ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:おでかけ ( 54 ) タグの人気記事

直方へ

オットと一緒に平日の休みを取り、10月25日の金曜日に
高取焼陶器まつりに行ってきました。
e0082098_12475086.jpg

<高取焼の歴史>
高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。開窯は1600年と言われている。窯場には永満寺・宅間窯、内ヶ磯(うちがそ)窯、山田窯があり、これらを「古高取」と呼んでいる。
江戸時代には黒田藩の御用窯として繁栄、元和年間には唐津からの陶工を招き、技術を向上させている。そして寛永年間に入ると、二代目藩主黒田忠之は小堀政一(遠州)と交流を深め、遠州好みの茶器を多く焼かせた。それが縁で、遠州七窯の一つに数えられ、茶陶産地として名を高めることとなった。この頃の中心は白旗山窯で、遠州好みの瀟洒な茶器は「遠州高取」と呼ばれた。
その後、八山の孫の八郎が高取焼第5窯として小石原で小石原焼きを始め(小石原高取)、より繊細な作品が多く焼かれた。以後は、福岡の大鋸谷に移転(御庭高取)、18世紀には「東皿山」と「西皿山」に分けられ、細分化されていった。今日では数カ所の窯元が至る所に残っており、廃窯した窯場にも再び火が灯ったりと、再興している。

<高取焼の特徴>
高取焼は時代によって、全く毛色が違っている。高取焼草創期の「古高取」の中でも、特に「内ケ磯窯」は豪放かつ大胆な織部好みの意匠で、ロクロによって成形された真円にヘラで歪みを加えており、今日の視点から見れば芸術性豊かで興趣をそそる志向があるが、その奥に隠された思想により御用窯廃絶の憂き目に遭遇する事になった。後の「遠州高取」になると器は端正になり、古高取とは対照的に瀟洒、風流人好みの作品が焼かれるようになった。「小石原高取」の頃になると技術は爛熟し、「遠州高取」より更に繊細な作風となっている。なお、小石原高取は民窯の小石原焼に多少の影響を与えている。今日の作風は小石原高取以後の技法で、使用する釉薬は多い。個性的な釉薬が多く、高取黄釉、春慶釉、高宮釉、道化釉、ふらし釉、真黒釉などがある。
※Wikipediaより引用

高取焼とはこんな歴史を持った焼き物なのです。
全体的に、渋く品格のある伝統的な器ですが、
窯元さんはそれぞれに、現代的なエッセンスも加えつつ、
作陶をなさっていらっしゃるように見えました。

スタンプラリーですべての会場を回りました。
その中で、内ケ磯窯の作品は他と少し違うように感じたのですが、
<高取焼の特徴>で、内ケ磯窯について書かれていたことが、
自分の感じていたことと一致し、なるほどと思った次第です。

私のお目当ては、協賛で展示をしていらっしゃる「うつわや」さん。
古唐津や李朝をベースに、ご自分のエッセンスを加えた作品を作っていらっしゃる
田川市にお住まいの女性の作家さん。
今回は大皿を1枚買い求めました。
e0082098_1251324.jpg
e0082098_12514557.jpg

何を盛っても映えそうです。立ち上がりの角度と縁の丸みが気に入りました。
最近料理が手抜きなのに、器ばかり買ってます、(>_<)

この日は平日ということと、雨模様のお天気だったので賑わいは今一つでしたが、
普段人の多い場所で暮らしている私たちにとっては、混雑なしの場所は
とても心地よい空間でした。
[PR]
by mico_nyan | 2013-11-03 18:03 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(0)

小鹿田の里へ

久しぶりの小鹿田。
e0082098_10311097.png
国道から10キロほどの山間にある、窯元わずか10軒の小さな里です。

前回行った時には建築中だった小鹿田陶芸館が完成していました。
e0082098_1040236.jpg
e0082098_10404518.jpg
小さな建物ですが、入館されている人たちの熱心ぶりといったら♪
館内VTRは小鹿田の歴史をコンパクトに収めてあり、とても興味深いものがありました。

