ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ゆっくり過ごす

仕事が忙しくなり、休みの間も自宅で作業することが多かったのですが、
今日は久しぶりに完全オフ!家事に励んでいます。

衣替えが終わり、またゴミ袋がいくつか出て、すっきりしました。
まだまだ捨てるものを探すぞ~♪

今日の夕食は小石原で買った柚子胡椒を味わうべく、豚汁を作ろうと思っています。
道の駅で買ったもので、今まで「当たり!」と思ったことはなかったのですが、
今回のは期待できそうな香りと色。
世界で一番好き(世界のあちこちに柚子胡椒があるのかどうかはわかりません)なのは、
勤務先の社長の手作りなのですが、ファンが多く、なかなか私まで回ってきません(>_<)
その柚子胡椒と感じが似ているんですよ♪ 楽しみ。

小石原で買った片口のすり鉢。ふわんとした雰囲気が気に入りました。
e0082098_13182512.jpg

このタイプすでに2つありまして、これで、大・中・小の3つに。
e0082098_13183466.jpg

大と中は確か同じ作家さんのものだったと思いますが、ずいぶん前なので、忘れてしまいました。
すぐ割れるものもあるし、縁があるものは何十年も手元に…。この違いって何だろう…。
ちゃんと入れ子になりました ^^
e0082098_13185369.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2010-10-16 10:09 | *まいにち | Trackback | Comments(4)

ふるもの市

久しぶりに出張から帰ったオットとちょっとそこまでお出かけ。

石釜の クラフトの店梅屋 さんの姉妹店 Koya さんで ふるもの市 が開催されていたので、
行ってきました。

佐賀県と福岡県の境あたりにあるこのお店。
以前から気になっていました。
HPをチェックしていて、ふるもの市が開催されるのを知っていたので、
良いタイミングで行けました。

手作り感あふれる小屋の中にはちょこっとしたかわいい ふるもの が置かれていて
お値段もプチプライス。
少しだけお持ち帰りしました。

これは新しいもの。ポストカード入れ。つるすだけでなく、まげて飾ることもできます。
e0082098_21491883.jpg

これから先はふるもの。
ガラスコップの中にある白い花止めは碍子(がいし)。
昔の配線に使われていた陶器の部品。田舎のお家に行けばまだ見られるかも。
e0082098_2151426.jpg
家にあった豆皿(一番手前)とよく似た豆皿があったので2枚購入。
柄も大きさも違いますが、ひし形はあまり見ないのでこれはこれで可愛いかな…と。
e0082098_2153223.jpg
紫色のガラスの小鉢。シャーベットや寒天など入れると映えそうですね。
e0082098_2154556.jpg
ふるものたちは全部で1000円以下。
骨董市などで買うより、ずっとずっとお安いお値段で、申し訳ないくらいでした。

帰りに梅屋さんの方ものぞいてみると、小野哲平さんのお皿がたくさん。
その他に台所回りにあると楽しそうな小物がありました。
時間があまりなく、ささっとしか見れなかったので、次はじっくり手にとって見たいと思います。

浮羽の たねのとなり さんもステキなギャラリーでしたが、家から近いこちらもとても魅力的。
また是非お邪魔しようと思っています。

koyaさんでは、次のイベントは北欧雑貨だとのこと。
e0082098_2234512.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2010-09-20 21:59 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(6)

陶器市のお土産です

受付は終了しました。ありがとうございました。
15日まではこの記事を常にトップに置かせていただきます。


*****

いつも拙いブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。
陶器市のお土産でプチプレゼントを用意しましたので、もし気に入ってくださった方があればご応募ください。

①川口武亮さんの箸置き。丸いタイプはもしかするとお父様の作品かも。
 丸いタイプは1個がマットで1個がつやありです。珍味入れにしてもよさそう。
 2個+2個のセットで1名様。
e0082098_8191049.jpg


②一真窯のしのぎのフリーカップ。白磁と言うよりはクリーム磁?
 下の画像の色味が実物に近いです。白磁より温かみを感じる色味です。
 お水を入れてみると200ccで上が1cm強余りました。 180ccくらいが適量かな?
 2個セットで1名様。
e0082098_8182412.jpg

