ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

久しぶりのレッスン

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by mico_nyan | 2007-09-29 22:06

街角ウォッチング

2週間ほど前に気づいたペインティング。
出勤は、3種類あるルートを気分によって歩くので、
このペインティングがいつ描かれたものか不明。
そもそも、この家がとても不思議。
平屋でめちゃめちゃ狭くて、人が住んでいるかどうかもわからないほど。
でも、季節になるとバラや椿、ヒペリカム、雪柳など色んな花が咲いています。
どんな人が住んでいるのか興味津々ですが、いまだ人の気配を感じたことなし。
そこにもってきてこのペインティング。ますます謎。

e0082098_7131410.jpg右手の木が茂ったところが
玄関(?)に入ってゆく通路。












e0082098_7152674.jpgゾウの裏側にはこんな絵














*****

e0082098_7185989.jpgトイレのふたに乗るのが大好きなミーコたん。
でもふたを閉めるのを忘れたら…。
きっといつか落ちるね。












*****

今日は久しぶりにコーチのレッスンを受けてきます。
夏はお休みだったので約2ヶ月ぶり。
来月の試合、何とコーチのチームと対戦することになりました。ああっ~!
4人のミックスダブルス戦なので、直接対決の確率は50%。
もう、コーチのパートナーの女性を攻めてゆくほかありません。
今日、軽くプレッシャーをかけておこうっと(笑)。

[PR]
by mico_nyan | 2007-09-29 07:36 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

3連休も終わりです

3連休最後の日、10時ジャストに近所のイオンにお買物。
自動ドアが開くと同時に入店すると、最敬礼で「いらっしゃいませ」の行列。
こんなに早い時間に行ったことがないので、つられて私もお辞儀をしながら店内へ。
居心地悪かった~。次回からは開店間際はよそうと思った私でした。

*****

e0082098_12245911.jpg結局、ほしかったものが見つからず、本屋さんでターシャ・テューダーの最新作(多分)を購入。
9月生まれの友人への誕生プレゼント。ハンドメイドのストールをつけて、さあ、どうやってラッピングをするかなと悩んでいます。かれこれターシャの本は10冊以上、いろんな人にプレゼントしたけれど、自分では1冊も持っていないんです。いつも、プレゼントした後に貸してもらっているので、プレゼントしたことになっていないのかも。







*****

e0082098_19595535.jpgお花屋さんで買った赤い実のついた枝と庭のヤツデ。ヤツデは鳥の落し物から芽が出ました。
「一花一葉」スタイルが最も好きな型。また、自分が勉強している流派のスタイルでは、「生花(せいか)」が好き。計算された角度で決まった、空気が引き締まるような様式美は、長い時間伝承され磨かれてきた重みを感じます。
自分が活けたお生花はダラダラズルズル。
あと100年かかるわ~。e0082098_12285728.jpg






*****

e0082098_12384281.jpg口コミでおいしいと聞いた、我が家の近所にあるケーキ屋さんの『ぷっチーズ』。材料には九州産のレアチーズと、糸島産の卵を使っているとのこと。1個100円です。ほとんど小麦粉が入っていないのではと思わせるクリーミーな口あたり。外側の紙と中身が分かれないので、要スプーンです。甘すぎずにあっさりとしていました。このお店、最初は模型屋さんと勘違いしていて(お店の看板に可愛い飛行機の絵が描いてあったため)、オープンして2年目にケーキ屋さんであることを知りました。思い込みって怖いですね。結構、店の前は通っていたんですよ。
南区長住と城南区七隈に『バンフの森』というケーキ屋さんがあるのですが、そこのチーズケーキに味が似ているかな。でも、こちらの方がさらにクリーミー。めったにケーキを食べないので、もう味を忘れてしまいました。

*ここはっと*
 福岡市西区今宿3-2-52  092-807-7226


*****

ハイオクガソリンが久しぶりに149円と150円を割っていました。
ず~っと153円だったので、たった4円でも嬉しくてたまりません。
今は二人暮らしには大きすぎるステージア。次はプリウスを買いたいな~。

[PR]
by mico_nyan | 2007-09-24 12:38 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

大好きな空間

朝、オットを仕事に送り出し、汗をかきかき掃除、洗濯をすませて一息つくと10時。
シャワーを浴びて、さて何をするかと考えるも、特に浮かばず。
カーテンも縫わなきゃ、不用品の整理もしなくちゃ…としなければいけないことはたくさんあるのに、気分が乗りません(←言い訳するのに便利なコトバ)。

