ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ひとりごと ( 16 ) タグの人気記事

冬眠からの目覚め

年度末の仕事が一段落したので、レッスンに行ってきました。
忘れた頃しか行かないお客さんなのに、忙しい合間に時間を作ってくださるコーチに感謝です。

レッスンを始める前に、いつもフォア、バック2~3球ほど軽く打っているのですが、
バックハンドの時にコーチが開口一番「ん?ボールの質が変わりましたね。回転がかかってる」と。
実はレッスンに行っていない間、安定したボールを打つには自分で回転をかけなくてはと
練習の度に意識していました。
自分でも少し変わったかなと思っていたところだったので、指摘されてすごく嬉しかったのです。
自分なりに意識して努力したことを言うと、ちょっとだけ褒めてくれました。(コーチはツンデレなのです)

さて、今回の課題は大きく2つ。
①表ソフトとのバックラリーで打ち負けてしまうこと(ボールを落としてしまうこと)。
②表ソフトのカットマンの球質の変化が分からずに、ブラックホール(笑)に吸い込まれていくこと。

①に関しては、回転をかけることには変わりはないのですが、
抜くドライブと攻めるドライブの2種類を使い分けよとのことでした。
表ソフトのピッチに付き合っていてはダメ。
のんびりゆったりと抜いたドライブボールを返して、
相手のリターンが緩くなった時はすかさず攻めるドライブを、だそうです。

抜くドライブは教えてもらってすぐにできるようになったのですが、
抜くドライブからの攻めるドライブへの転換がうまくいかなくて、宿題になりました。
ついでに、フォア順横下回転サーブのチキータ風(笑)処理も教えてもらい、これも宿題。

②はコーチが「表ソフトのカットマンは本当に難しいんですよ。
おそらくミーコさんが攻めあぐねるカットマンはかなりのレベルだと思いますので(←急にお世辞を言いました)
うまく試合を運ばないと勝てないでしょうね」と、ホワイトボードにボールの変化を書いて説明してくれました。
詳細は割愛しますが、表ソフトにはドライブで攻めていくのが王道。
下手にナックルで攻めると、戻り玉の変化で自滅してしまう。
は~、眼からウロコ。なるほど、でした。
私は今まで自分がフォアドライブをそれほど必要としないタイプだったので、
カットマンに対してもバックドライブからのフォア強打という戦型でやってきたのですが、
この日教えていただいたことを反芻して、カットマン(特に表ソフト)に
フォアドライブを打つ必然性というものを初めて強く感じました。
自分がミスしないように、わかりやすいボールを作るためのドライブということです。
理論を理解すると、ミスしても修正の方法がわかるので、心強いです。

コーチは私に「ミーコさんはガツガツ攻めていっちゃだめ。要所要所は攻めるけれど、
センスのあるプレーを随所にちりばめて」と言います。
センスあるプレーというのは、「小技」や「いなし」のことです。
私はこういうプレーでポイントを取った時の方が嬉しさを感じるタイプ、
かつ、割と得意なので、コーチに色々と教えていただくのが楽しみです。

あ~、久しぶりのレッスン、楽しかったです。
しぼんだ脳に刺激を与えていただき、またやる気が出ました♪

あ、そろそろプラボールの練習も始めなくては!!








[PR]
by mico_nyan | 2015-03-29 15:47 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

悲しすぎる(>_<)

9月の終わりに腱鞘炎が再発してしまいました。
今度こそは自力で治そうと、できるだけ手を使わない生活を心がけたのですが、
どんどん痛みがひどくなったので、今週の初めに病院に行き注射を打ちました。

少しずつ痛みもおさまりはじめ、8~9割はもとに戻ったかと思っていた矢先、
ぎっくり腰に。
不幸中の幸い、立って歩くことはできるのですが、腰が伸びなくて。。。
台風に備えて移動していた鉢類をもとの位置に戻し、掃除が終わり、
手を洗っていた時にです。油断しまくっていました。

今までぎっくり腰になったのは、不用意に椅子から立ち上がった時と
長時間椅子に腰かけ、立ち上がろうと思った時に、すでになっていた時の
2パターンでしたので、立って手を洗うというパターンは「新」です(笑)