〔一子相伝、絵柄は入れない、窯の名前を入れない、すべて手作業、土は産地のものを使う〕
などなど、これを何百年にもわたり、延々と守ってきた小鹿田焼。
作風の良く似た福岡県の小石原焼とは、近年においてマーケットに対する姿勢が
かなり異なっています。
それでも、ある窯元では、明らかに若い人をターゲットにした作品が置いてあり、
お値段もそれなりのものだったのが印象的でした。

陶芸館には、バーナード・リーチが小鹿田に立ち寄った際に製作した作品が。
e0082098_1051341.jpg

少しだけ日用の器を購入しました。
オットが気に入った、小さな一輪挿し。飛び鉋の模様が美しい♪
e0082098_1185297.jpg
私が気に入った、スリップウェアのピッチャー。
こんなところにリーチや濱田庄司の影響が現れているのでしょうね。
e0082098_119263.jpg
二人が気に入った中鉢。
表面が刷け目、後ろが飛び鉋の模様はこれだけだったので、
間違えて飛び鉋を入れてしまったのでは??
お値段もなぜか安かったのです。
e0082098_1194461.jpg


中鉢のおかげで、久しぶりに料理意欲がわいています♪
[PR]
by mico_nyan | 2013-10-19 11:25 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(6)

やっぱり行くのよね

GWになるとやはり行ってしまうのは「陶器市」。
今年は、義父の命日のお参りに佐賀に帰省した帰りに、
波佐見陶器市と、有田焼卸売団地をのぞいてみました。
着いたのが5時過ぎていたので、そんなに混雑はしていませんでした。

まずは、白山陶器の倉庫へ。
最近お友だちになったI-Love-Plantsさんのブログで見た長皿を購入。
e0082098_21343246.jpg
1枚のお皿で柄が違う?と最初は驚いたのですが、お惣菜がとても映えるんです ^^
あとは、小さな湯のみ。
e0082098_21351564.jpg
しのぎの入った小さな湯のみがほしかったのですが、見つかりませんでした。

それから、波佐見陶器市の会場内で若い作家さんから買った、梅小壺。
e0082098_21353014.jpg
e0082098_2135442.jpg
底に少しだけヒビが入っていたので破格の値段でした。
もちろん、中に入れても水分が出てくることはありません。
李朝っぽい「とろん」とした感じが好き。
「李朝っぽくて好き~」と言うと「ニヤリ」と笑われました。

この後、まだ日が落ちていなかったので(陶器市は日没までなのです)、
有田焼卸団地(卸売のお店がまとまった場所)で、熟年結婚をした友人にプレゼントを購入。
こちらはB級品ではなく、デパートに卸している商品を3割引程度で売っています。
ギフト用の包装もきちんとしてもらえます。
あれこれ悩み、結局、佐賀県武雄市のそうた窯のマグカップに決定。
e0082098_2234625.jpg
                       画像はそうた窯からお借りしました。

購入したのは右側のマグカップ。
ボディは同じで取っ手が青のものがあったので、それをペアにしました。
気に入ってもらえると嬉しいのですが…。

今年は、ほんの少ししか買っていないのに、食器棚に入れるスペースがありません(>_<)
来年も再来年も、誰か結婚してくれればいいのに。
それなら、自分の家の食器は増やさないでお買い物できるわ~。
[PR]
by mico_nyan | 2013-05-05 22:00 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(2)

Prime plantsさんへ

朝8時からハンズマンのがらくた市を目指して、一路南へ。
6日間の5日目だったので、お買い得品は少なくなっていたのかもしれませんが、
ほしかった色のペンキはお買い得な値段で買うことができました ^^

