ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ミーコたん、カワユス

e0082098_17101971.jpg
階段を上がって突き当たりの、作りつけの本コーナーの上はミーコたんのサンルーム。
カゴと毛布を置いていると、愛用してくれています。
朝は正面の窓から太陽が入りポッカポカ。
e0082098_17123158.jpg
どっこいしょ~♪ 明るいので眼がテンです。

ほわっほわのミーコたん、4月で6歳になりました。早いね~。
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-30 17:14 | *ミーコたんとロッタ | Trackback | Comments(4)
さてさて、次は長崎県波佐見町に車を走らせます。
お目当ての一真窯さんは、やきもの公園の中に出店という情報だけは得ていたのですが、
場所はどこかわからず。
でも、それほど広い会場ではないので、一つ一つ見ていけばわかるでしょう。
e0082098_1034521.jpg
一真窯さんは以前nidで紹介されていたのを読み、実物を見てみたいと思っていました。

お昼少し過ぎに着いたので、めぼしい駐車場は満車。
でも運良く1台だけ出て行ったところに入ることができて、係の人から「運がよかったですね」と言われました ^^
そこから会場までは徒歩5分ほど。こんなのどかな景色の中に、つんととんがったテントが並んでいます。
e0082098_10371360.jpg
e0082098_10544824.jpg

お昼どきだったので、公園のあちことでは手作りのお弁当を広げる人の姿が。
有田陶器市ではこんなことはちょっと無理かな。
お弁当を食べている人たちが座っているところは、階段になっているので、腰かけるのにちょうどよく、
誰も「邪魔なんですが…」という雰囲気をかもし出さずに、空いているところを通行しているのが、
とても良い雰囲気でした。
e0082098_10405768.jpg

まずぐるりと外側を歩いてみると、ちょうど1周してから戻ってきたときに、
入っていった場所のすぐ隣側にブースがあったことに気がつきました。
1軒左を見ればあったのに…。アハハ ^^
これがそうです。右側の赤いジャケットの方が一真窯の真崎さん。
お客さんと軽口を言い合いながら、商品を売っている姿は職人というより商人。
気さくなオジちゃんという感じでした。
e0082098_10455894.jpg

こんなお品が並んでいます。
e0082098_1050636.jpg

寄ってみましょうか。
e0082098_10482247.jpg
どれも半額ほどで売られていました。
ここにもファンがいると見えて、真崎さんと色々お話されていました。
この窯は白山陶器のように、デザイナーさんがいて、型で成形して…と、分業制になっているようです。
ただ、真崎さんが追求したのは『手作り感』のある器だとか。
その結果、型で成形した素地に手作りで模様を加えているそうなんです。
大量生産をしやすいためか、ここにあった商品は比較的廉価なものが多く、
お客さんも色々と買い込んでいました。
もともと、波佐見焼は日常使いの器として発展していったものなので、
白山陶器にしても購入しやすいお値段のものが多いですよね。

色々見て回って思ったことは、『時代が自分に寄り添ってくれることはない』ということ。
自分の作りたい物が商品となって市場に出回るには、自分がその時々のニーズをリサーチして、
それに乗っからないとダメなんだろうなって。

自分から営業をかけて、人気店に置いてもらえれば…。
あともう1mmこのラインが細かったら(太かったら)、このリムがあと1cm広かったら(狭かったら)、
この角度がもう少し大き(小さ)ければ、というお客さんの声を拾うことができれば…。
こちらから情報発信をして、色々な提案をしていければ…。

そんな積み重ねで人気作家さんはできていくんだと思いました。
もしかして、「できていく」のではなく「作られていく」のかもしれないですね。
ネットショップに作品が更新されるや、わずか数分で完売してしまう作家さんがいます。
そんな作家さんだからこそ、技術以外の日々の勉強も欠かされていないんだろうと思います。

一方、有田陶器市でしか顔や作品が見れず、普段は受注生産だけをしている同年代の作家さんがいます。
作品は本当に素晴らしいのですが、商業ベースに全然のっかっていません。
お値段はそれなりにしますが、もっと知られて良い方なのに…って、残念です。
でも、残念に思っているのは私だけで、本人はきっとどうってことないんだと思います。ウフフ。
人生色々ですよね。

今回、白山陶器はスルーしました。
なぜなら、やきもの公園に入る前に通った白山陶器のテントではカゴを持ったレジ待ちの人が
道路まであふれていたから。
後でネットで見たら、その時間は1時間待ちだったとか。
行かなくてよかった。ほっ!