本当に、加齢は恐ろしい。。。
想定外のことが起きますね。
e0082098_11434295.jpg
「加齢」つながり(笑)で、アラフィフの私が最近買った本。
着るものがない、似合う服がない、と愕然とする50代のためのバイブル本。らしい。。。
第1章 心がまえ編
第2章 クロゼット見直し編
第3章 ショッピングの鉄則編
第4章 おしゃれ実践編     から成る、オール文字の本です。

「わかるわかる」と思うことが多くて頁が進み、あっという間に読み終わりました。

第1章の心がまえ編では、
・ばったり知り合いに会っても大丈夫な服を着ていますか?
・ファンデーションの厚塗りは今すぐやめよう。
・若作りと若々しさは違います。
などなど、私も実体験から実践していることが書かれていました。
スッピン、ジャージでスーパーに行った時ほど知り合いに会うんですよね。
マーフィーの法則か。。。

あと何度か読んで、しっかり頭に入れたら、
どなたか読みたい方にプレゼントしますよ~。
ただしアラフィフ限定でお願いします ^^

さてさて、痛い腰をひきずりながら、
「若作り」でなく「若々しい」ヘアスタイルにすべく、美容院に行ってまいります。

[PR]
by mico_nyan | 2014-10-18 12:00 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

美容院ジプシー

そろそろ髪の切り時です。
福岡に住み始めてかなりの年月が経ちますが、美容室はなかなか定まりません。

やっと相性の良いスタイリストさんと巡り合えたと思えば
スタイリストさんが辞めたり異動したり、自分が引っ越したり。

現在の地に来て、20年ほど。
自宅の近くは一通り回ってみましたが、今一歩。

それで、この10年くらいは、アパートの一室で完全予約制でやっている
スタイリストさんにお願いしつつ、どこか良いところはないだろうかと物色していました。
もともと、プチエステを目的として通っていた美容室でスタイリストをしていた方が
独立して始めたお店です

でも、少しずつ慣れあいになってしまっているところがあり、
私の方が少しずつ嫌になってきました。
例えば、完全予約制なのに20分も待ったり、
途中で何度も家族の方から携帯に電話が入り、そのたびに作業が中断したり、
家族の愚痴めいたことを聞かされたり…。

でも、他によさそうなお店がないこと、
私には最初から最後まで同じスタイリストさんがやってくれるシステムが
合っていると感じていたので、満足度75点だったらよしとすべきかなと思っていました。

ある日、最寄りの駅の前で、新規オープンした美容室がチラシを配っていました。
チラシの雰囲気がシンプルで好きだったのと、自宅から徒歩2~3分で手軽だったので、
お試しにカットだけに行ってみました。
椅子が2つだけのこじんまりした美容室で、チラシを配っていた30代の男性が
オーナー兼スタイリストさんでした。一人だけのお店で、私的にはラッキー♪

カットの仕上がりはまずまず。お値段も田舎の住宅地価格で、お安めでした。
美容室って一度変えると元のお店に戻りにくいので、変えるのは腰が重いですよね。
でも、中途半端に気に入っている程度だったら、
あら?と思ったタイミングが来たら思い切って変えるのもアリかな。

いい年齢になってきたこともあり「浮気しちゃってました」と涼しい顔で言えそうですから(笑)
また、初対面の方にとって自分がどんな風に映っているのかを
話の中で感じるのは新鮮な発見があります。
新しい自分に出会えるチャンスになるかも!

自分の希望を、今までの経験から拾い出してみました。
技術が一定のレベル以上であることを前提に、
  ・最初から最後まで一人の方にしてもらえる
  ・軽いおしゃべりはしてもいいけれど、適度に距離を置いてくれる
  ・予約時間に正確
  ・お値段そこそこで頻繁に通いやすい
  ・自宅からあまり遠くない
  ・担当者と歳が離れすぎていない
  ・できれば女性(同性の目の方が厳しいので)

こんなんなりました~ ^^

最近メイクアップアーティストの山本浩未さんのヘアスタイルが気になります。
e0082098_2136645.jpg
山本さんってかなりのお歳だとお見受けしますが、ボブが良く似合ってるので、
ボブは若々しく見えるのかな~なんて。
でも、私が真似したら、巨大キノコみたいになりそうです(>_<)
[PR]
by mico_nyan | 2014-10-07 08:00 | *そのほかのこと | Trackback | Comments(0)

