンスのつぼみが
ふくらみ始めました。1つだけ開いた花もあります。
福岡もこの数日はそれほど暖かくないのですが、不思議です。
------------------------------------
そう、明日から12月です。
お歳暮や年賀状の準備や大掃除、仕事の繁忙期でもあり、
バタバタする時期になります。
風邪を引かずに、何とか乗り切らなくては…。
2・3日前から扁桃腺のあたりに違和感があり、のどを押さえていたら、
何とオットも同じところが痛いと言うのです。こんな時だけ気が合うのねと二人で苦笑い。
[PR]
by mico_nyan | 2006-11-30 22:14 | Trackback(5) | Comments(12)

いらっしゃいませ!

e0082098_21401575.jpg
待ち焦がれていた胡桃庵の『ドラ鉢』が届きました。
前回の web SHOP 開店の時、買うのを躊躇していたら
あっという間に売り切れてしまったものです。
秋風が吹く頃にまた入荷しますとの言葉を心の支え(笑)に数ヶ月。
今回、プレビューメールをいただいた時に、リンクしたら即買うぞ!と、
PCの前でスタンバイ。おかげで購入できました。
さすがに、今回も、翌日には売り切れていました。
このお店は、我が家から車で30分余りのところにあります。
実店舗は年に何度かオープンするらしいのですが、高速に乗っていらっしゃる人が
たくさんいるほど、人気のショップです。
私は人口密度の高い場所は苦手なので、今のところはwebでのお買い物だけです。

胡桃庵さんが好きな理由の一つに、「この器はこうして使ってます」と
店主のtomokaさんが、主婦目線で、色々と提案してくださっていることがあげられます。
以前私が友人から聞いて、このブログでも紹介した、黒糖バナナケーキも
このどら鉢の作家さんのレシピなんですよ。
今回は、あの caramel milk tea のたかこさんのチーズケーキのレシピが
載っているので、早速作ってみようと思っています。
あとは、蒸し焼きや、ロールキャベツ、そしてお弁当箱としてなど、
使ってみたいことがあれこれ浮かんできます。蓋も色々と使い道がありそう。

器を買う時には、「こんな料理を盛ってくれ~」オーラが
ビシバシ出ているものにすいよせられますよね。

寒くなってきたので、これからは土物が活躍しそうな我が家です。
[PR]
by mico_nyan | 2006-11-26 20:00 | *まいにち | Trackback(1) | Comments(14)

うれしい誤算

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by mico_nyan | 2006-11-26 18:44

もうすぐ12月

日がめっきり短くなり、のんびり庭でくつろげるのは週末だけになりました。
土曜日の今日、福岡は久しぶりにお天気だったので、庭の雑草取りや、
お花の植え替えなどを気分よくすませました。

オットが時間がとれるようになったら、一緒に出窓の下にレイズドベッドを作る計画です。
その部分に今はお花を植えられないので、出来上がりのイメージだけ
しっかりふくらませています。
レイズドベッドから出窓にそわせて、つる性の植物をからませたいのですが、
我が家の日陰の庭でも育ってくれるものってあるんでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0082098_18144318.jpg
ガーデンシクラメンが二色咲いたり、ロウバイにつぼみがついたり、

e0082098_18155196.jpg
多肉植物の間にブリキのおもちゃを発見したり、日陰の庭で徒長したビオラを眺めたり、

e0082098_18201335.jpg
剪定したクレマチスの先に新芽が伸びたり、ミーコたんがぐっすりお休みだったり…

                    冬も探せば楽しみはたくさんありそうです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日は、へっぽこ部活動の試合、女子の団体戦&個人戦です。
普段、男性との練習が多いため、女性のゆるいボールは待ちきれず自爆してしまう
私ですので、明日は、落ち着いて落ち着いての~んびりプレイしましょう。
個人戦は時間つぶしということで(笑)、団体戦はみんなの力でがんばってきます!
[PR]
by mico_nyan | 2006-11-25 18:21 | Trackback(3) | Comments(4)

11月22日は…

帰りみち、三越を抜けて地下鉄の駅に向かっていると、
いたるところに「いい夫婦の日」と書かれた垂れ幕が飾ってありました。
そうか~、今日は11月22日。ワンコとニャンコの日じゃなかったんですね(笑)。

なおもズンズン進んでいると、
期間限定で、博多銘菓「二○加(にわか)せんぺい」の
ミニチュア版が製造販売されてました。
基本の大きさの6分の1くらい?小さすぎます!!
あまりのおちゃめさに2箱お買い上げ。
おまけに、紙製のおめんをつけてくれました。

e0082098_816151.jpg両脇の穴にゴムを通し耳にひっかけて、
「博多にわか」という郷土芸能をする時に
使います。プロはもっと立派なものを使っているんでしょう。
もらっても、使い道に困るよな~。


