ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サンフジ来たる!

e0082098_7305344.jpg今年もいただきました!
長野のりんご農家の知り合いから
オットへの贈り物。サンフジりんごです。
昨年のブログを見ると、12月11日
届いていたので、今年は2週間くらい
早かったようです。
サンフジに出会って私はリンゴが好きになりました♪

・みかん
・二十世紀梨
・サンフジりんご


この3種類が自分でお金を出して食べてもよいと思う果物。
好きな果物が増えたのは何十年ぶりでしょうか(笑)
それまではずっと2種類だったのです。

二十一世紀になっても二十世紀梨が好きな私。
死ぬまでにもう何種類か増えるかな。

e0082098_7361010.jpgこのりんごを『あずま袋(と呼ぶらしい)』に入れて、地鶏のお返しに隣のおばちゃまへ。この袋はセリエ(100均)で買ったガーゼてぬぐいです。柄が可愛くて思わず手にしてしまいました。縦横を1:3の比率にしてから、たたんで正方形にし、上辺、下辺を縫うと、あ~ら不思議。こんな袋に。手縫いすればもとのてぬぐいの形に戻すのも簡単。ミシンでガ~っと縫えば採寸から出来上がりまで30分もあればOK!昔からある袋らしいのですが、知恵ですね。リネンなどのこじゃれた生地で作ればマルシェバッグの中袋にも使えます。私がえらそうに言わなくてもみなさん多分ご存知ですね(^^)










*****

e0082098_2355082.jpg真面目な顔でオットを見るミーコたん。この後、急に怒ってネコパンチをくりだしていました。咳の恨みが残ってたのでしょうか。

[PR]
by mico_nyan | 2007-11-27 20:37 | *まいにち | Trackback | Comments(9)

のんびりハンドメイド

福岡は朝から晴天。
気温もぐんぐん上がって、2階にいると暖房は必要ないほどの暖かさでした。
昨日、何時になっても終わるまでは!と仕事を終えたので、今日はお休み。
朝から掃除、洗濯を済ませて、はい自由時間。
なんでもちゃっちゃっと進むと、とても気持ちのよい一日になりそうです。

e0082098_16295941.jpgそろそろクリスマスを視野に入れて、
こんなものを作ってみました。
プレゼントを入れるポーチです。
ナチュラルキッチン(100均)で買った
ハーフリネンのランチョンマットとレース、皮ひもで巾着袋。
ランチョンマットはすでに四隅が縫って
あるので、加工するのが楽チン♪

3種類×100円=300円で2個作れて、
皮ひもとレースは余りが出ました。
完成度は別として(笑)、
安い材料費でしょう?

これに何を入れるかはまだ未定。
相手のことを思いながら何をプレゼントするか考える時って楽しいですよね。

*****

e0082098_16454124.jpg中野選手のドーナツスピンに対抗して、
ドーナツ爆睡(笑)。
今年も登場、お気に入りの青の毛布です。
しかし、キムヨナって17歳なのにすごい表現力ですね。真央ちゃんにはない『哀愁』をあの年齢であれほど…。GPファイナルではお互い100%の力を出し切ってベストを見せてほしいと思います。

[PR]
by mico_nyan | 2007-11-25 15:53 | *まいにち | Trackback | Comments(10)

オットその後

急に発作を起こした虚弱オットへのみなさまからの優しい言葉、
ありがとうございました。
おかげさまであれから発作らしいものは出ていませんが、咳は相変わらず。


e0082098_19201637.jpg咳の音が大きいよ。ネコパンチだ!



横で咳を聞いているミーコたんは情緒不安定になって
部屋を走り回っています。
「ゴホッ!」という咳がすると
びくっとするんです。
可愛そうになって今は私と一緒に
二階のPC部屋に避難しています。

夜間診療のあと、木曜日は会社を休んで近所の循環器科へ行きました。
オット曰く、「はっきりしたことは言われずに、検査ばかり受けた」。
でしょうね~、だって領収証を見たら7000円だったんですから。
明日土曜日にまた行って検査結果を聞いてくるそうです。

家にタバコがないのでアレ?と思っていると「捨てた」とのこと。
よくやった。えらいぞオット。
…でもよく聞くと症状が改善したら吸うらしい。
なら捨てるな!もったいない!!と心の中でつぶやきました。
つきあってられません(-_-メ)