そうだ!峠に涼みに行こうと、日向峠の『わかさ農園』へ。
今日はパンの時間よりずいぶん前に到着したので、
その間、アイスコーヒーを飲みながら、ぼ~っと山の斜面の景色を見ていました。
今日は妙に暑いなと思って見渡すと、いつもついている扇風機がOFF。
貸切状態だったので勝手にスイッチをON。う~ん、快適。

雑貨店兼喫茶コーナーのあちこちには、自分で作ってみたいオットに作らせたい小さな木工が。デジカメを持ってこなかったので、真似する時のために携帯でパチリ。

e0082098_1446734.jpg玄関を入ってすぐの壁の前に置きたい!15~16センチの幅なので、圧迫感もなく、小物を飾るのによさそう。








e0082098_1448403.jpg
これは鉢置きによさそうなサイズ。











e0082098_14492922.jpg
ガラスの掛花入れ。こんなん好きです。












e0082098_14512664.jpgコーヒーのミルクピッチャー。


[PR]
by mico_nyan | 2007-09-23 13:22 | *まいにち | Trackback | Comments(11)

わかった!

急に世の中が夕焼け色に染まった理由がわかりました。
先ほど、ローカルニュースで、理由を説明していました。ホッ!

空気中の水分の粒が雨が降ったことにより大きくなって、その粒に太陽光線が反射して
赤い色になったそうです。
その後、虹が出たそうですが、見のがしてました。残念!

[PR]
by mico_nyan | 2007-09-17 19:45 | *まいにち

「そばの木」でランチ

3連休の最終日、急遽オットが休みになったので、
以前から気になっていた那珂川町の「そばの木」でランチすることに決定。
西区から那珂川町まで遠いかなと思っていたけれど、糸島峠を越えて行くと、30分程度で到着。
城南区経由よりもずっと早く着きました。

e0082098_16192148.jpg
11時半のオープンと聞いていたので、一番のりを目指しておなかをすかせてきた私たち。
お店はいまやっとのれんを上げたばかりの様子で、狙い通り最初のお客さんでした。
一風変ったスタイルの建物です。

*****

「そばの木セット」1600円を注文。メニューは「もりそば」900円、鴨南ばん(お値段は表示なし)、
そしてこのセットの3種類だけ。夜になると予約制のイタリアンになるらしい…。
もともとイタリアンのシェフなんだとか。どおりで箸置きがリボンの型をしたパスタだったんだ。
撮影の許可も気持ちよくいただき、はりきる私♪

e0082098_16211192.jpgまずはサラダ
まずくはない、うん、決してまずくはない。
もろイタリアンな味。きちんと作っています。
でも、以前ブログで見た温野菜の盛り合わせを
期待してきたので、少しだけガクッ。










e0082098_16243763.jpg入った時の良い香りはこれだったのかな。おだしのよくきいた薄味のそばの実の雑炊。これ好きですっ!!お米の雑炊しか食べたことなかったので、噛んだ時のねばりけのない、あっさりした食感がとても新鮮で、おかわりしたかったくらい。これ単品で出せば絶対女性に受けるとみた。身体の中からきれいになりそうなお味でした。









e0082098_16305659.jpg続いて白菜のにぎり。わ~、これもおいしい。
薄塩の白菜のお漬物のような食感のネタと
ほのあたたかいシャリの取り合わせが絶妙。
ネタとシャリの間には大葉が挟んであり、
上からは白ゴマとゆずがふられてました。
口に入れたとたん、幸せにひたれるお味です。
家ではきっと作れないだろうなあ。
(画像は二人前です)







e0082098_16364314.jpgじゃじゃ~ん。本日のメインディッシュ、もりそば登場。
オットが先に一口食べて「絶対好きだと思うから早く食べてみて」と言ったほど、私の好みの固さでゆでてありました。おそらく十割そばだと思います。
あとには、もちろんそば湯が。













*****

私たちが食べている間に、1組、また1組と入ってきていました。年代はまちまちでしたが、すべてカップルだったのが印象的。未知の味が楽しめて1600円はお得だと思いました。窓から見える棚田は日本の原風景だな~としみじみ。私の田舎に少し似てたのでちょっぴり感傷的に。秋だからなのね~。
ごちそうさまでした。

*そばの木*
筑紫郡那珂川町字西畑萩の原323-3
092-951-3322



[PR]
by mico_nyan | 2007-09-17 16:03 | *まいにち | Trackback | Comments(6)

これ何だろう?