 太陽の光が透けて見えると雑誌に書いてあったので、すかしてみるとこの通り。 下の部分が光を通しました。
e0082098_8181066.jpg


以上、2名様へのプレゼントです。


応募締め切りは5月15日といたします。
希望の番号をお書きの上、お申し込みください。
いつものことですが、非常に当選確率は高いと思われますので ^^;
ご応募お待ちしております。



[PR]
by mico_nyan | 2010-05-10 01:01 | *そのほかのこと | Trackback | Comments(12)

陶器市のお買物

有田陶器市と波佐見陶器まつりで購入したものは、これです。
あれ?白山陶器の鳥さんが…。白山陶器には行かなかったと書いたはずなのに ^^;
実は5月1日の義父の法事の帰りに、波佐見方面を回って帰り、その際、閉店間近の白山陶器をのぞいてきました。
「好きねえ。」って言わないで~。だって好きなんですから。ウフフ。
e0082098_12381115.jpg

白山陶器の鳥さんの箸おきと、川口武亮さんの箸おきです。
箸おきは並べておくだけでも可愛いので、気に入ったものがみつかると2個ずつ購入しています。
e0082098_12432530.jpg

一真窯の白磁マルチカップ。成形は型で行い、その後職人さんが手でしのぎを入れているということでした。
アップにすると、手仕事の優しさが感じられるような気がしませんか?
e0082098_12455418.jpg
e0082098_1246410.jpg

白山陶器の蓋付マグカップ。庭でコーヒーを飲むことが多いので、ゴミが入らないように蓋付を購入。
思いがけずオットがとても気に入り、自分のもほしいと言い出しました。
軽くて口当たりがよく、持ち手も使いやすいので、買って正解です。
e0082098_1253635.jpg
e0082098_12531873.jpg

川口武亮さんの5寸皿2種類。しのぎの入ったタイプもありましたが、今回は入っていないリム皿にしました。
どちらのタイプもお料理を選ばず、早速活躍してくれています。
e0082098_12581163.jpg
e0082098_12582016.jpg
e0082098_12583287.jpg
e0082098_12584666.jpg

あ、忘れてました。波佐見で可愛い手作り雑貨を売っているテントでのお買物。マスキングテープ立てです。
色は数種類ありましたが、やっぱり白でしょう。 ^^
e0082098_1303411.jpg


お買物は以上?
いえいえ、プレゼントは別に購入していますよ~。それは後ほど ^^
[PR]
by mico_nyan | 2010-05-08 13:03 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)
さてさて、次は長崎県波佐見町に車を走らせます。
お目当ての一真窯さんは、やきもの公園の中に出店という情報だけは得ていたのですが、
場所はどこかわからず。
でも、それほど広い会場ではないので、一つ一つ見ていけばわかるでしょう。
e0082098_1034521.jpg
一真窯さんは以前nidで紹介されていたのを読み、実物を見てみたいと思っていました。

お昼少し過ぎに着いたので、めぼしい駐車場は満車。
でも運良く1台だけ出て行ったところに入ることができて、係の人から「運がよかったですね」と言われました ^^
そこから会場までは徒歩5分ほど。こんなのどかな景色の中に、つんととんがったテントが並んでいます。
e0082098_10371360.jpg
e0082098_10544824.jpg

お昼どきだったので、公園のあちことでは手作りのお弁当を広げる人の姿が。
有田陶器市ではこんなことはちょっと無理かな。
お弁当を食べている人たちが座っているところは、階段になっているので、腰かけるのにちょうどよく、
誰も「邪魔なんですが…」という雰囲気をかもし出さずに、空いているところを通行しているのが、
とても良い雰囲気でした。
e0082098_10405768.jpg

まずぐるりと外側を歩いてみると、ちょうど1周してから戻ってきたときに、
入っていった場所のすぐ隣側にブースがあったことに気がつきました。
1軒左を見ればあったのに…。アハハ ^^
これがそうです。右側の赤いジャケットの方が一真窯の真崎さん。
お客さんと軽口を言い合いながら、商品を売っている姿は職人というより商人。
気さくなオジちゃんという感じでした。
e0082098_10455894.jpg