店内を歩いていると、薄いタイルのようなものを発見。
30センチ角の箱の中に10数枚入っており、25段入りで何と398円!!
車庫のブロック塀に貼ったらよさそうだったので、3箱購入しました。
練り漆喰にしようかとも考えていたのですが、こちらの方が、断然お徳♪
1枚1枚貼る手間はかかるけれど、GW中にゆっくりするとしましょう。

その後、ネットで見つけた小郡の園芸店 Prime plants さんへ。
新しいお店なので住所がナビにヒットせず、無事に着くかどうか不安でしたが、
案外と簡単に見つかりました ^^

こじんまりしたお店でしたが、ぎっしりと色々なものが並べられており、
「はい、はい」、「わかる!」、「そうよね~」と、
独り言を言いながら歩き回る不審者になっておりました。
お客さんも、どこかこだわりのありそうな方たちばかり。
常連さんが多いようで、会話を交わしながらお買物されてました。

お会計の時に「福岡から来て…」と話をしていると、
私の好きな、城南区の cottage garden が春日市にあった時に
働いていらっしゃったことがわかり、商品のセレクトに納得!

とても優しくて話しかけやすい男性の店主さんでした。
近所なら毎週行くのに…。いやいや、あまり近いと買いすぎちゃうかも。

Prime plantsさんでのお買物。
2枚目の画像のブルンネラがお店のブログに紹介されていたので、
これだけは買おうと決めていきました。
最後の1つでした。危ない、危ない ^^;
あとは、日陰に強い植物を選んでいただきました。
黒花フウロは一度消えてしまいましが、再度チャレンジ。
e0082098_18245150.jpg
e0082098_1825672.jpg
銅葉のツワブキは高かったので悩みましたが、
もう一度来る時の交通費を考えると、
今買っておけと天の声が聞こえましたので…。
実際はもう少し黒が強いかな?
e0082098_18252357.jpg
この他に、鳥のスティックを2本購入しました。
以前買ったバードフィーダーと偶然同じラインだったのです。
e0082098_18331215.jpg
珍しい植物がたくさん置いてありましたが、
日陰の庭ガーデナーとしては、我が家で育ちそうにない植物は
買っても可愛そうなことになるのがわかっているため、見て楽しむだけにしました。

距離があるため頻繁には行けないけれど、ステキなお店でした~。
Prime plantsさんのブログはこちらです。→

この後、初めて秋月に行きました。それはまた後ほど~。
[PR]
by mico_nyan | 2012-04-15 18:37 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)

飯島奈美のしごと展

e0082098_23171133.jpg
めずらしく早く帰れたので、toshiちゃんとイムズで「飯島奈美のしごと展」をみてきました。
言わずと知れた超有名なフードコーディネーターさんです。

壁には一面、全国各地に出かけたときの写真がピンナップ。
ポストカードにそのままできそうなきれいな写真ばかり。

コーナーがたくさん作られていて、私物の本が本棚に並べてあったり、
台本、資料、使った器が作品ごとに展示されていました。
また、お気に入りの食材がまとめておいてあるコーナーもあり、
素材にこだわられている様子がわかりました。

器好きの私の眼はやはりテーブルウェアに。
「東京タワー」の撮影の時は、昭和の福岡のにおいをだすため、
普段食器をレンタルしているスタジオからではなく
埼玉あたりのリサイクルショップまで行き、自力で集めたそう。

北欧モノは見ただけでわかるのですが、
和食器はどんなものを使っているのだろうと器に眼を近づけると、
風情のないことに、セロハンテープでデスクにぴたっと貼ってありました(>_<)
『お手を触れないでください』と書いてあるにも関わらず、
触って割ったり持って帰ったりする人がいるのだろうか?