3連休はオットが仕事のため、遠出なしの我が家です。

e0082098_20184344.jpgオットは今日は山間部へのお仕事。
帰りに何か見つけたらしく、
チョキンと切って持って帰りました。
初めて見るなあ。何の花だろう。
車のエアコンでしなっとなっていたので、
つぼみだけ残してカットしたのですが、
つぼみのうちは空気が入ってぱんぱんになっているんです。
開くと、緑のがくの中に1枚花びらのようなものがあり、
それが紫と白のまだら模様。
ちょっとおどろおどろしい感じ(笑)。
山野草の本ででも調べればきっとわかりますね。
野山ももう秋。
10月に入ったら近所の山を散策してみようかな。
カラスウリやかずら、サンキライなんかも
きっと見つかるでしょう。

オットは私が喜びそうな草花を探して
買ったり、持って帰ってくるのが好きみたい。
私がお菓子や食べ物の好みがうるさい(グルメということではなく)ので、草花の方が確実だと思ってるんでしょう(笑)。
うん、確かに、この方が嬉しい私です。

*****
e0082098_20265962.jpgところで、今日の福岡の夕方の風景は
変でした。
青空が出ているのに、急にあたりが
赤く夕焼けのようになり、不気味な雰囲気。
ここで、地震でもきたら、
多分「あ、もう終わった」と思ったでしょう。
30分くらい続いたかな。
その後は普通に暗くなってゆきました。


e0082098_2029254.jpg原因が知りたい。











*417mariyoさんのリクエストにお応えして
  キモかわいいお花の開花を載せてみました。
  mariyoさん、いかがですか~♪

e0082098_17334595.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2007-09-16 20:30 | *まいにち | Trackback(2) | Comments(8)
おやきをかかえて帰ってくると、なにやら玄関先のカゴの中に紙袋が…。
メッセージらしきものはありませんでしたが、中身を見たらすぐわかりました。
私たち夫婦のお気に入り、志摩町のカフェ&ギャラリィ『陶翠苑』さんの炙り鯖鮨

e0082098_183335.jpg

この鯖鮨、わさびは本わさび、鯖は炙ることによって脂がさらにとろんとして、日本酒に合います。
ごはんにゴマが混ぜてあるので、食べるときのプチプチした食感が何ともいい感じ。
夏の鯖、う~ん、というイメージがありますが、これはいけますよ。お店でも好評の品のようです。

それから、小さな箱が2個入っていました。中を開けると入っていたのは可愛いガラスのコップ。
e0082098_9255851.jpg

ご夫婦とお母さんの3人できりもりしているこのお店、以前は我が家から車で5分くらいの場所にギャラリィのみの店舗としてありました。自宅を建築して、和室に何かテーブルを置きたいなと考えていた時にここでケヤキの一枚板のテーブルを見つけて購入。結構なお値段でした。今考えると魔がさしたとしか思えない(笑)。ミーコたんが夏によくお昼寝しているあのテーブルです。
家を建ててからまる8年なので、結構長いおつきあいになります。

このお店が志摩町にカフェ&ギャラリィとして移転し、早いもので5年。その記念パーティーが先日ありました。私たち夫婦もおまねきに預かったのですが、あいにく所要で参加できないことがわかっていたため、パーティーの数日前にシャンパンを持ってご挨拶。
おそらく紙袋はお礼の品だったのでしょう。わざわざありがたいことです。

ぐるぐるとたてじま。私はぐるぐるの方が好みかな?

以前紹介した記事の中で陶翠苑さんで購入した器があったので載せてみます。

e0082098_18464992.jpgこんな見晴らしの良いところにあるお店。
糸島のきれいな海を見おろしながら、一枚板のテーブルでお食事や甘いものがいただけます。ここは2階、ギャラリィは1階にあります。ちなみに店主さんは新婚さんです♪
(店内画像は陶翠苑さんからお借りしました)




*カフェ&ギャラリィ 陶翠苑*
  糸島郡志摩町野北973-4
  092-327-3455


[PR]
by mico_nyan | 2007-09-15 18:37 | *まいにち | Trackback | Comments(4)
福岡岩田屋で12日から『第四回 味の逸品』というイベントが行われています。
自宅の新聞にチラシが入っていたので、食いしん坊の私としては要チェック!
おっ!私の好きなおやきが来てる。行こ行こ。
前回、何のイベントか忘れたけれど、ここのおやきが来てた時はすでに売り切れてたので
軽くショックを受けたのですが、今回は在庫がたくさん。
前回の売り切れを反省して、たくさん持って来てくれたんでしょう。ウフフ♪
全8種類の中、切り干し大根とアザミを除いた6種類を購入。
1つ150円くらいだから6個買っても1000円以内なんですよ。なぜ切り干し大根とアザミを除いたのか…。

