ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

遊歩道からシャトルバスの通り道に出て、里まで歩いて下る途中に、
あじさい祭りの時期に合わせてお店が出ていました。

遠くから、あっ!と目をひいた大きな壺に吸い寄せられていくと、
そこは唐津焼の窯元さんのお店。

この歳になると、買わなくても
「こんにちは、目の保養に拝見しま~す。」とニコニコして言えるようになりました。

お店の方に
「いろいろ見ていただいて、唐津焼の良さを知っていただきたいんです。
もともとは庶民の焼き物だったのですが、今は敷居が高くなっていますから、
今日は普段使いにできる器を少し持ってきたんですよ。手に持って楽しんでみてくださいね」
と言っていただき、お話をしながら器を見ました。

大壷も「どうぞ抱えてみてください」と言ってくださったので、
ヒヤヒヤしながらそっと持ち上げました。
160㎝の私が両腕でやっと抱えられるくらいの大壷に、
描かれた抽象化した梅の花。

お願いして写真を撮らせてもらえばよかったと気づいたのは
帰りの車に乗ってから。。。。

思い出に何か小さなものを購入しようと考え、選んだのはこれ。
e0082098_11372360.jpg
12~3㎝くらいの花入れです。
同じような大きさのが3つあり、どれにしようか悩み、
お店の方に「今日の思い出に選んでいただけますか?」とお願いしました。


さらに里に下ると、シャトルバスの発着場で見つけた竹細工のお店。
以前から、木製のトングがほしかったのですが、なかなか見つからず。
ネットで探すとヒットしますが、いつかきっと出会えると思いつつペンディング中でした。
お店のすみに置かれていたトングを発見。
竹のカットの角度により、バネのように閉じたり開いたりします。めっちゃプチプライスでした。
e0082098_11191659.jpg



唐津焼の花入れに庭のドクダミを飾ってみました。
e0082098_11275948.jpg
ドクダミメインの画像になってしまいましたが、花と器はとても合っています。
嬉しいことにあれから八重のドクダミがまた咲いてくれました。

ちなみに、私がお邪魔したのはこちらの窯元さんでした。
普段は工房以外での小売りはせずに、受注生産だそうです。
e0082098_1135767.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2014-06-14 11:29 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(6)

ご近所パン屋さん探訪

以前から行ってみたかった近所のパン工房Nohmiさんへ。
1月ほど前のとある夕方に行ってみたら閉まっていたので、再訪問。
昔からある住宅街の、広い戸建ての敷地の一角にパン工房があります。
e0082098_8184613.jpg
あんパンが美味しいと聞いていたので忘れずにっと。
焼きたてホカホカなあんパンは、車の中でオットと半分っこして
すぐになくなってしまいました(>_<)
あとは、ぶどうパンと焼きカレーパンなどを購入。
冷めても生地がもちもちしているのは天然酵母を使っているから?
ていねいに作っていることが一目でわかるパンたちの
おいしさに、「み」も興味津々です♪
e0082098_8163137.jpg

ごちそうさまでした。
[PR]
by mico_nyan | 2014-06-14 10:39 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(0)

見帰りの滝

日曜日の朝は雨模様だったのですが、
しばらくすると雨が上がりましたので、
佐賀県の唐津市相知町にある 見帰りの滝 に行ってみました。
6月7日からあじさい祭りが行われていたので、それが目当てです。

残念ながら、まだ時期が少し早かったようで、
あじさいは少ししか見ることができませんでしたが、
マイナスイオンをたっぷりあびてきました。

滝まではシャトルバスに乗って。
下りは遊歩道をぶらぶらしながら。
梅雨の時期なので、水量はたっぷりで涼を感じました。
e0082098_20543291.jpg
e0082098_2056986.jpg

この滝は日本の滝百選の1つだそうです。
e0082098_20562778.jpg
滝の近くは気温が低いせいか里よりも開花は遅れていましたが、
花盛りになったらすばらしいだろうと思わせる株の多さでした。
個人的には、あまり圧倒される花数よりも、ボチボチ咲いているくらいの方が
好きかもしれません。
e0082098_2059479.jpg
e0082098_210420.jpg
e0082098_2102028.jpg

e0082098_2103362.jpg
e0082098_2104788.jpg
e0082098_211545.jpg
e0082098_2111897.jpg
e0082098_2113222.jpg

遊歩道からシャトルバスが通る道に出て、歩いて下っている途中にお店が出ていました。
ほしかったものが偶然見つかったり、
楽しい話に花が咲いたりして、いくつかお買い物をしました。

