ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:おでかけ ( 52 ) タグの人気記事

少し前のことですが、イムズホールで大竹しのぶさんのコンサートツアーがあり、
友人に誘われて行きました。
e0082098_11151833.jpg
友人は大竹しのぶさんの大ファンで、自分のことを彼女と似ていると信じ込んでいます(^^;
福岡で彼女と会えることはあまりないことなので、数ヶ月前から行く気マンマン。
私の分もチケットを購入してくれると言っていたのですが、
それでは申し訳ないので自腹をきりました。

大竹しのぶがコンサート? と不思議な気持ちのまま入場しましたが、始まって納得。
コンサートと銘打ったお芝居のような空間を彼女は作り上げていました。
自分で選んだ曲の初めから終わりまでを主人公になって演じ切って唄う彼女。
e0082098_1117443.jpg
小道具のストールで色々な感情を表現したり、間奏の際の表情など、
さすが、女優さん!!と、圧倒されました。

会場にはファンの方が多く(ファン以外は来そうにないですね)、
会場のあちこちではすすり泣きの声。
私の横の50代くらいの女性は最初から最後まで鼻水をすすってました。

コンサートは大きく2部構成になっており、着替えの間に今回のツアーに参加している
ジュスカ・グランペール』というギターとバイオリンのユニットがオリジナルを演奏しました。
その曲が心に響いて、帰ってから早速検索(ネットって、こんな時便利)。
e0082098_1118388.jpg
フランス語で「おじいさんになるまで」という意味のこのユニット。
私の好きなゴンチチから「僕たちを継ぐ二人」とお墨付きをいただいたそう。
活動拠点は関西らしく、今までまるで知りませんでした。早速AmazonでCDを注文。

お気に入りが1つ増えました(^^)

大竹しのぶさんは、久留米市の聖マリア病院に知り合いがいらっしゃり、
そこのホスピスでボランティアコンサートを開いていらっしゃるそう。
彼女の魅力はそんなところからもきているのでしょうね。
[PR]
by mico_nyan | 2009-07-26 11:07 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

東方面へお出かけ

e0082098_19123850.jpg週末にオットが出張から帰ってきたため、
日曜日は車の1ヶ月点検を出しにいくついでに、
その足で東方面にお出かけしてきました。
土曜日にもう1台車が来たため、
2人で1台ずつ運転していき、点検の間、
残った1台であちこち行こうという作戦です。
新しい車は4駆なので、車高が高く、前が見えやすくラクチン。
10年程前、パジェロに乗っていましたが、
その頃のことを思い出しました(^^)

*****

お正月の福袋を買って、一度行ってみたかった流木人さんに。
新宮町ですが、近かったので意外でした。
考えてみると、新宮町は古賀市の手前なのですね。
(福岡の方以外はわからない内容ですね。スミマセン)
外観の撮影さえも忘れてしまいましたので、気になる方はこちら→でどうぞ。
HPの印象から、勝手に古いモノがメインだと思っていましたが、陶器、雑貨、革・布製品などが充実。
2階部分も見せていただきました。置いてある商品よりも、お部屋の作りに興味津々となり、
オットと2人、「いいねぇ、この感じ。車庫のカールーフをとっぱらって鉄骨を組んで、
2階建てにしてこんな部屋を作りたいね」と夢がふくらみました。
廃材をどこかで手に入れて、作ってみたくなるイイ感じのお部屋でした。
写真がないのがかえすがえすも残念(^^;

少しだけお買物しました。
e0082098_6441559.jpg
ワイヤーのランプシェード?とハンドメイドの一輪挿し。
花瓶に花を入れてその上からかぶせたり、鉢にかぶせたり、色々と使えそう。