私の一番のお勧めは「かぼちゃ」です。「普通の具材じゃないの~!」っとつっこまれても気にしない。
山菜や野沢菜ももちろんおいしいけれど、この生地とかぼちゃの甘みがベストバランス。
朝ごはんはこれに牛乳があれば、一日楽しい気分で始まります。
地方発送もできるようですが、デパートのイベント会場で買ったあたたかい品をを家に持ち帰るまでの
ワクワク感が楽しいと思うのです♪
e0082098_19354253.jpg
*いろは堂* 〒381-4393 長野県長野市鬼無里1687-1
          TEL:026-256-2033 Fax:026-256-3282
*****
小さな庭の紹介です。

e0082098_6534058.jpgヤブランがいくつか開花しました。
ヤブランといい、ムスカリといい、こんな形のお花が大好き。


野菜の花。市民農園をしている知り合いに野菜をいただいた時におまけにもらった苗。うちは野菜が育つような環境でないので辞退したのですが、お花だけでも楽しめるからと、半ば強引に。(^^)確かに、レンガの色をバックに鮮やかに映えてます。かぼちゃか、きゅうりか??

e0082098_6542773.jpg





e0082098_6585725.jpgHCで300円で購入したハンギングの骨組み(?)。これ、店頭にサビサビのが置かれてあったので「ステキ」と思って購入したんです。「あとで取りに来ますので用意しておいてください」と他の売り場で買物してから商品を受け取り自宅で開封してみると、ありゃ~、新品はこんなにぴかぴかだったのです。きっと店員さんは気をきかせて新品を入れてくれてたんですね。私は使い古しのサビサビがよかったのに。早くサビるように雨風のあたるところに置いてます。バックでけなげに咲いているのはハクレイさんです。

*おいしいもの祭り*第2弾もありますので、また食べに(笑)来て下さいね。
今度は鯖鮨だよ~。



[PR]
by mico_nyan | 2007-09-14 19:17 | *まいにち | Trackback | Comments(6)

秋ですよ

今日の福岡は最高気温28度の予想。
予想どおり、扇風機だけで過ごせる快適さです。

*****

e0082098_1382384.jpg植えっぱなしのミョウガ、今年5個め、6個めの収穫。
肥料をやっていないのでスリムなミョウガですが、
どんな形でも収穫はうれしいですね。
夕食の一品『キュウリの中華風即席漬』の上に
パラリとかけることにします。

さっき、近所の産直市場に買物に行くと、とても小さなキスが20匹くらい入って280円で売ってました。量のわりには安いお値段だけど、これを開いてどうにかするのは面倒くさいなと心の中で考えていると、オットが「これ、ボクが開いたらてんぷらにしてくれる?」と聞いてきたので渡りに船。「うん、いいよ」と即答。家ではてんぷらをすることがめったにないので、今日はよほど食べたかったのでしょう♪ あとは、ナスとピーマン、にんじん、いんげん、しめじ、そして昨日いただいたお刺身でも食べられるサワラが食材。
もうすぐ卓球の練習に行くので、その間に開いててくれるそうです。ラッキー!

e0082098_21112899.jpg

てんぷらを盛るお皿。明治時代くらいの四角皿です。
ブログともだちのクロはちさんがよく似たお皿をもっていらっしゃったので、いつか私もこのお皿をアップしようと想ってました。
量産品だとは思いますが、遠く離れたブログともだちがよく似た品を持っているなんて嬉しい気持ちの私です。
クロはちさん、そっくりでしょ~(^^)

*****

卓球と言えば、隣区の小学校で一緒に卓球をしていたおじいちゃまがおととい、亡くなりました。
2年前までは元気に卓球をなさっていたのですが、ガンにおかされ、1ヶ月前からはホスピスに。
ご家族の願いも届かず、天国に旅だたれました。享年76歳でした。
ご高齢にも関わらず体力の必要なカットマンというプレイスタイルのおじいちゃま、本当にお元気な方でした。
お通夜のある会場に入ると、お元気だった頃に撮られた卓球している写真が飾られており、
それを見ると涙がダーッ!と滝のように出てしまいました。

入院された時にクラブのみんなで色紙に寄せ書きしたものを贈ったのですが、それをずっと枕元に飾って
おいてくださったと奥様がお礼を言ってくださいました。卓球が好きだったんだなあ、もっと卓球したかっただろうなと、想うばかり。
私たちを天国から見守ってくださいね。今度生まれ変わっても一緒に卓球しようね、とお顔をみながらお話してきました。

大切な人たちが自分の世界からいなくなってゆく寂しさ…、ここ最近味わうことが多くなりました。心が痛いな。


e0082098_211949100.jpg
                         ミーコたん、キミは何を想う


[PR]
by mico_nyan | 2007-09-09 13:18 | *まいにち | Trackback | Comments(4)