その話は次の記事でさせてくださいね。

帰りは駐車場待ちの車が列をなして並んでいたので、
お昼前に着くように出かけて正解でした ^^
[PR]
by mico_nyan | 2014-06-08 18:54 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)
あら?
2階のベランダからしか見えなかったPPエレガンスが眼の高さに。
e0082098_21181050.jpg
茂りすぎたトネリコの枝をオットが剪定してくれていた時に
誤ってからんでいた枝まで切ってしまったのです。
おかげで、垂れ下がってきていい具合に視界に入るようになりました。
こんな花数見たことない。来年からは2階のベランダで育てて垂れ下がらせようかしら。
e0082098_21182253.jpg
e0082098_21183299.jpg

ロウグチに最初のつぼみ。
いつも思うのですが、ロウグチのつぼみってカッコ良すぎる。
花より、むしろつぼみの方が好きです。
e0082098_21193319.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2014-06-08 15:00 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

またまた腱鞘炎に…

1週間ほど前から、右手の手首付近が痛み始め、
重いものが持てなくなりました。

同じ症状で2度(2年前と3年半前)病院に行き、腱鞘炎と診断されていたので、
今回も同じ病院に行きました。
久しぶりの診療で、土曜日の担当のお医者様が変わっていたため
説明も少し違っていました。

正しくは「狭窄性腱鞘炎」
親指には幾つかの腱というヒモがついており、
そのうちの二本が手首の母指側にある腱鞘の中をいっしょに通りますが、
腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり炎症が起こると、痛みや腫れがでてくるそうです。

妊娠時・産後、更年期の女性、また
スポーツマン(道具を使うスポーツ)や(親)指をよく使う仕事の人にも多いとのこと。

私、ほとんどの条件に当てはまっていました(>_<)
特に、仕事はPCに向かってすることがほとんどなので、変換やスペースキーで
親指を使いっぱなし。

私は、痛みが出てきたら何度でも注射すればいいと思っていましたが
お医者様によると、注射はステロイド系なので、
何度もすると腱が切れる可能性があるので、
これで(3度目)で注射は最後にしたほうが良いと。
知らなかった~、ガッカリ。

次なる手段は手術だそうです。
この注射で完治したいけれど、今までのことを考えると再発の可能性大です。

お医者さまからいただいたパンフレット。
e0082098_7445568.jpg


あれ?と思った時の判断テスト。
e0082098_7455419.jpg
私はこのテストを受けて「ギャッ!」と飛び上がってしまいました。

皆様、親指の使い過ぎはほどほどに~。
[PR]
by mico_nyan | 2014-06-07 13:14 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

6月!

今日から6月。
早い、早い。あっという間に年の半分近く過ぎてしましました。
年末には例のごとく、変わり映えのしない1年だったと嘆いていることでしょう。

ベランダからのPPエレガンスの姿(6月1日現在)
e0082098_12582872.jpg

5月23日の姿はこれだったので、1週間で随分開花しました。
相変わらず、ベランダからしか楽しめません。
e0082098_1315850.jpg


今朝、庭に出ていると、お隣のおばあちゃまが「ドクダミ咲いてるね~」と。
ドクダミの花を焼酎につけた液が虫刺されに効果があるのでやってみたらと
教えていただいたのですが、我が家には一輪しか咲いていないと答えると、
わざわざ自分の庭から花をとってきて手渡してくださいました。
そのお花がこれ。
e0082098_12583676.jpg
しばらくしてお隣との境に行くと、フェンスのところにまたこのくらいのお花が置いてありました。
量が少なかったかなと心配されてまた摘んでくださったのでしょうね。
優しいおばあちゃまです♡

***

昨日、お久しぶりの卓友さんと練習&ランチをしたところ、おしゃべりの中で
「花子とアン」に出演している仲間由紀恵を見ると、私を思い出すとのこと。
もちろん年齢も顔つきも体つきも、全く違うことはお互い了承の上で(笑)、
「雰囲気が似てるのよね~」と。
観たことがないので、番組の中で仲間由紀恵がどのような雰囲気なのか
まるで見当もつきませんが、仲間由紀恵が柳原白蓮役だということは何かで読みました。
で、その柳原白蓮は福岡の炭鉱王伊藤伝衛門との政略結婚の後、年下の社会活動家と駆け落ちし、
メディアを使って夫に絶縁宣言をしたことは、林真理子の『白蓮れんれん』で
読みましたので、激しい感じの女性なのかなぁと、怖くて番組を見る勇気がありません(>_<)

気になるけれど、ダメージを負うのは嫌なので、放置しておこうと思います(笑)


*覚書*
パンダメダカの稚魚孵化
[PR]
by mico_nyan | 2014-06-01 13:15 | *まいにち | Trackback | Comments(2)