またまた腱鞘炎に…

1週間ほど前から、右手の手首付近が痛み始め、
重いものが持てなくなりました。

同じ症状で2度(2年前と3年半前)病院に行き、腱鞘炎と診断されていたので、
今回も同じ病院に行きました。
久しぶりの診療で、土曜日の担当のお医者様が変わっていたため
説明も少し違っていました。

正しくは「狭窄性腱鞘炎」
親指には幾つかの腱というヒモがついており、
そのうちの二本が手首の母指側にある腱鞘の中をいっしょに通りますが、
腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり炎症が起こると、痛みや腫れがでてくるそうです。

妊娠時・産後、更年期の女性、また
スポーツマン(道具を使うスポーツ)や(親)指をよく使う仕事の人にも多いとのこと。

私、ほとんどの条件に当てはまっていました(>_<)
特に、仕事はPCに向かってすることがほとんどなので、変換やスペースキーで
親指を使いっぱなし。

私は、痛みが出てきたら何度でも注射すればいいと思っていましたが
お医者様によると、注射はステロイド系なので、
何度もすると腱が切れる可能性があるので、
これで(3度目)で注射は最後にしたほうが良いと。
知らなかった~、ガッカリ。

次なる手段は手術だそうです。
この注射で完治したいけれど、今までのことを考えると再発の可能性大です。

お医者さまからいただいたパンフレット。
e0082098_7445568.jpg


あれ?と思った時の判断テスト。
e0082098_7455419.jpg
私はこのテストを受けて「ギャッ!」と飛び上がってしまいました。

皆様、親指の使い過ぎはほどほどに~。
[PR]
by mico_nyan | 2014-06-07 13:14 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

6月!

今日から6月。
早い、早い。あっという間に年の半分近く過ぎてしましました。
年末には例のごとく、変わり映えのしない1年だったと嘆いていることでしょう。

ベランダからのPPエレガンスの姿(6月1日現在)
e0082098_12582872.jpg

5月23日の姿はこれだったので、1週間で随分開花しました。
相変わらず、ベランダからしか楽しめません。
e0082098_1315850.jpg


今朝、庭に出ていると、お隣のおばあちゃまが「ドクダミ咲いてるね~」と。
ドクダミの花を焼酎につけた液が虫刺されに効果があるのでやってみたらと
教えていただいたのですが、我が家には一輪しか咲いていないと答えると、
わざわざ自分の庭から花をとってきて手渡してくださいました。
そのお花がこれ。
e0082098_12583676.jpg
しばらくしてお隣との境に行くと、フェンスのところにまたこのくらいのお花が置いてありました。
量が少なかったかなと心配されてまた摘んでくださったのでしょうね。
優しいおばあちゃまです♡

***

昨日、お久しぶりの卓友さんと練習&ランチをしたところ、おしゃべりの中で
「花子とアン」に出演している仲間由紀恵を見ると、私を思い出すとのこと。
もちろん年齢も顔つきも体つきも、全く違うことはお互い了承の上で(笑)、
「雰囲気が似てるのよね~」と。
観たことがないので、番組の中で仲間由紀恵がどのような雰囲気なのか
まるで見当もつきませんが、仲間由紀恵が柳原白蓮役だということは何かで読みました。
で、その柳原白蓮は福岡の炭鉱王伊藤伝衛門との政略結婚の後、年下の社会活動家と駆け落ちし、
メディアを使って夫に絶縁宣言をしたことは、林真理子の『白蓮れんれん』で
読みましたので、激しい感じの女性なのかなぁと、怖くて番組を見る勇気がありません(>_<)

気になるけれど、ダメージを負うのは嫌なので、放置しておこうと思います(笑)


*覚書*
パンダメダカの稚魚孵化
[PR]
by mico_nyan | 2014-06-01 13:15 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