こんなお品が並んでいます。
e0082098_1050636.jpg

寄ってみましょうか。
e0082098_10482247.jpg
どれも半額ほどで売られていました。
ここにもファンがいると見えて、真崎さんと色々お話されていました。
この窯は白山陶器のように、デザイナーさんがいて、型で成形して…と、分業制になっているようです。
ただ、真崎さんが追求したのは『手作り感』のある器だとか。
その結果、型で成形した素地に手作りで模様を加えているそうなんです。
大量生産をしやすいためか、ここにあった商品は比較的廉価なものが多く、
お客さんも色々と買い込んでいました。
もともと、波佐見焼は日常使いの器として発展していったものなので、
白山陶器にしても購入しやすいお値段のものが多いですよね。

色々見て回って思ったことは、『時代が自分に寄り添ってくれることはない』ということ。
自分の作りたい物が商品となって市場に出回るには、自分がその時々のニーズをリサーチして、
それに乗っからないとダメなんだろうなって。

自分から営業をかけて、人気店に置いてもらえれば…。
あともう1mmこのラインが細かったら(太かったら)、このリムがあと1cm広かったら(狭かったら)、
この角度がもう少し大き(小さ)ければ、というお客さんの声を拾うことができれば…。
こちらから情報発信をして、色々な提案をしていければ…。

そんな積み重ねで人気作家さんはできていくんだと思いました。
もしかして、「できていく」のではなく「作られていく」のかもしれないですね。
ネットショップに作品が更新されるや、わずか数分で完売してしまう作家さんがいます。
そんな作家さんだからこそ、技術以外の日々の勉強も欠かされていないんだろうと思います。

一方、有田陶器市でしか顔や作品が見れず、普段は受注生産だけをしている同年代の作家さんがいます。
作品は本当に素晴らしいのですが、商業ベースに全然のっかっていません。
お値段はそれなりにしますが、もっと知られて良い方なのに…って、残念です。
でも、残念に思っているのは私だけで、本人はきっとどうってことないんだと思います。ウフフ。
人生色々ですよね。

今回、白山陶器はスルーしました。
なぜなら、やきもの公園に入る前に通った白山陶器のテントではカゴを持ったレジ待ちの人が
道路まであふれていたから。
後でネットで見たら、その時間は1時間待ちだったとか。
行かなくてよかった。ほっ!

帰りに通った橋につけられていた飾り。やきもののまちらしいですね。
e0082098_11145995.jpg


2回にわたる記事を読んでいただき、ありがとうございました。
恒例(?)の『陶器市おみやげ』&『もう少しで6万ヒット』企画で、ちっちゃいプレゼントを用意しました。
詳細はもう少しお待ちくださいね。

あ、戦利品も後ほど紹介させてください ^^
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-30 09:24 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)
29日から佐賀県有田町で陶器市が始まりました。
期間中には100万人ほどが訪れるという、九州では『博多どんたく』の次に集客力のあるイベントです。

ここ数年はご無沙汰でしたけれど、
今回、有田では川口武亮さんを、
その後、長崎県波佐見町の波佐見陶器祭りでは一真窯をお目当てに出かけました。 ^^

自宅を出発したのは7時15分頃。行きは有料道路を使い、唐津~伊万里~有田まで走ります。
それほど混むこともなく、9時前には有田に到着。
駐車場は会場に近くなると1000円(終日)になるため、
ケチケチ夫婦は少し離れている500円の駐車場に停め、日頃の運動不足を解消すべく歩き出しました。
e0082098_864084.jpg
奥に見えるのが有田駅。
車で来る人の方が多いのか、列車の時間があまり頻繁でないのか、駅のあたりは静かでした。
横断幕の下に『香蘭社』ののぼりが見えますね。『深川製磁』と並ぶ有田の二大ブランドです。
佐賀県内の50代以上の家庭の88%には一つは置いてあるブランドです(ミーコ総研調)。
期間中は第7会場(もっとあるかも)ほどの会場で、お客さんもたくさんやってきます。
ギャラリーや店舗、工場などまでオープンにして売っているんですよ ^^