その後、東区方面のパン屋さんを検索すると、必ずどこかでお目にかかる『フルフル』さんへ。
e0082098_6311842.jpg

駐車場がとても広く、観光バスがとまるんじゃないかと思うほどです。
店内は20人くらいの人でごったがえしていました。
お茶と、ホットーコーヒーの無料サービスがあるため、
買ったパンをテラスで食べている人もたくさん。
お値段は場所柄か、とても庶民価格。天神のパン屋さんの2/3くらいのお値段でした。
めんたいフランスが有名らしく、店内では予約をしてから
焼き上がりを待たないと買えませんでした。
一度に14本焼けるらしいのですが、すでに予約番号は30番台…。やめました。

コーンを練りこんだ食事パンみたいなものと、
ドライフルーツが入ったハード系のパンを買いました。
e0082098_19212120.jpg

ドライフルーツにはクルミがつきものですが、私はナッツアレルギーなので、
いつも指をくわえてみているだけ。このパンはナッツが入っていませんでした。ラッキー!
お味はどちらも優しい万人向け。HPからもそのコンセプトは伝わってきます。
しかし、ホント、人の多さには驚きました。
ブログやその他の口コミだと思うのですが、恐るべし!ですね。

*****

帰るとミーコたんがちょいスネていました。
e0082098_19222095.jpg
こっち向いてよ、ミーコたん。
[PR]
by mico_nyan | 2009-07-20 06:24 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

小鹿田 唐臼祭へ

渋滞を避けて、朝7時に家を出発。
目指すは大分県日田市小鹿田(おんた)の唐臼祭です。
今回2回目。お目当てはなくても、鄙びた里を歩くだけでも楽しい場所です。

現地に到着してほどなく、デジ一の充電がなくなりました。
オットから「どうして前日フル充電しとかないんだ」と、責められるも
「そう思ったなら、あなたがしといてよ」と、鋭いバックハンドスマッシュを決め(笑)、
何とかその場をしのいだ私。でも、この後、激しく後悔することになります。

結局、撮ったのはこの珍しい色のアヤメ?1枚のみ。
e0082098_11205844.jpg
私の人生、ツメが甘い…。

買ったものたち。
e0082098_11223690.jpg
e0082098_21225612.jpg
e0082098_212357.jpg
e0082098_21231450.jpg
今回は自分用には花瓶、小壷、ピッチャー。
オットは小さな植木鉢を2点買っていました。

有田や波佐見の陶器市に人を奪われたのか、昨年の10月よりも人が少な目でした。
最終日だったせいか、品数も少な目。次回からは初日に行こうと思った私でした。

このあと、熊本県へ向かいました。
[PR]
by mico_nyan | 2009-05-06 11:24 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(8)
小鹿田焼きは何でも受け止めてくれそうな懐の深さがありますね。
あけびや庭先のハーブ、何でも合います。
e0082098_18582499.jpg
e0082098_18583424.jpg
器の底に値段をはらず、見えるところにぺたぺたはっているのもこれまた懐の深さなのか。ウフフ(^^)

小石原焼とよく似ていますが、拙い私の感覚では小鹿田の方が少しゆるっ、
そしてのびのびっとした感じがします。
上手くいえないのですが、小石原の方がかっちりとしている感じ。
私はどちらかと言えば小鹿田の方が好きだと感じました。
勝手な感想ですので、全然的を得ていないかもしれません(>_<)
そして、10軒の窯元にもやはり作風の違いはあり、「さっきの窯の方が好きだったね」とか
「ここは模様に元気があるね」など、素人は勝手なことを言いながら進んでいきます。

飛びカンナや刷毛目などの模様に眼をうばわれつつも、来年の春までにじっくり考えようと、
今回はあえてトラディショナルなデザインは購入しませんでした。
来年も行く口実にしようっと。
自分用に買った飴色のお皿はまた後日紹介させてくださいね。

*****

え~っと、それから、いつもブログに遊びに来てくださるみなさんに、私からのささやかなプレゼントを…。
民陶祭で購入したミルクピッチャーと鳥のはしおきです。
ミルクピッチャーに鳥のはしおきを2個つけたものを1セットとして、お2人にプレゼントさせていただきます。
ピッチャーはまだテカテカしていますが、使い込むうちに味わいが出てきそうです。