まず一人~

あやしいタイトルです。

へっぽこ部活動では、カットマンが大の苦手といつも言っていますが、
今年はシングルスで3人を倒すと決めました。
もともと試合に出場することが少ない上に、カットマンの生息数(笑)も少ないため、
あまり対戦することがないのです。
ダブルスでは比較的対戦しますが、ツブエさんにおんぶにだっこ。
私は上がってきたボールを取りこぼさないように処理するたけの状態がずっと続いています(>_<)

ついに、今年初めてのシングルス対決の機会がありました。
それは、先週行われた区の団体戦。
…と言っても、お相手は60代の男性。
実は、男女混合の団体戦(ミックスW、女性S、ミックスW、男性Sの順)に男性枠で出場しました。
女性が男性の枠で出場することはルール上OKです。
逆に、ミックスWに男性2人で出場したり、女性Sに男性が出場すると
そうでない方のチームに2点ハンディが与えられます。
ランクは自己申告方式の申し込みの後で本部が調整しますので、
男女が当たったとしても、あまりにひどい試合にはなりませんが、
それでも2点は少ないのでは…と思う私です。

シングルスは各自1人2回までのルールなので、
対戦4チーム中、チーム唯一の男性に、「ここなら勝てる」というチームを
選んでいただき、私はそれ以外のチームに捨て駒として当たることにしました。

カットマンはその2試合のうちの1試合で対戦できました。
フォア裏ソフト、バック1枚粒高さん(バック面はツブエさんと同タイプ♡)。
最初はドキドキしながらボールを打っていたのですが、あまり回転をかけずに
バック面を狙っていくと、チャンスボールがありました。
無理しないで粘ろうと思っていると、気楽になれますね。
後で「すごく余裕を感じたよ。相手の方があせっているように見えた」と
チームの方に言ってもらえました♪
結果、ストレート勝ち。やった~、嬉しい!!

実は、つい最近、カットマンさんに指導を受けたのです。
戦い方や自分の気持ちの持ち方の説明を受けて、少し余裕を持って試合ができました。
九州の年代別ではその方にかなうカットマンさんはいらっしゃらないだろうと思われる方で、
その方が「〇〇です」とおっしゃると「そうなんだろうな」と納得するオーラが全開でした。

アドバイスの内容は、不定期にレッスンを受けている男性コーチさんとほぼ同じ。
でも、実際にボールを受けてくれる方がカットマンさんなので、
ボールを打てば打つほど、自分の自信になってくるような感覚でした。

区の試合の時も、「これはこうだったな」とか「今のボールは教えられたようにできた」とか
考えながらできたので、今までよりは落ち着いていました。。

今更ながら、体幹を鍛えなければいけないということと、
サービスの種類を増やさないといけないということの2点を強く感じました。
自分では早いロングサービスと思っているものが
実はボテボテのサービスだったことに軽くショック。

結局、相手に恵まれ、男性枠のシングルスは2試合とも勝利。
もう1試合は表ソフトのペン男性でした。
このチーム、もうお一方の男性はペンの粒高さんだったので、
こちらと対戦してみたかったと少々残念。
私のチームの方も「ミーコさんと粒高さんとの試合を見てみたかった」と。

粒高対策に関しては、ツブエさんに指導料をいくら払えばいいかわからないほど
お世話になっています。
面と向かってボールを打つことは少ないのですが、ダブルスでの試合の中で
ボールの感覚を少しずつ身につけることができているのだと思います。

逆に、私は何かツブエさんにプレゼントできているものはあるのかな。。。

年内にあと2人倒すために、できるだけカットマンが生息している場所に
出没しようと思っています。応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by mico_nyan | 2014-05-24 07:59 | *そのほかのこと | Trackback | Comments(4)

nice! オヤジギャグ

世界卓球2014。
30数年ぶりに女子決勝進出です。
力の差は歴然としていますが、どれか1試合でもあっと驚く結果になれば。
今日もきっとテレビの前に正座です ^^

それにしても、元日本女子監督 近藤欽司さんの解説はおもしろい。
随所にオヤジギャグを入れ込んできます。
今回のNO1は
「卓球は忙しいスポーツですよ。『ピンポン(貧乏)暇なし』って言うでしょう?」
に決定。
緊迫した場面で、まあよくこのオヤジギャグを使ったなと??

今日も、何か言ってくれることを期待しています。
[PR]
by mico_nyan | 2014-05-05 12:41 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

今年はがんばる!