風邪をもらってしまったのか、咳と喉の痛みに私も悩まされています。
3連休を楽しみにしていたのですが、休めるのは今日(金曜日)だけに
なりそうです。
明日は朝から出勤して、仕事の状況で明後日も出勤の可能性があるので、
すでに日曜日の休みはあきらめています。トホ…。

*****

e0082098_1961431.jpg
ワンコを飼っているお隣さんからのいただきもの。
お姉さんが宮崎から遊びにいらしたのでと、鶏の炭火焼です。
大森うたえもんプロデュースの東国原知事のシールもちゃんと貼ってあります(^^)
「地」鶏表示を信じて美味しくいただきま~す。

[PR]
by mico_nyan | 2007-11-23 19:09 | *まいにち | Trackback | Comments(14)

お~、びっくり

昨日の夜のできごとです。

e0082098_23381377.jpg風邪気味だったオットが夕食のあと、
会社でもらった風邪薬を飲んだ直後に急に苦しみだしました。
ぜんそくの発作というものを見たことはないのですが、のどがひゅーひゅー言い出し
知らないなりにもこれはぜんそくではないかと…。

喉が細くなって息ができないと言い出したので、
あわてて救急のある病院に電話するとすぐ看てあげられるのでどうぞとのこと。
すぐに車で連れてゆきました。

オットだけばたばたと処置室へ連れて行かれ、
私は待合室でしばらく待っていたのですが、
人影もないので、処置室へ侵入してみると、点滴と器官を拡張する吸引中。

薬の種類がわからないのではっきりしたことはわからないけれど、
おそらく何かの成分がぜんそくをひきおこしたのだろうということ。
とりあえず器官を拡張するお薬を数日分もらって帰ってきました。
風邪薬を飲んだのに風邪はよくなるどころか、
かえって違う症状をひきおこしてしまい、
市販薬といえども安易に服用してはいけないなと思った夜のできごとでした。
普段からオットはヘビースモーカーで、風邪のときはかならず布をちぎったような
音の咳を出すので、何だか嫌だな~と思っていました。
もしかすると、ぜんそくの気があったのかもしれません。

夜10時前に行き、約2時間の処置を受けたにもかかわらず、窓口で支払ったお金は
2100円。大変ありがたく、申し訳ない金額です。
看護師さんも大変優しく「また症状が出たら夜でもいいので来て下さいね」と。
いえいえ、もうご迷惑はかけませんから…。

みなさんもどうかお薬には気をつけてくださいね。

これを機会に、オットにはタバコをやめさせなければと鬼嫁は決意したのでありました。

※画像と本文は関係ありません♪

[PR]
by mico_nyan | 2007-11-20 22:33 | *まいにち | Trackback | Comments(14)

ぬくぬく…

e0082098_17293898.jpg


寒い時にはこれがイチバン。よってらっしゃ~い。
[PR]
by mico_nyan | 2007-11-18 17:27 | *ミーコたんとロッタ | Trackback

がんばれ!スーパー商店

昨年の今頃アップした記事に書いていたスーパーのことが、15日付けのローカル新聞に載っていたので、紹介してみました。
コンビニエンスストアと大手スーパーが幅をきかせる昨今、個人商店でがんばっているこのお店、やっぱり応援したいです。
でも、残念なことがひとつ。9月末で、20年以上勤めていた女性従業員の方が辞めちゃったんです。いい味だしてたのに…。



“スーパー商店”30年目 コンビニに負けない! 
                   中央区今泉の「ショッピングセンターにいの」


e0082098_121065.jpgコンビニが激しい客の奪い合いを続ける福岡市・天神地区周辺で、独自のサービスにこだわり、オープンから30年目に入った“スーパー商店”がある。同市中央区今泉1丁目の「ショッピングセンターにいの」。深夜営業はもちろん、手作り弁当、クリーニング、合鍵作製、食堂まで展開する。「多角化」を支えるのは「地域に密着した店を続けたい」という経営一家のこだわりだ。 

「はい、お待たせ」。カウンター奥からオムライスを差し出したのは、食堂を切り盛りする新野(にいの)浩志さん(39)。食堂と言っても、ここは同ショッピングセンターの中。目立った看板はないが、「低料金でおいしい」と近くの会社員や予備校生に人気で、16席全部が埋まることも少なくない。