比較的時間が早かったのであまり人波にもまれることもなく、
さらにお天気も陶器市日和の、歩いているとちょうどいい暖かさになるくらいの気温でした。

粉引LOVEのお友達miyaさんからお店の場所はリサーチしていたので、そこを目指して一直線。
『○○から○○までの右側のどこかにあるから』と結構アバウトな教え方をしてもらっていたのですが、
すぐに分かりました。
そこだけ、時間がとまっているような静かな空間でした。許可をいただいて撮影しました。
e0082098_8151795.jpg
ちょっとした個展です。
e0082098_8153218.jpg
e0082098_8154893.jpg
トレイの中には川口さんの定番といってよい『しのぎ』のお皿があります。
e0082098_8162171.jpg
こちらは川口さんのお父様『かわたけ窯』の作品。同じような花を生けても外側で印象ががらりと違います。
お父様もやはりしのぎ ^^
e0082098_816777.jpg
ご夫婦の姿もパチリ。想像していたよりもお若かったです。
e0082098_8252753.jpg
こんな空き店舗で期間中は営業しているんですよ。
○○ストアーと読めるので、きっと小さなスーパーだったのでしょう。
有田陶器市の期間中しか行ったことがないので、普段のまちを見るときっとひっそりとしていて驚くだろうなぁ。
外に並べられている作品も川口さんやかわたけ窯の作品。こちらはB級品や廃盤モノなので、
店内よりもさらにお安く、半額以下で売られていました。
e0082098_8335267.jpg
こちらは、川口さんのお店のすぐ隣にある、窯業大学の卒業生ばかりが集まったコーナー。
まだ作品も少なく、初々しい方がたくさん。がんばってこの仕事で食べていってほしいものです。

そこから先は行かず、今度は逆サイドをちらちらと見ながら元の場所に戻りました。
途中「ん?」と目をひいた作品もいくつかありましたが、名刺を見せていただくと全員が有田の方ではありませんでした。
もしかすると、有田窯業大学の卒業生で、県外で活動していらっしゃる方たちなのかもしれませんね。

この後駐車場まで戻り、一路長崎県波佐見町に向かいました。
佐賀県~長崎県というと、すごく移動しているように感じますか?
実は、波佐見町は有田町から車でわずか20~30分のところにあるんです ^^

波佐見陶器祭の様子はこの次の記事でアップしますね。
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-29 18:58 | *ちょっとそこまで | Trackback
以前から気になっていた、『クラブハリエ』のバームクーヘン。偶然に知人からいただきました。
e0082098_2044929.jpg
私が知っているバームクーヘンとは違う、ふんわり、しっとりした感触。
植物油を使っているのかなと思わせるような軽い味でした。
甘さはそれほどきつくなく、お砂糖も薄く控えめにかけてありました。
柔らかいものが好きな日本人向けにうまくアレンジしたから人気が出たんでしょうね。
もう一つ気になっている『ねんりん屋』も、こんなお味なのかなぁ。
e0082098_20441790.jpg
お皿は石田辰郎さんの。
このお皿は福岡県うきは市の「ぶどうのたね」で購入したのですが、
石田さんは偶然にも私の住んでいるところから目と鼻の先、糸島市で作陶活動をされているとのこと。
唐津で学ばれたそうです。
新しい器なのに、古色の味わいがあるところにひかれました。
料理を選びそうでいながら、とても料理映えがする器で、ただいまお気に入り度NO1なのです。
この先、石田さんの器が食器棚に増えそうな予感がします ^^
[PR]
by mico_nyan | 2010-04-21 20:44 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

お家探訪③

最後は器紹介、なんて言っておきながら、画像を確認するとあまり写していませんでした。
楽しみにしてくださっていた方、ごめんなさい。
miyaさんは粉引が好きで、見える場所に出してある器は粉引きばかり。
私は粉引も好きだけれど、陶器全般好きで、磁器も好き。
「粉引」一本に絞った好みはそれはそれは圧倒されました。