こちらが① 高さ約6cm、口径約5cm。
e0082098_21274621.jpg

こちらが② 高さ約6cm、口径約6cm。
e0082098_21281896.jpg
そして鳥のはしおきはこちらです。
e0082098_21292065.jpg
鳥は私が選ばせていただきますね。どの子が行くかは着いてからのお楽しみです(^^)
つくりはどれもラフなので、釉薬がムラになっている部分もあることをご了承ください。

以前、有田陶器市プレゼント企画では1つのプレゼントに10名以下の応募でしたので、
今回は2つですから競争率がさらに低くなりますね(^^)
もし、どなたか「もらってあげるわ♪」と思われる方がいらっしゃいましたらどしどしご応募ください。
応募条件は1度でもコメントを下さった方ならどなたでも。
応募締め切りは金曜日の午後9時とさせていただきます。
3日間限定なので、さらに競争率は低いかも…ですね。
①か②、ご希望の番号をそえてご応募お待ちしていま~す。

誰も応募してくれなかったらどうしよう…。

------------------------------------

応募締め切りました。
①はEJさん、すわっちさん、猫犬事務所さん
②はしゅわっちさん、tomoさん、みーしゃんさん、萌さんです。

抽選は週末にして、週明けに発表しますね。
当選なさったには後ほど私が発送先をうかがいにまいります。
それでは、皆さん、楽しみにしててくださいね♪
[PR]
by mico_nyan | 2008-10-13 19:06 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(24)
この日が来るのを数日前から胸をワクワクさせて待っていました。
朝7時に自宅を出発。

e0082098_1725991.jpg途中、口コミでおいしいと評判の
基山PA下りの『かしわうどん』を初めていただきました。
さすがに3連休の中日、まだ8時前というのに、
食堂はいっぱいです。
うどんを頼んだほとんどの人が
かしわうどんを食べていました。

ちょっと私には味が塩からかったかな。
炊いたかしわをトッピングしてあるので、
味付けがスープににしみだしてその分だけが…。

スープ自体はやさしい味でおいしかったです(^^)

オットは家で私が作ってきたオニギリまで食べていました。
よ~し、準備は万端!
[PR]
by mico_nyan | 2008-10-12 17:36 | *ちょっとそこまで | Trackback

涼を求めて…

ゲリラ雨だの何だのいいながら、やはりお出かけしてしまいました。
本日2回目の投稿です。

あまりに暑いので、日向峠のいつものパン屋さん『わかさ農園』に涼を求めてお出かけ。
e0082098_18142325.jpg
e0082098_18143853.jpg
e0082098_18145978.jpg
e0082098_18154878.jpg
e0082098_18165960.jpg
e0082098_1816472.jpg
e0082098_18161663.jpg
ウッドデッキでマンデリンのアイスコーヒーを飲みながら、さわやかな風に吹かれました。
緑が多いので、吹く風が心地よく、いつまでもいたい気分です。
今はぶどうのシーズンなので、おとうさんの作るぶどうが売り物のメインになり、
パンは喫茶&雑貨コーナーにお引越し。

私たちの好きなグルーピーはちゃんとありました♪1個を2人で分けてパクパク。
塩味のきいたこのパン、2人のお気に入りです。
冷凍保存分もお買い上げしました。



[PR]
by mico_nyan | 2008-08-17 17:25 | *まいにち | Trackback

イカが来てくれた

気温がどんどん上がり、福岡は34度になりました。家にいるとクビにタオルが欠かせません。
我が家ではクーラーをつけるのはお風呂上りと就寝前だけとなっているのです。
でも、会社でクーラーの効いた場所にいると、夕方から必ず足がむくんできますので、
それを考えるとこちらの方を選びます。健康をしっかり意識するお年頃です(^^;

