ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

運悪し

ちょっとしたお出かけの時用にコンデジを購入しようと、
自分なりに研究して、ファインピクスF900EXRに決定したのです。
e0082098_2028352.jpg

先週、カメラのキタムラでリサーチした時の価格は17000円弱でした。
1000円の下取りもついていたので、
古いカメラを引っ張り出して、翌日行ってみると、
何と2000円も値上がりしていました(>_<)

カメラ下取りサービスもなくなっていたので、実質3000円アップ。
急に買う気が失せて、そのままスゴスゴと帰宅。
オットに言うと「変なところでケチだからなぁ」と。
また値下がりを待つことにしましょう。
[PR]
by mico_nyan | 2013-10-23 20:28 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

小鹿田の里へ

久しぶりの小鹿田。
e0082098_10311097.png
国道から10キロほどの山間にある、窯元わずか10軒の小さな里です。

前回行った時には建築中だった小鹿田陶芸館が完成していました。
e0082098_1040236.jpg
e0082098_10404518.jpg
小さな建物ですが、入館されている人たちの熱心ぶりといったら♪
館内VTRは小鹿田の歴史をコンパクトに収めてあり、とても興味深いものがありました。

〔一子相伝、絵柄は入れない、窯の名前を入れない、すべて手作業、土は産地のものを使う〕
などなど、これを何百年にもわたり、延々と守ってきた小鹿田焼。
作風の良く似た福岡県の小石原焼とは、近年においてマーケットに対する姿勢が
かなり異なっています。
それでも、ある窯元では、明らかに若い人をターゲットにした作品が置いてあり、
お値段もそれなりのものだったのが印象的でした。

陶芸館には、バーナード・リーチが小鹿田に立ち寄った際に製作した作品が。
e0082098_1051341.jpg

少しだけ日用の器を購入しました。
オットが気に入った、小さな一輪挿し。飛び鉋の模様が美しい♪
e0082098_1185297.jpg
私が気に入った、スリップウェアのピッチャー。
こんなところにリーチや濱田庄司の影響が現れているのでしょうね。
e0082098_119263.jpg
二人が気に入った中鉢。
表面が刷け目、後ろが飛び鉋の模様はこれだけだったので、
間違えて飛び鉋を入れてしまったのでは??
お値段もなぜか安かったのです。
e0082098_1194461.jpg


中鉢のおかげで、久しぶりに料理意欲がわいています♪
[PR]
by mico_nyan | 2013-10-19 11:25 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(6)
e0082098_1555896.jpg

お気に入りのペンダントのチェーンが切れてしまい、
代わりのチェーンがないため別のペンダントをつけていました。
でも、やっぱりこれが好きで、早くどうにかしなくっちゃと。
新しいチェーンを買おうとしたところ、
思ったよりも貴金属の価格が上がっていて、
なかなかふんぎりがつかなくて…。

ネットで調べてみると、、切れたチェーンを安く直してくださるお店を発見!
またつけられるようになりました。
買うと数万円するところが、総額2000円以下で済みました。

もっと早く調べてみれば良かった。
世の中、色々な仕事をしている方がいらっしゃるんですね~、感謝、感謝。
[PR]
by mico_nyan | 2013-10-06 16:05 | *まいにち | Trackback | Comments(2)