台本や資料は、持って読んでもOKだったので、
小西真奈美が主演した「のんちゃんのり弁」の台本を
終わりまで読んでしまいました(私、字を読むのがすごく早いのです)。
toshiちゃんお勧めの映画だったので、DVDを借りてみようと思います。

現在、イムズの各飲食店では、期間限定コラボメニューが提供されているそう。
私は「かもめ食堂」のおにぎりがいいなぁ。

AVECのブルー、やっぱり買おう!
[PR]
by mico_nyan | 2012-02-02 23:04 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)

小鹿田まで…

退屈だったのか、オットが「小鹿田の民陶祭に行こう」と誘ってくれました。
出発したのが9時過ぎと遅かったので、久留米から鳥栖あたりが込んで
途中もう帰りたくなりました。(帰省ラッシュと比べると何でもない混み方なんですけどね ^^;)

梨買って、お店を1軒ずつ立ち寄って、1時間ほど里で過ごしました。
きれいな空気を胸いっぱい吸って、満足です。

結局、買ったものはいつもの鳥だけ。
たくさんの中から選んできました。
e0082098_1644382.jpg
可愛いでしょう?
e0082098_16441487.jpg
手作りなのでお顔も1羽1羽違うのです ^^
e0082098_16442495.jpg


そしてその後は、恒例の地元スーパー巡り。こちらの方がメインだったりして ^^;
今回はコレ!
e0082098_16481544.jpg
福岡では見たことのない焼きそばでした。
福岡でもチェーン展開している日田やきそばの「想夫恋(そうふれん)」みたいにできあがるのかな?

日田やきそばは麺を油で揚げ焼きのようにパリパリにして、
もやし、豚肉、ネギと一緒に炒めて、ソースで味付けしています。
具がシンプルかつ麺ともやしが同じくらいなので、わりとあっさりしているんですよ。
しかし、パッケージの日田「風」というのがクセモノです。おまけに「風」の字、ちっちゃいし!

*****

あまりにつつましいのですが、小鹿田で買って来た鳥の箸置きをプレゼントしま~す。
2羽1セットで2名様に。
もしほしいと思ってくださる方がいらっしゃいましたら、コメント欄からご応募ください。
応募者がなければウチの子になりますので、お気遣いは無用ですよ ^^
はじめまして の方もお待ちしています。

締め切りは10月15日(土)にさせていただきます。
少なければ、先着順とさせていただくかもしれませんので、ご了承くださいね。

奇跡的に応募者が3名いらっしゃいましたので、締め切りを早めて10月13日(木)とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。


エントリーを締め切りました。
応募していただいた方、ありがとうございました。

[PR]
by mico_nyan | 2011-10-09 16:49 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(14)

七山村産業祭

今週の日曜日に、佐賀県七山村の産業祭に行ってきました。
オットがラジオでイベント情報をちらりと聞いただけで、
何が行われているかわからないままに車を走らせましたが、
行ってみると農産物やそれを使ったお料理の販売などがされていました。

私たちが到着したのは、始まった1時間後。
めぼしいものはほとんど売れていました。残念。

建物の中に展示コーナーが設けられており、何があるかと見てみると、
賞をとった農産物が生産者の名前とともに飾られていました。
その中の1つ。これ、何だと思いますか。
むかごですよ。む・か・ご。ありえない大きさ。
だってこの紙箱はイチゴパックが4つ入る大きさなんですから。
普通の大きさだったら、左下のむかごの中央のくぼみにちょこんと1粒乗るくらいでしょう。
持ってみると重いのなんのって。入場者はみな足をとめて、目を丸くしていました。どうやって食べるんでしょうね。
山芋の実だから、すりおろして食べるとおいしいのかな?
それとも里芋の子どもみたいにきぬかつぎ風にするとか?
e0082098_238046.jpg
新しょうがの季節です。まだ残っていたので、買いました。
e0082098_2382316.jpg
試食をさせていただいたしょうがのサラダがおいしかったので、早速まねっこ。
きゅうり、パプリカ、しょうがの千切り、タマネギのスライスをたらこマヨネーズであえています。
試食したものは、さきいかが入っていました。不思議な食感でおいしかったです。
「かにかまでもおいしかよ~。でもシーチキンは今ひとつやね」と、教えてもらいました ^^ ^^
e0082098_2383256.jpg
しょうがをたくさん食べた後は、体があったまったような気がします。残りは甘酢づけにしようかな。
でも、もらったレシピの砂糖の量をみて、おじけづいています。