*****

朝、出窓から外を除くと、セミがシマトネリコの木にとまっていました。
我が家の庭でセミを見るのは初めて。嬉しい気分です。

e0082098_10373954.jpg

















e0082098_10422052.jpgダンボールで作った堆肥ももういい頃かと、
庭の一角にまきました。
土としっかり混ぜ合わせて二ヶ月くらいおけば、
ふかふかの土の出来上がりです。
ダンボールを置く広い場所さえあれば、
この生ごみ堆肥づくりは本当に便利。
生ゴミがでないのでキッチンで嫌な臭いが
しなくなったし、ゴミ袋を買う頻度が減りました。
我が家では激しい雨が降るとダンボールが
塗れてしまう場所にしか置けないので、
天気予報をチェックして、雨が降りそうな時は
ビニールシートをかけておくなどの手間が
ちょっと大変でした。
一日一回、発酵を促すために中を混ぜ合わせ
ます。その時の森の様なにおいと、
ミニスコップを持った手に伝わってくる
暖かさを感じると、箱の中に生き物がいると
実感しますよ。これはずっと続けられそうな
我が家のエコです♪



*****

e0082098_1191140.jpg






















お昼からはイカランチにお出かけ。
最初は佐賀県唐津市の呼子町に行って、本場のイカを満喫しようかと思っていたのですが、
このところのガソリン高騰により、車で20分くらいの近所のお料理屋さんに変更。
我が家の車はハイオクでおまけにリッター4~5kmくらいしか走りません。
呼子往復を考えると、近所でイカランチが2回食べられるかな…と、ケチな考えがムクムク。
でもお店に行って笑いました。何と『呼子直送』と書いてあったから。
私たちが行かなくてもイカが来てくれてました(^^)
途中でデジカメの電池が切れたので(>_<)、携帯カメラを使ったのですが、
家に帰ってチェックしてみると、使えない画像がたくさん。
よって全品が紹介しきれていません。

イカのわさび和えの小鉢が最初に出てきて、すぐにメインの活きづくりの登場です。
続いてイカと野菜の天ぷら、茶碗蒸し、イカ丼、お吸い物。
イカの活きづくりで食べなかった部分で、てんぷら、煮付け、塩焼きのいずれかを作ってくれます。
私たちは塩焼きをお願いしました。
最後に水羊羹でしめ。最初はういたガソリン代でほかにも食べようと思ってたのですが、
もうおなか一杯。ごちそうさまでした~。

実は、その分で器を購入しちゃいました。
ネットショップなので、まだ届いていませんが、後日ご紹介しますね。
沖縄の作家さんの作品で、可愛いボウルとお皿です(^^)

[PR]
by mico_nyan | 2008-07-20 16:35 | *まいにち | Trackback | Comments(6)

ターシャ・テューダー展

仕事帰りに福岡三越で3日から開催されている『ターシャ・テューダー展』に
行ってきました。
e0082098_215884.jpg
入ってすぐは、ターシャの暮らしぶりがわかる愛用の食器や道具などの展示。
あとはドレスや人形、ぬいぐるみなどが紹介され、ところどころにターシャのパネルが飾ってありました。中ほどにはターシャの庭の一部を再現(?)したスペースも。
e0082098_21595755.jpg
しゃくやくや京がのこなどが意外にもマッチしていたことが驚き。あと、昨日紹介したアスチルベが「これでもか」とばかりに植えられていました(笑)。
本当にこれがターシャの庭の再現なのか、色のイメージで作られただけなのか
定かではありませんが、なかなかいい感じでした。でも、どの植物も鉢物をうまく置いていたので、地植えにしたらこんなに低くはならないでしょうとつっこみたく
なりそうでした。カシワバアジサイなんて見えている部分は50センチくらいしか
ありませんでしたから(^^)私もこんなエントランスのある家に住んでみたいな♪