新野さんの仕事はこれだけではない。午前中は店内の調理場で弁当作り。昼は食堂で料理人に変身。もちろんレジにも立ち、夜は商品の発注や弁当の仕込みに汗を流す。閉店は午前3時。夜間も父州彦(くにひこ)さん(66)ら家族が中心となってレジを守る。

開店は1978年。八百屋からの経営転換で、約300平方メートルとコンビニの2倍程度あるフロアに生鮮品やお菓子、日用雑貨などを並べると客から好評を得た。「当時近くで買い物ができる店といえば、柳橋連合市場(同区春吉1丁目)があるくらいでした」と新野さん。

数年後には手作り総菜やたこ焼きの販売に着手。その後もクリーニング、手作り弁当の販売、食堂開設と、順調にサービスの幅を広げてきた。

客の流れが変わったのは、1990年代以降に急増したコンビニの出現だった。24時間営業、立ち読みもできる雑誌コーナー…。これまで帰宅時に立ち寄っていた会社員らがコンビニに流れ、売り上げが数年前の5割にまで落ち込んだ。

「とにかく何でもしよう」。窮地を乗り越えるため、同店がこだわったのは地域密着の姿勢だった。お年寄りの要望に応じ商品を配達するほか、近くの保育園に食材や日用品を納める。3年前から酒類販売を始めたのを機に、食堂のカウンターを角打ち用に開放すると、仕事帰りの会社員が集まるようになった。

最近、明るい環境の変化も出てきた。かつてホテル街だった今泉地区も近年、新しいマンションが増え、子どもの姿が目立つようになった。そこで半年前から、レジ前に「駄菓子コーナー」を開設。若者向けの飲食店が増えたおかげで、業務用の食材も売り上げが伸びているという。

コンビニがさらに増える懸念もあり厳しい経営は続くが、新野さんは店の存続に執念を燃やしている。「コンビニからお誘いを受けることもあるが、長年培ってきた商品の工夫を生かすには今の形態が1番。手作り弁当の販売など、地域に必要とされるサービスを続けていきたいんです」

=2007/11/15付 西日本新聞朝刊=


我が社も『にいの』を見習って、アイディアを出していかなくっちゃ!
[PR]
by mico_nyan | 2007-11-17 00:48 | *まいにち | Trackback

サボテンろうそく

ランチの後にいつも寄っているお花屋さん
会社の行事の時にはここで花束をたのむのですが、普段はほとんど見るだけ~の
あまりよろしくないお客の私たち。


今日はめずらしくお店の中まで入ってみたところ、かわいいサボテンが。
色も若草色でかわいらしいので買おうと手にとってみると、
ん?てっぺんからひもが…。
e0082098_21202857.jpg

よく見るとろうそくでした。眼が悪いので見えなかったのです(^^;
結構リアルでしょ?
勢いで2つお買い上げ。窓辺に飾っています。
かわいくて火がつけられないのが難点。

*****

e0082098_21253011.jpg福岡も朝夕はかなり冷え込んできました。ミーコたんもあまりの寒さからか夜中に私の布団にもぐりこんできます。オットの方には絶対行きません。
今日はご機嫌がよかったのか、わたしの脇に頭をすべりこませてグルグル♪たまにされると妙に嬉しくて、でれ~っとなっちゃいます。冬はニャンコとの距離が近くなる季節ですね。

[PR]
by mico_nyan | 2007-11-16 21:27 | *まいにち | Trackback | Comments(6)
会社で仲良くしている経理部の同僚から、
「チューリップの球根送っといたから」と、先週の水曜日。
聞いてみると、ずっと愛用しているサプリメントのサービスポイントが貯まったので、
自分の分をたのんだついでに私の分も一緒に注文してくれたらしい。
e0082098_18123735.jpg
土も鉢底の石も鉢もついている、いたれりつくせりのセットです。
早速朝からオットが植えてくれました。
我が家では一番日の当たる二階のベランダで大切に育てましょう(^^)

*****

e0082098_18162488.jpg何かお礼を…と思い、こんなものを作りました。
ポケットティッシュ入れです。

レシピどおりにうまくできるかどうか試作品の段階のため、余り布製作で柄が縦横違いです。
ポケットがついているのでティッシュのほかにも小物が入るのですが、ふたがパカパカと開くのでちょっと心もとないなと思い、スナップかマジックテープをつけた方がよいのではないかと検討中。皮ヒモ&ボタンも可愛いけれどささっと使うにはちょっと不向きかなあ。
どうでしょうか?