「これつけてあやまると、大概のことは許してもらえるよ」と店員さん。
確認のために、つけてみました。
「こんなオバさん、見たことある」と大爆笑のオット。ε=(=`・´=) 
やはり、店員さんの言ったことは正解なのか。

ところで、某生命保険会社が実施した、既婚者に理想の夫婦像をたずねたアンケートの
第一位は三浦友和・百恵夫妻、第二位は唐沢寿明・山口智子夫妻、
第三位は中村雅俊・五十嵐淳子夫妻ですって。

総合で第一位ということは、各年代から幅広く指示されているんですね。
現役時代はバリバリ第一線で働いて、結婚してからは、家庭をきちんと守る
しっかり者の妻と、妻に家庭を選ばせるほどの全てにおいて包容力を備えた夫
というイメージなのでしょうか。でも山口百恵、印税あるからね~。
理想の夫婦を聞く一方で、「では、自分達はどんなタイプの夫婦だと思いますか」と
尋ね、その軸がどれくらいずれているのか見てみるものも面白そう。
共働き夫婦が自分達と同じようなタイプのカップルを選ぶのか、それとも、
家庭に入ってしまった妻を持つカップルを選ぶのか、興味あります。

私だったら誰と回答するかしら。
う~ん、葉加瀬太郎と高田万由子かなあ。見えにくい回答でスミマセン。

みなさんはいかがですか?
では、良いお休みを。
[PR]
by mico_nyan | 2006-11-22 22:29 | *まいにち | Trackback(8) | Comments(6)

伊藤環さん

e0082098_17342054.jpg会社の近くのお気に入りのギャラリー『土里夢』から
             個展の案内のハガキが到着。
        今回は1971年生まれの作家さんで、
      福岡県の秋月という城下町の出身の方。
       今年、秋月のお父様の窯から独立して、
     自分の窯を神奈川県に開かれたそうです。

         今日、仕事帰りにのぞいてみました。
        作家の伊藤さんもご夫婦でいらしてて、
            私の素人全開の器の使い方を、
          「へ~、こんな使い方もあるんだ」と
          気さくな感じで聞いてくださいました。
       気に入った、織部釉のミルクピッチャーが
     あったのですが、残念ながら2個とも売約済。
      がっくりきていると、「今、ラ・ロンダジルさんから同じものを頼まれているので、
            少し先になりますが、作りますよ」と言ってくださいました。うれし~。
       片口ピッチャーで、ホーローのミルク缶をイメージして作ったということです。
                     花入れにしてもとても映えそうな、きれいな色でした。

待つのも楽しさのうちですね。

e0082098_21324535.jpg今日は間抜けなことにデジカメを
忘れてしまったので、
伊藤さんのお顔だけ携帯でパシャ!
おまけにボケボケだったので、
毒を食らわば皿までと(笑)、
ソフトフォーカスでぼや~んとさせました。
でも、伊藤さんのいい感じの雰囲気は
伝わっていますよね。
こんな顔の人、昔のダイエーホークスにいませんでしたか?

私のたのんだピッチャーは載っていませんが、伊藤さんの作品はHPから見てください。
枯淡釉という手法の焼き物が紹介されていますが、実物もとてもステキでした。
軽くて、字のごとく枯れた雰囲気のする長皿や丸皿が、料理の創作意欲をかきたてます。


[PR]
by mico_nyan | 2006-11-20 20:50 | Trackback | Comments(4)

お金を払うこと

e0082098_20275650.jpg
土曜日の今日は、昨日から
身体の冷えと下痢に悩まされていたので、
家でのんびりしています。
今週末は卓球の練習も完全オフ。
家っ子になる予定です。

休日の楽しみの一つに
「農家直売店」めぐりがあります。
今日も夕食のおでんの準備のために、
近所の直販店に足を運びました。
地元で採れる野菜なので、珍しい種類や、
たくさんの種類はないけれど、
旬の野菜が生産者の名前とともに
山積みにされています。
スーパーに行くと、ありとあらゆる種類の野菜が並んでいて、それを当たり前と思って
食べていましたが、地元で採れる野菜は意外に少ないんだと実感します。
それでもできるだけ、生産者の顔が見えるお店で買うのは、
自分の払ったお金が(直売店も卸→小売という流れはあるにしても)、
少なくともスーパーよりも、生産者に届く流れが見えるから。