亀田大介さんの器。粉引の中ではこの作家さんが一番好きと言ってました。
e0082098_2212246.jpg
最近仲間入りした福永芳治さんの器。とっても人気な作家さんだそうです。私は勉強不足で知りませんでした。
粉引の6寸皿は、下北沢のチクテカフェでマフィンやサラダを盛る器として使用されているということです。
e0082098_2214522.jpg
これは多分古道具屋さんで買ったものだわ。
e0082098_2222284.jpg
小谷田潤さんのポット。
e0082098_2224497.jpg
おやつは手作りのチーズケーキ。C&Sは後藤義国さん。
ごちそうさまでした。
e0082098_2232112.jpg
器や古道具の話をしてると時間はつきません。
初めてのお家なのに何度も来たことがあるような気がするのは、
好きなものがたくさんつまっているからなのでしょうね。
e0082098_224099.jpg


次回は、miyaさんご用達の古道具屋さんに連れて行ってもらう約束をしました。
太宰府から1時間弱の場所にあるということ。
楽しみです。私も小ぶりの水屋や棚がほしいので、行くときはへそくりを握り締めていかなくっちゃ!!

*****

最寄の駅まで送っていてもらう途中、いい感じの雑貨屋さんに連れて行ってもらいました。
ワイヤーや流木、古木などを使った、ストライクど真ん中の「はりがね」さんと言うお店です。
ここで、買ったものは改めて紹介させていただきますね。
あ、miyaさんからいただいたお土産も  ^^

「はりがね」さんのHPはこちら→
[PR]
by mico_nyan | 2009-12-20 09:57 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)

新しいレンズ

カメラのことで、何かあるたびにSOSを出すと、すぐに親切丁寧にアドバイスをくださる
ちびすけさんのオススメで、2つ目のレンズ(SIGMA 30mm f1.4 EX DC)を購入しました。
今までは、SIGMA 50mm f2.8 EX DG MACROを使っていました。
ちびすけさん、いつもありがとうございます。

お初の画像ですが、今までのものと違いはわかりますか~ ^^;
何となく今までより画像にニュアンスが出てきたような気がします。
レンズを生かすも殺すもこれからの勉強次第ですので、がんばります!
e0082098_1242345.jpg
e0082098_1243755.jpg
手ブレする時はISOを上げた方がいいのですよね。&これからはチビ三脚をつかいましょう。

ダカフェ日記への道は遠し (>_<)

昨日は珍しくお客様がいらしたのですが、ミーコたんはとてもお利口さんで、自分から近づき、
ごあいさつしていました。今までこんなことはなかったのですが…。
この頃どことなく、わがままさがなくなった気がします。
ロッタの身体をなめてやったり、ロッタがケージの中で鳴いていると、前まで行って、
じっとのぞきこんでやったりして、お姉さんらしい動作が見られます。
そんな光景を見ると、ほのぼの、じ~んとする私です。

e0082098_1244444.jpg
月曜日の朝ごはんは、赤米入りおにぎり、隣のおばあちゃまからいただいた奈良漬、
かぶのポタージュ、三年番茶でした。
おにぎりが乗っているしのぎのお皿は後藤義国さん作です。
どこまでもしのぎフェチな私 ^^;
[PR]
by mico_nyan | 2009-11-23 12:09 | *まいにち | Comments(8)
先日紹介した小壷以外に購入したものはこれ。
しのぎのカップとお皿。
e0082098_842176.jpg
シャープになりすぎない、優しい雰囲気は、ぽてっとしたカップの形のせい?
e0082098_843059.jpg
お皿も見えない裏側にしのぎが入っています。
e0082098_843917.jpg
お皿を裏返すと、「ほほ~っ」となります(^^)
e0082098_844798.jpg
同じお皿に、こちらは面取りのカップ。少し古い作品ということで、お安くしていただきました。
e0082098_845716.jpg
鹿児島名物かるかんと、豆乳オレを早速いただきました。
e0082098_85549.jpg

使い込んで、とろ~んとした感じを出したいと思います。
[PR]
by mico_nyan | 2009-10-31 08:10 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(6)