中盤から後半にかけては、絵本作家としてのターシャの作品の紹介。
e0082098_2262864.jpg
e0082098_2264682.jpg
87歳(!)で描きあげた新作絵本の原画などが展示されていました。
原画の一枚一枚からコーギー犬への愛情が伝わり、ほんわかした気持ちに。
e0082098_22105358.jpg
壷を使ってバターを作っている子どもの絵もよかったし(ネコちゃんがいたし)、
鳥の絵も優しいタッチで好きでした。
ターシャってすごい絵本作家だったんだと再認識。

 『思うとおりに歩めばいいのよ。楽しみは創り出せるものよ。 今がいちばんいい時よ。
   人は自分が置かれている立場をすぐ状況のせいにするけど、私は状況を信じません。
    この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、
     見つからなかったら作り出す人よ。』

    私が好きな言葉です


*画像は「福岡三越スタイル」の「イベント情報」からお借りしました。


[PR]
by mico_nyan | 2008-06-05 22:14 | *まいにち | Trackback | Comments(12)

「そばの木」でランチ

3連休の最終日、急遽オットが休みになったので、
以前から気になっていた那珂川町の「そばの木」でランチすることに決定。
西区から那珂川町まで遠いかなと思っていたけれど、糸島峠を越えて行くと、30分程度で到着。
城南区経由よりもずっと早く着きました。

e0082098_16192148.jpg
11時半のオープンと聞いていたので、一番のりを目指しておなかをすかせてきた私たち。
お店はいまやっとのれんを上げたばかりの様子で、狙い通り最初のお客さんでした。
一風変ったスタイルの建物です。

*****

「そばの木セット」1600円を注文。メニューは「もりそば」900円、鴨南ばん(お値段は表示なし)、
そしてこのセットの3種類だけ。夜になると予約制のイタリアンになるらしい…。
もともとイタリアンのシェフなんだとか。どおりで箸置きがリボンの型をしたパスタだったんだ。
撮影の許可も気持ちよくいただき、はりきる私♪

e0082098_16211192.jpgまずはサラダ
まずくはない、うん、決してまずくはない。
もろイタリアンな味。きちんと作っています。
でも、以前ブログで見た温野菜の盛り合わせを
期待してきたので、少しだけガクッ。










e0082098_16243763.jpg入った時の良い香りはこれだったのかな。おだしのよくきいた薄味のそばの実の雑炊。これ好きですっ!!お米の雑炊しか食べたことなかったので、噛んだ時のねばりけのない、あっさりした食感がとても新鮮で、おかわりしたかったくらい。これ単品で出せば絶対女性に受けるとみた。身体の中からきれいになりそうなお味でした。









e0082098_16305659.jpg続いて白菜のにぎり。わ~、これもおいしい。
薄塩の白菜のお漬物のような食感のネタと
ほのあたたかいシャリの取り合わせが絶妙。
ネタとシャリの間には大葉が挟んであり、
上からは白ゴマとゆずがふられてました。
口に入れたとたん、幸せにひたれるお味です。
家ではきっと作れないだろうなあ。
(画像は二人前です)







e0082098_16364314.jpgじゃじゃ~ん。本日のメインディッシュ、もりそば登場。
オットが先に一口食べて「絶対好きだと思うから早く食べてみて」と言ったほど、私の好みの固さでゆでてありました。おそらく十割そばだと思います。
あとには、もちろんそば湯が。













*****

私たちが食べている間に、1組、また1組と入ってきていました。年代はまちまちでしたが、すべてカップルだったのが印象的。未知の味が楽しめて1600円はお得だと思いました。窓から見える棚田は日本の原風景だな~としみじみ。私の田舎に少し似てたのでちょっぴり感傷的に。秋だからなのね~。
ごちそうさまでした。

*そばの木*
筑紫郡那珂川町字西畑萩の原323-3
092-951-3322



[PR]
by mico_nyan | 2007-09-17 16:03 | *まいにち | Trackback | Comments(6)

佐賀県唐津市へGO!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by mico_nyan | 2007-07-15 23:05