私の勤務先から右と左の同じだけ歩いた距離に、
コンビニエンスストアと個人経営の商店があります。
会社で飲むお水と、お昼を持って来ていない時のお弁当は、
必ず、左の商店で買うんです。
社員のほとんどはコンビニ派です。
いつか「どうしていつも商店の方で買うんですか?」と聞かれ、
「どうせお金を払うんだったら顔の見える人に払いたい」と答えたけれど、
イマイチぴんと来てくれませんでした。

コンビニは私が行かなくても、人でにぎわっているんだから、
毎朝ここでコントレックスを買う時、「今日は冷えるね」とか
「小久保が戻ってきてよかった(ローカルネタですみません)」なんて、
言葉を交わし、「いってらっしゃい」って見送ってくれるオバちゃんに、
これからもお金を払い続けたい私です。
[PR]
by mico_nyan | 2006-11-18 20:52 | *まいにち | Trackback | Comments(9)

10年日記

e0082098_2159302.jpg『自分史』を自費出版するくらい
私にとっては少々恥ずかしい買物なのですが、
最近、5年前、10年前の私って何考えてたんだろうとか、
5年先、10年先の自分ってどうしてるんだろうなどと
思うことが多くなったことと、
お花の種蒔きの日付や開花日をメモしていないため、
記録しておけば、管理が楽だなと思い立ち、
ネットで購入してみました。
毎年スケジュール帳はつけていますが、
1年経つと新しいレフィルに交換して、
古いものは捨てています。
それはそれで続けるとして、こちらはもっとプライベートな
細かいことを書き込むつもり。

5年先、10年先の自分がこれを読んで、
今の私をどう思うか、楽しみでもあるし不安な気もします。
10年先の自分にほめてもらえるように、毎日、ていねいに暮らしていきたいな。

でも、これからの10年間、運が悪ければこの世にいないかも。
その時は、オットに続きを書いてもらいましょう。
ウソウソ、『憎まれっ子世にはばかる』ですから、きっと私はピンピンしてますね。

来年の1月1日からスタートです!

------------------------------------
e0082098_11182597.jpgミーコたんの高速しっぽ運動です。
早すぎて下半分、白くぼやっとしています。
いつも窓辺に座っては、しっぽを動かしているんですよ。
鳥や虫を見ては、一緒に遊びたい(捕まえたい?)と
思ってるんでしょうね。
最近育ちざかりで、随分大きくなりました。
[PR]
by mico_nyan | 2006-11-17 21:54 | *まいにち | Trackback(2) | Comments(11)

みかん到着


e0082098_2263512.jpgオットの実家は佐賀県。
九州ではみかんの里として
有名な場所のひとつです。
お正月に遊びに行くと、
ダンボールが山積みにされ
その中にみかんが
山ほどあるのも
もう見慣れた風景に
なってしまいました。

オットは大の果物好き。
イチゴやメロン、ブドウ、
ミカン、パイナップルなど、
常になにかしら
家にないと寂しがります。
一方、私はそれほど果物が
好きではなく、
お店でいろいろ見かけても
ほとんど自分用には
購入しません。

そんな私が、積極的に購入する数少ない果物が「ミカン」と「二十世紀ナシ」。

結婚して初めてのお正月にオットの実家に行き、何かで果物の話になった時、
ミカンと二十世紀ナシ以外はほとんど食べないと言うと、みかんの里の住人たち(笑)は
とても喜んでくれて、それ以来、毎年、私用においし~いみかんを送ってくれます。
今日も、早速3個食べてしまいました。甘くておいし~い。

ところでみなさんは、枝についたまま完熟したみかんを召し上がったことはありますか?
一昨年、趣味でみかんを作っている方から頂いたと、
オットの実家から送ってきたみかんが完熟してからもぎとったみかんだったんです。
(生産農家では完熟前のみかんを収穫し、輸送から店頭出荷の間に熟させるらしい)
このみかんのおいしかったこと。今まで食べたことがないほどの甘さ。
そして、甘さの質も何だか違うような…。
もう一度食べてみたいのですが、それ以来、口には入りません。

うわさによると、配った何人かの人が、
「またほしい」と熱烈ラブコールを送っているらしいのですが、
何せ趣味でしている人なので、そんなに都合よく栽培できないそうです。
幻の味になってしまうのかな~。
[PR]
by mico_nyan | 2006-11-15 22:12 | *まいにち | Trackback(5) | Comments(12)

だめんずに喝!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by mico_nyan | 2006-11-13 22:15