3月に大きな大会に出場してから、
ほっと気が抜けたことや、会社では年度末の繁忙期ということもあり、
部活動はほとんどできないままでした。

大会出場が決まった後にコーチさんに一度レッスンをお願いし
その時言われた言葉がずっと頭に残っていました。

「ダブルスで出場する気満々だったのに、
 私が試合を壊してしまって、結果シングルスで出場なんて
 皮肉です。。。。」

「ミーコさんが壊したわけじゃないでしょうけど
 僕から言わせてもらえば、二人は厳しい環境で試合していないから
 そういうこともあるのかなと思います。
 もっと厳しい練習、厳しい試合を積んでいかないと、
 二人のボールが通用しない相手といざ対戦すると
 二人でオロオロしているのが目に見えます(笑)
 大体ツブエさんのボールを打ち返せない人との試合を
 勝った負けたということ自体が僕から言わせるとナンセンスです。」

ダブルスは私がツブエさんに頼っているところが大きいのです。
なので、ツブエさんのボールが通用しないとあたふたして
本来の自分のプレーさえもできなくなる私がいます。
コース取りも、ツブエさんが打ちやすいコースを、とか
ボールの質も、ツブエさんが決めやすい回転で戻るボールを、など
常に自分ではなくツブエさん優先で考えていました。
でも、それではダメなんだと。
自分も頑張るからツブエさんにも頑張ってもらわないと
これ以上の進歩は望めないと思いました。

そのことを大会が終わってからツブエさんに話しました。
もしそれで、ツブエさんが「私は今のままでいいわ」と言ったら
ダブルスは解散するくらいの覚悟で。
(私が新しいパートナーを探すという意味ではありません。
 大きな大会はもう目指さなくてもいいという気持ちです。)

すると、ツブエさんも何か考えることがあったようで、
「わかった。私もミーコのコーチさんにレッスンを受けて、
 新しい自分を開拓する。」と。

ツブエさんと知り合ってかれこれ15年程になりますが、
練習嫌い、人に教えてもらうのは嫌いのツブエさんが
そんなことを言うとは驚きでした。

早速私から教えてもらったコーチさんのアドレスにメールをして
レッスンを予約したようです。
とは言え、売れっ子コーチさんなので、4月末にしかとれなかったようですが…。

「まかせてください。今のスタイルを大幅に変えるのではなく
 修正しつつ、もっと相手に効くボールの打ち方を教えます。」と
たのもしいお返事をいただいたようで、本人はワクワクしています。
私もワクワク♪

*****

そんな気持ちで参加した久しぶりのダブルス個人戦の月例会。
「私もがんばるから、ツブエさんもきっちり仕事をしてね。」と言いました。
今まで勝ちはしていたものの、どことなく苦手意識のあったペアと
今回はそんな気持ちなしで対戦できました。
気持ちは点数に比例するのか、一番楽に勝てた試合でした。

セカンドステージへ、手がかけられたかな。
[PR]
by mico_nyan | 2014-04-13 14:27 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

当たった!

イオン系列の「0円にしちゃいます」キャンペーンで
当たっちゃいました。
普段は食料品くらいしか買わないところを、
たまたま立ち寄ったガソリンスタンドの
敷地内にあったイオンで身の回り品をまとめ買い。

オットは系列のガソリン店でのレシート、
私はイオンでの買い物のレシートで参戦。

夫は残念ながらはずれでした。
50人に1人当たるとのことでしたが、
まさか私が当たるとは。。。。。

買った金額と同額をギフトカードでいただきました。
e0082098_7424234.jpg


私にとっては大金です。
e0082098_7462233.jpg

何買おうかな♪
[PR]
by mico_nyan | 2014-04-08 07:43 | *まいにち | Trackback | Comments(10)

4月

1年の4分の1があっという間に過ぎてしまいました。
3月は長いようで短かったなぁ。
「明けない夜はない」と思いつつ頑張りました。
忍耐強いのだけが私の長所かな。。。。
e0082098_757538.jpg
e0082098_7572298.jpg
庭のツバキもそろそろ終わり。
[PR]
by mico_nyan | 2014-04-01 07:57 | *まいにち | Trackback