*****
e0082098_18314573.jpg
小さな庭ではただいまビオラとシクラメンが少し咲いています。
これからのお楽しみは冬咲きクレマチスのアンスンエンシスと日枝の開花。
今年はアンスンエンシスにつぼみがたくさんついているので、楽しみです。
一方日枝はまだ4~5個だけ。今から液肥をあげても間に合うかな…。
[PR]
by mico_nyan | 2007-11-11 07:35 | Trackback | Comments(10)

久々の本州行き

久々に…
e0082098_2049947.jpg
を渡って本州に行ってきました。




叔父(母の妹の配偶者だからこの漢字でいいのかな?)のお葬式で山口市内まで。
74歳という少し早い人生でしたが、ずいぶん前から入退院を繰り返していたので、
残された家族は心の準備ができていたようです。
叔母は最期を自宅で迎えたいという叔父の希望により、約半年間、在宅看護という方法をとりました。子どもは全員独立しているので、さぞや大変だっただろうと思います。私の母も父を在宅で看取りましたが、義妹がいてくれたからできたと言ってました。お葬式では意外と叔母がやつれていなかったので、ほっとしました。叔父と叔母は9歳違いなので、まだまだ体力も気力もあったのでしょうか。
亡くなる人にとっては、やはり住み慣れた自宅が一番安らかに最期が迎えられる
場所なのでしょうね。

今年は夏から今まで親しい方のお葬式が3つもあり、いよいよ私も人生の後半戦
突入だ~と感慨深いものがあります。
最近は圧倒的に結婚式よりもお葬式の方が多いんですから。

*****

行きは高速道路を使ったので、帰りは久しぶりに小倉まで国道2号線~3号線を通って行ってみることにしました。
宇部、厚狭、長府を通り、関門トンネルを通り、門司から小倉に入ります。
小倉は私が学生時代を4年間過ごした街。
…で、どうしても食べたいものがありました。

それは
e0082098_21163184.jpg
コレです!
北九州っ子なら一度は食べたことがあるシロヤのパン。
小倉駅前の商店街入口に昔からず~っと変らずあるこのパン屋さん。
最後に行ってから軽く10年は経っているのに
(もちろん、卒業してから何度も行きましたよ(^^; )、たたずまいは昔のまま。
e0082098_21211537.jpg
ここは、自分が好きなパンをとるのではなく、ショーケースのこちら側から「○○を○個」と、店員さんにとってもらうシステムなのです。そして、値札が見えますか?ほとんどが60円以下という安さ。おまけに消費税込みなんです。
なので、いつ来ても人が絶えません。
私の昔からのお気に入りは、小さくてかたいフランスロールに穴を開けて練乳を流し込んだ『サニーパン』。60円です♪常々かたい物が好きと公言している私ですが、このシロヤのパンで強い歯と顎が培われたのかもしれません。
e0082098_2126203.jpg
右側がサニーパン。左側がオムレット。何と30円です。
あともう1つ忘れてました。サニーパンほどはかたくない生地にいちごジャムとクリームをサンドした『フィッグ』というパンも好きでした。なぜ、いちごジャムとクリームでフィッグ(いちぢく)?と思うのですが、ジャムとクリームを口の中で混ぜ合わせれば、まあそう思えば思えなくもないかなあ?いや~、やっぱり苦しい。

久しぶりに食べると、身震いするほど 甘~い! でも、懐かしい美味しさです。
ここまで来てよかった。


…と、小倉まで来て思い出しました。
山口市在住のブログ友達のEJさんお勧めの『萩乃』の外郎を買うのを忘れたっ!
お土産売場などでは手に入らないので、今度山口に行ったら買おうと思ってたのに。
御堀堂の外郎と食べ比べてみようと思ってたのに。
ガッカリです。でももう、いくらなんでも戻れません。トホホ~。

[PR]
by mico_nyan | 2007-11-08 21:33 | *まいにち | Trackback | Comments(14)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by mico_nyan | 2007-11-04 21:30