帰りに通った橋につけられていた飾り。やきもののまちらしいですね。
e0082098_11145995.jpg


2回にわたる記事を読んでいただき、ありがとうございました。
恒例(?)の『陶器市おみやげ』&『もう少しで6万ヒット』企画で、ちっちゃいプレゼントを用意しました。
詳細はもう少しお待ちくださいね。

あ、戦利品も後ほど紹介させてください ^^
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-30 09:24 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)
29日から佐賀県有田町で陶器市が始まりました。
期間中には100万人ほどが訪れるという、九州では『博多どんたく』の次に集客力のあるイベントです。

ここ数年はご無沙汰でしたけれど、
今回、有田では川口武亮さんを、
その後、長崎県波佐見町の波佐見陶器祭りでは一真窯をお目当てに出かけました。 ^^

自宅を出発したのは7時15分頃。行きは有料道路を使い、唐津~伊万里~有田まで走ります。
それほど混むこともなく、9時前には有田に到着。
駐車場は会場に近くなると1000円(終日)になるため、
ケチケチ夫婦は少し離れている500円の駐車場に停め、日頃の運動不足を解消すべく歩き出しました。
e0082098_864084.jpg
奥に見えるのが有田駅。
車で来る人の方が多いのか、列車の時間があまり頻繁でないのか、駅のあたりは静かでした。
横断幕の下に『香蘭社』ののぼりが見えますね。『深川製磁』と並ぶ有田の二大ブランドです。
佐賀県内の50代以上の家庭の88%には一つは置いてあるブランドです(ミーコ総研調)。
期間中は第7会場(もっとあるかも)ほどの会場で、お客さんもたくさんやってきます。
ギャラリーや店舗、工場などまでオープンにして売っているんですよ ^^

比較的時間が早かったのであまり人波にもまれることもなく、
さらにお天気も陶器市日和の、歩いているとちょうどいい暖かさになるくらいの気温でした。

粉引LOVEのお友達miyaさんからお店の場所はリサーチしていたので、そこを目指して一直線。
『○○から○○までの右側のどこかにあるから』と結構アバウトな教え方をしてもらっていたのですが、
すぐに分かりました。
そこだけ、時間がとまっているような静かな空間でした。許可をいただいて撮影しました。
e0082098_8151795.jpg
ちょっとした個展です。
e0082098_8153218.jpg
e0082098_8154893.jpg
トレイの中には川口さんの定番といってよい『しのぎ』のお皿があります。
e0082098_8162171.jpg
こちらは川口さんのお父様『かわたけ窯』の作品。同じような花を生けても外側で印象ががらりと違います。
お父様もやはりしのぎ ^^
e0082098_816777.jpg
ご夫婦の姿もパチリ。想像していたよりもお若かったです。
e0082098_8252753.jpg
こんな空き店舗で期間中は営業しているんですよ。
○○ストアーと読めるので、きっと小さなスーパーだったのでしょう。
有田陶器市の期間中しか行ったことがないので、普段のまちを見るときっとひっそりとしていて驚くだろうなぁ。
外に並べられている作品も川口さんやかわたけ窯の作品。こちらはB級品や廃盤モノなので、
店内よりもさらにお安く、半額以下で売られていました。
e0082098_8335267.jpg
こちらは、川口さんのお店のすぐ隣にある、窯業大学の卒業生ばかりが集まったコーナー。
まだ作品も少なく、初々しい方がたくさん。がんばってこの仕事で食べていってほしいものです。

そこから先は行かず、今度は逆サイドをちらちらと見ながら元の場所に戻りました。
途中「ん?」と目をひいた作品もいくつかありましたが、名刺を見せていただくと全員が有田の方ではありませんでした。
もしかすると、有田窯業大学の卒業生で、県外で活動していらっしゃる方たちなのかもしれませんね。

この後駐車場まで戻り、一路長崎県波佐見町に向かいました。
佐賀県~長崎県というと、すごく移動しているように感じますか?
実は、波佐見町は有田町から車でわずか20~30分のところにあるんです ^^

波佐見陶器祭の様子はこの次の記事でアップしますね。
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-29 18:58 | *ちょっとそこまで | Trackback