衝撃映像
[PR]
by mico_nyan | 2011-10-05 23:26 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(8)

可愛いお買物

日曜日、所用で東区方面に立ち寄った時に、こんな看板を見つけ、ふらふらと行ってみました。
「極楽霊苑」のほうじゃありませんよ ^^
e0082098_22404439.jpg
住宅や庭の設計・施工をされている会社が経営しているお店のようでした。
入口の周りが私好み!(くまちゃんは別として… ^^;)
ドクダミを下草に使ってあったり、斑入りの植物をアクセントにしたり、
和洋折衷の植物をうまく混在させて、どこにでもある植物を使っているのにすごく雰囲気が良かったです。
帰ってから、早速、斑入りのドクダミをあちこちに株分けして植えました。
e0082098_2243220.jpg

オットが気に入って買ったのは、2つともバードフィーダー。
ひまわり型の方は、蚊取り線香入れにするそうです。
e0082098_2248426.jpg
e0082098_22481360.jpg

私はこれをお買い上げ。
何だと思います?種をまいた時に、種袋をはさんで土にさしておくものだそうです。
もともとプチプライスでしたが、器用な方ならワイヤーで作れそうですね。
私もオットに作らせようと、型紙的に購入したのです。ウフフ。
e0082098_2250827.jpg
ステキなお庭を見るにつれ、我が家のじめっとした庭がうらめしい今日この頃。
宝くじ、当たらんかいな~。
[PR]
by mico_nyan | 2011-06-09 22:53 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(0)
今年は有田陶器市をがっつり見ようと考え、波佐見には足をのばしませんでした。
でも、嬉しいことに波佐見焼の器も見つけました。
今まで、作家さんのブース以外はほとんど立ち寄ったことがなかったのですが、
セレクトショップ的な小売店さんをのぞいたところ、
『陶房青』の器を見つけました。以前購入した『nid』に掲載されていた窯です。
e0082098_86429.jpg
購入したのは、このフリーカップ。
我が家は来客は少なく、それも気の置けないお客様ばかりなので、
あまり改まったものでないお湯飲みがほしいと思っていました。
これだと、デザートや向付にも使えるし、何より色がとても好きだったのです。
e0082098_865797.jpg
ぱきっとした白でなく、優しい色。
八分目で100ccほどの小ぶりなカップです。
もともとのお値段が安いところに、全品3割引の陶器市価格だったので、お得なお買い物でした。

このお店は、和食器のweb shopもされています。お店は『藍土(らんど)』さんです。→
そのせいか、若いカップルが多く、白山陶器の bloomシリーズが飛ぶように売れていました。
[PR]
by mico_nyan | 2011-05-06 08:12 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(0)
ふと眼につき足を止めた、とある作家さんのお店。
陶房708、作家さんのお名前は豊増一雄さん。

絶対に古陶を勉強されている方だとわかるような品揃えでした。
一点一点手に取ってじ~っと眺めていたかったのですが、オットの視線により断念(笑)。
お値段もそれなりでしたので、大物は来年にしようと考え、小さなお皿を購入。
e0082098_18562974.jpg
その後、立ち寄って見学した「九州山口陶磁展」の「産業陶磁器の部」で入賞されていました。
e0082098_18575972.jpg
ツボな作家さんを発見して、また来年の楽しみが増えました ^^
お手軽なネットショップも良いけれど、
自分の足で見つけたストーリーのある器も良いものです。
[PR]
by mico_nyan | 2011-05-04 18:58 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(0)