ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ルイボスティー

e0082098_16114598.jpg

2年ほど前から、夏も冬もルイボスティーを飲んでいます。
以前は3年番茶を飲んでいましたが、こちらに変更。

見た目は苦そうだけど味は飲みやすく、食事の時のお茶や運動中の水分補給として
利用しています。

もう20年近く前になりますが、掌蹠膿疱症という病気になり、
毎日憂鬱な日々を過ごしていました。
定期的に通院はしていたものの、対処療法しかなすすべがなく、
人に手をだすことが恥ずかしいため、包帯を巻いていました。

その時、アレルギー等に効くと聞き、あちこちにルイボスティーを探しに行きました。
まだ今のように簡単に手に入らず、
輸入食品店だったか、漢方のお薬やさんだったかでやっと見つけたのです。

結局、ルイボスティーでは改善は見られず、当時は高価だったため
やめてしまいました。
その後、胆石症が発見され手術を受けた後に、掌蹠膿疱症も完治しました。
病院の先生は、掌蹠膿疱症は身体の内部に炎症がある場合に発症する
可能性が高いとおっしゃっていましたので、私の場合、胆石が原因だったのかもしれません。

これを飲むたびに、その時のことが浮かんできます。
健康な時はそのことを普通に思い、ありがたいとも思わずに過ごしてしまいますが、
身体を労って、健康な状態をできるだけ長く保ってやらないといけないですね。




[PR]
by mico_nyan | 2017-06-25 07:46 | *まいにち | Trackback | Comments(6)


色が固定された品種は別として、
アジサイの花色は土のPHに左右されるということはよく知られていることです。
日本の土壌は酸性に傾きがちなので、青色のアジサイが多いと言うことも周知の事実。
ところが、テレビを観ていて初めて知ったことがありました。
コンクリートブロックの側に植えると、アルカリ成分が流出する影響で赤い花色になると。
それを実感することがありました。

e0082098_07481533.jpg

卓友&花友のツブエさんからいただいた三河千鳥です。
挿し木が成功して2株あります。
ブルーのものはコンクリートブロックから1mほど離して植えたもの。
ピンクはほぼブロックにくっついています。
どうして同じ親から成長したのに花色が違うのだろうと思っていたら、
なるほどな~でした。

e0082098_07485156.jpg

八重のドクダミ。
なにしろ日陰の庭なので、増えるのもスローペース。
毎年5~6輪しか咲いてくれません。
でも、今年はおっ!と思うような離れた場所で花をつけていたので、来年は期待できるかも。


e0082098_07573423.jpg

三河千鳥が大きくなってきたので、実家の母に1株あげようとメールをすると、
メールに添付した八重のドクダミの画像にくいついてきました。
母は茶花を教えているので、ドクダミも花材として使うそうなのですが、
知り合いで育てている人がいないと。
それならと、次に行く時のために挿し芽を大量に始めた私です^^
一重のドクダミも可愛いけれど、八重は気品を感じます。
先日、ツブエさんが遊びに来た時に、これをカットしてあげたら「可愛い~」と感激。
後から「根が出てから植えたよ」とメールがありました。
今はほしいものはネットですぐに見つかり買える時代ですが、
こんなスローなやりとりもいいですね。

もう少しだけ庭が広ければ、好きな草花や雑木を植えて、
森のようにしてみたいと思いますが、夢のまた夢。

あ!そう言えば、まだ宝クジの発表を見ていませんでした^^(←オットが買ったもの)



[PR]
by mico_nyan | 2017-06-24 08:12 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

New Camera

オットさんが、仕事関係で何やら表彰されて、
記念品にコンパクトカメラをいただいてきました。

とても小さいのに2000万画素以上あるのです。
私のデジイチなんて1300万画素で重い重い。

二人とも時代錯誤のガラケー持ちのため、
これからは常にバッグに忍ばせておこうと思っています。

何となく撮ってみたモノ。


ロッタやん。
とても鮮明に撮れています。
e0082098_08052270.jpg


花友さんからいただいたアジサイ。
これは、ソフトモードというもので撮りました。
e0082098_08053608.jpg

お義母さんが元気なうちに表彰されていれば
とても喜んでくださったと思います。
末っ子で甘々に育てられたからね。
きっとオットは心の中で天国のお義母さんへ報告しているはず^^

これからもしっかり働いてください。(←鬼嫁、ネコ2匹より)





[PR]
by mico_nyan | 2017-06-17 08:10 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

え~、シニア?

e0082098_08442166.jpg

ロッタの年に1度のワクチン接種と健康診断に行った時のこと。
気になることや気をつけることなど、お医者様と話していると
「シニア食をそろそろ与えてください」と。

「こんなに小っちゃくて可愛くて、いつまでも赤ちゃんみたいなのに
もうシニアですか~。」(←理論が破綻した飼い主の言葉です)

「はい、シニアです(笑)」

ということで、今のカリカリがなくなったら、シニア食に移行することに決定。

ロッタが2.7キロしかなくて、食に対して淡泊なことを相談すると
「スリムで理想的な体型ですよ。」
ミーコが3.6キロで、肥満気味なことを相談すると
「そんなに気にすることはありませんよ。」

う~ん、これって猫種による差?
それともお医者様のクセが強すぎるの(笑)

眼が合うと肩に乗りそうな顔を見せ、
私が肩をポンポンとたたいて少しかがむと、
肩に乗ってくにゃっとしている可愛いロッタ。
元気でいてね。

あ、健康診断の結果は何も問題ありませんでした。









[PR]
by mico_nyan | 2017-06-10 08:53 | *ミーコたんとロッタ | Trackback | Comments(2)

栗きんとん

ずっと食べてみたいと思っていた
宮崎県日之影町 マロンハウス甲斐果樹園の「栗九里」という栗きんとん。
宮崎県産の栗とお砂糖のみで作られている素朴かつ贅沢な一品です。

栗の取れる季節にしか販売しないと聞いていました。
1本だけのお取り寄せでは送料が高くつくので、
秋ごろに宮崎に出張に行く予定のオットに
買ってきてもらうつもりでした。

ところが、たまたま高千穂町出身(日之影町の近く)の卓友さんに画像を見せ
「こんなの知ってる?」と尋ねたのを覚えていてくれて
高千穂町在住の叔母様に問い合わせて送っていただいたのだそう。
秋だけのものかと思っていたらこの時期にもありました^^

おまけに、九里栗を手に持って喜んでいると
別の卓友さんが「これ、秋になるとリバレイン(商業施設)に
売ってるよ」と教えてくれて、二重の喜び。

今年一番の嬉しさで、いただいてから1週間、
もったいなくて見ているだけでした。
そして、感動の開封&入刀。

まさに「栗」の味でした。
蒸かしたくりを割ってスプーンですくって食べていた頃を
思い出しました。1切れで2~3個の栗を食べた満足感!

Mやん、ありがとう。

e0082098_08054736.jpg


ほぼ栗なので、断面がザクザクです。


e0082098_08260064.jpg




[PR]
by mico_nyan | 2017-06-10 08:31 | *まいにち | Trackback | Comments(4)