可愛いお買物

最近この手のムック本が本屋さんにたくさんおいてありますね。
付録につられて買うことが時々あります。
今回もまんまとのせられてしまいました ^^マリメッコです。
e0082098_2232750.jpg

トートバッグ(H23×W30×D10cm)もポーチ(H16×W21cm)もしっかりしたキャンバス地でできています。
欲を言えばどこかにお花の柄が1つくらいついていてほしかったけど、贅沢は言うまい!
1,365円はお得感があります。雑貨屋さんでもこのくらいのトートだったら1000円近くしそうですから。
おまけにポーチまでついているし…。でもポーチは赤だから使わないだろうな~。

本の内容は、マリメッコのオフィスや職人さん、商品紹介などなど。
モデルになってる加藤ローサちゃん、可愛すぎ!

*****

つい最近、公民館サークルの部活のウェア(ユニセックス)をおそろいで新調したんです。
自分で選んで買うときはレディスのオーバータイプのフィットしたデザインが多いので、
今回もその延長で買ったら、回りのみんなが「きつそうだ」とか「動きにくそうだ」と言うんです (>_<)
自分としては全然きつくも動きにくくもないのです。
本当はもっとゆったりした方がスリムに見えるかもしれないけれど、
袖口やエリがパカパカしているととても動きにくくてダメなのです。
なので、パンツもハーフ丈とかは絶対無理。いつもブリっと太ももを出しています。
無印のワンピースもだけど、ウェアもゆとりを持って着るために、ただ今ダイエット中でございます ^^
若干おなかがすっきりしたような気がします。
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-27 22:09 | *まいにち | Trackback | Comments(4)
毎年植えっぱなし、生えっぱなしのオダマキですが、必ず残る種類がピンクのこのタイプ。
クリスタルバローやブラックバローは種をまいても1株だけしか咲かず、翌年は消えてしまってます。
e0082098_1822432.jpg
ミヤマオダマキのようですが、白は植えた覚えがないんです。
このお花はkoiさんから数年前に譲っていただいたアポイオダマキでした。
4年目にして初開花です。

もしかするとクリスタルバローと交配しちゃったのかな。これはこれで可愛いですけどね。
背の高いオダマキと低いオダマキでは葉の形が違うので、花のかたちは咲く前にある程度わかりますが、
色は咲いてからのお楽しみといったところです。
昨年の秋に種をまいた斑入りのオダマキが成長中ですが、まだつぼみが上がってこないので、
この春にお花は見られないかもしれません。残念。
e0082098_18223230.jpg
セミダブルのクリスマスローズの二番花(下)。
一番花(上)と比べると、白っぽい色になり、ピコティがややはっきりとしてきました。
来年のお花は期待できそうです。
e0082098_18351224.jpg
日曜日の山草展の帰り道、道の駅のようなお店で買った小さな葉っぱのギボウシ。
色が爽やかで、これからの季節にぴったりです。
e0082098_21585327.jpg
全然爽やかでないこの方は、ついにカーテンレールの上で遊び始めました。
ミーコたんとの違いに日々驚いています。ピンボケの画像のお口がカモノハシのようで、笑えます。
何かしているとすぐに肩や背中に乗ってくるので、私の身体はひっかき傷だらけ。
ずいぶん前に、実家で飼っていたネコが同じように母の背中や肩にだけ飛び乗ってきていました。
ある日、母がストーブの上のヤカンをのぞいていると、急に背中に飛び乗ってきたので、
あやうく熱湯の中に顔をつっこむところだったという笑えない話があります。
私も気をつけなければ!!
e0082098_2159194.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2010-04-25 18:26 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

ミニ山野草ハウス

新聞の折込チラシのローカル情報に、『山草展』なるイベントが載っていたので、
土曜日に出張から戻ってきたオットと出かけてみました。
温室の中におじいちゃんが座っているだけの、あっさりした場所でした。

エビネLOVEのオットは自分のお小遣いで買えそうなエビネを物色。
私は、日本のクレマチス、黒花ハンショウヅルを購入しました。

オットはおじちゃんからエビネの育て方を教えてもらって嬉しそう。
おじちゃんは黒花ハンショウヅルの開花を見たことがないというオットのために、
図鑑を持って来て見せてくれました。
ハンショウヅルの挿し芽の仕方や挿し芽床の作り方まで教えてもらったので、お安い買物になりました ^^
見せていただいた挿し芽床コーナーには、種から育ったスミレもたくさん。
赤い色のスミレらしいのですが、小さくても一人前に葉っぱに切れ込みが入っていて、
あまり可愛いので思わず「うぎゃ~」と叫んでいたら、おじちゃんに変な目で見られてしまいました ^^;

オットの買ったエビネ。爽やかで私も好きです。
e0082098_17491175.jpg
e0082098_17493186.jpg
ハンショウヅルのぷっくりしたつぼみがとても可愛い!
20センチくらいで仕立ててあるんですよ。来年以降うまく育てられるといいんですが…。
うまく挿し芽できたら、里親募集しま~す。
e0082098_1749512.jpg
e0082098_1750829.jpg


*****

29日からいよいよGWですね。
この間年が明けたと思っていたのに、もう5月。
毎年、仕事が一段落するのがこの時期なので、1月から4月は損しているような気になります。
30日にお休みが取れそうなので、29日は陶器市、30日は美容院、1日はいつもの部活の試合、
2日は義父の3回忌、3~5日はお庭遊びをしようと思っています。
29日は久しぶりに有田か波佐見の陶器市に行こうかな。
波佐見の一真窯という窯がちょっと気になっているので、行ってみたい気がムクムク。
あ、それからGW中は、がんばってダイエットに励もうと思っています。
はっ!と気がつくと、すごいことになってました (>_<)
無印で買ったリネンのワンビースが似合う体型にならなくては!!
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-25 17:51 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(2)

雨が上がったら

夜のうちに雨が降ったようで、朝は草花がしっとりぬれていました。
庭の緑もみずみずしくて、これでお天気が良くなると、ますます成長が盛んになるのでしょうね。
なぜ笹やスギゴケ?と聞かないでください。前からいるので、しかたなく置いているだけなんです(>_<)
e0082098_21272430.jpg
カイウ、どんどん伸びています。
e0082098_21273322.jpg
ストロベリーキッスのつぼみにも水滴が ^^
e0082098_21274413.jpg
カラーはサトイモ科らしく葉を大きく広げて、狭い庭の中ではかなりの存在感です。
e0082098_21275831.jpg
今度お天気のよいお休みの日には、咲き出したエビネを撮ろうと思います。
段々花が小さくなっているのが心配なのですが…。
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-21 21:37 | *まいにち | Trackback | Comments(8)
以前から気になっていた、『クラブハリエ』のバームクーヘン。偶然に知人からいただきました。
e0082098_2044929.jpg
私が知っているバームクーヘンとは違う、ふんわり、しっとりした感触。
植物油を使っているのかなと思わせるような軽い味でした。
甘さはそれほどきつくなく、お砂糖も薄く控えめにかけてありました。
柔らかいものが好きな日本人向けにうまくアレンジしたから人気が出たんでしょうね。
もう一つ気になっている『ねんりん屋』も、こんなお味なのかなぁ。
e0082098_20441790.jpg
お皿は石田辰郎さんの。
このお皿は福岡県うきは市の「ぶどうのたね」で購入したのですが、
石田さんは偶然にも私の住んでいるところから目と鼻の先、糸島市で作陶活動をされているとのこと。
唐津で学ばれたそうです。
新しい器なのに、古色の味わいがあるところにひかれました。
料理を選びそうでいながら、とても料理映えがする器で、ただいまお気に入り度NO1なのです。
この先、石田さんの器が食器棚に増えそうな予感がします ^^
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-21 20:44 | *まいにち | Trackback | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by mico_nyan | 2010-04-17 20:12

スタンプらりい

e0082098_2325019.jpg

お昼にお弁当を買ったら、こんなパンフレットが入っていました。
警固・赤坂・桜坂界隈の40店舗でお買い物、飲食してスタンプを5つ集めると、好きなお店でプレゼントを
もらえるということ。お買い物していないお店でもOKなんだそうです。

詳しくはコチラ→

会社から近いのにこのあたりは、ゆっくり歩いたことがありません。
平日会社が終わったらもう飲食店以外は開いていない時間だし、
お休みの日に天神方面に来ることはほとんどないしで、すっかりおのぼりさんです。

行ってみたいお店がいくつかありました。

●うつわと雑貨 hinaka
●古本と珈琲 coffon
●organic shop Sky Walk
●工藝風向/FOUCAULT ++

1つくらい行ければいいなぁ。
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-15 23:17 | *まいにち | Trackback | Comments(4)