ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

陶器まつりレポ

うつわやブログ

ある日、何かの拍子でたどりついたブログ。同じ福岡県にお住まいの、作家さんのブログでした。

わたしが陶磁器が好きになったきっかけは、有田の染付けから。
そして、歴史を知っていくうちに、初期伊万里や李朝の器がとても好きになりました。
そんな古陶磁をモチーフにした、素朴で味わいのある器を作っていらっしゃる伊藤明美さん。
彼女の作品が直方市の高取焼き陶器まつりで、直接見られると知り、行ってみたくなりました。

当日は、夕方福岡に用があったため、あまり長くいられなかったのですが、
道に迷いながらも、ほぼ予定通りに到着。
高取焼きの窯元さんは工房での展示、そして、伊藤さんと器工房さんが公民館での展示、
計5軒の陶器まつりです ^^
会場の公民館は古い建物で、昔の小学校の分校のような懐かしさが漂う、いい場所でした。

腕がないので、器の良さが出ていませんが、ご覧下さい。
e0082098_22302289.jpg
とろんとした白磁。
e0082098_21233021.jpg
ザクロが映えますね。
e0082098_22305643.jpg
e0082098_21294394.jpg
李朝、三島でいいのかな?
e0082098_22314691.jpg
鉄壁の組み合わせ。ステキ!
e0082098_22315885.jpg
お茶のたしなみがあれば、連れて帰りたかった。私じゃ育ててあげられないからな~。
e0082098_22322262.jpg
e0082098_22323221.jpg
お料理も草花も、見立て次第で器って使えるんですね。
e0082098_22324334.jpg

側にはっぴを着てたっていらっしゃった女性に「作家さんは来ていらっしゃるのですか?」と尋ねると、
その方が伊藤さんでした ^^
勝手な私の思い込みで、シャープでストイックな女性をイメージしていましたが、
ふんわか穏やかな可愛い方でした。お話も楽しかった~。
器の写真は快くOKしてくださったのですが、顔出しは「だめです~」って言われちゃいました ^^
もっとじっくり拝見したかったのですが、何しろ帰る時間も迫っていたので、後ろ髪をひかれるように
会場を去りました。
もう1つの窯元さんの作品もすごくよかったので、もし機会があれば、いえいえ、また機会を作って
訪れたいと思います。

奥のタタミの部屋では、作家さんの器つき昼食1500円という企画も。
え~ん、食べたかったよ~!!

こんな偶然の出会いもあるなんて、ブログに感謝デス!

【購入したものその1】
e0082098_21492464.jpg
器をいくつか買って、さあ帰りましょうと駐車場の横のテントを通ると、ここにも伊藤さんの器が。
お茶道具として作られたけれど、釉薬が中にかかっていなかったのでお安く売っていますとのこと。
花入れか、会社でペン立てに使おうと思い、いただきました。
このとろ~んとした肌に弱いんですよ。

他に購入したものは後ほどアップしますね♪
[PR]
by mico_nyan | 2009-10-26 21:22 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(8)
e0082098_20304668.jpg日曜日に玄米の新米を買いに行ったJAで
生のタコを見つけたので、タコ飯を炊いてみました。
レシピでは2合にタコ200gとありましたが、
買ったタコは110gのミニサイズ。
よって少々タコ少な目です(^^; 
塩でモミモミしてぬめりを取るのが楽しいですね。
しょうがを効かせたのが味のアクセントになり、
おいしかったです。
はっきり写っていませんが、
この器は友人が夫婦茶碗としてプレゼントしてくれたもの。
以前同僚であった友人は、陶芸家でなく
器職人を目指すんだと、いっときは居酒屋さんやお料理屋さんに
器をおさめていたほどだったのに、ある日突然、風水にはまり、
今は自宅で風水占いをやっています。
生真面目な人だけに、はまると深いみたいデス。

*****

e0082098_22231927.jpgオットが出張先の旅館でもらってきたパンフレット。
天草大陶磁器展というそそられるイベントが
10/31~11/4で開催されます。
余宮隆さんや丸尾焼など、私も知っている窯元さんが出展♪
天草は陶石の産地で、
九州ではほかにあまり取れないのじゃなかったかな。
有田焼ももう有田では陶石は出ないので、
他の産地のを使っていると聞いたことがあるような…。
(間違っていたらごめんなさい)
片道約4時間の日帰りはちょっときついですよね~。
行くとしたら泊りがけ。悩むところです。

*このパンフレット、A4で6ページ分あり、とてもきちんと作られてました。
 このイベントへの力の入れようがわかったので、行きたいという気持ちがムクムク。



[PR]
by mico_nyan | 2009-10-19 22:15 | *まいにち | Trackback | Comments(6)

部屋の模様替え

先日の片付けブーム(?)がまだまだ終わらず、
今日は2階のパソコン部屋の模様替えをしています。
約6畳の横長い部屋ですが、現在は長い辺の方に同じ机を2つ並べています。
腰高の窓がつぶれるようなレイアウトになり、せっかく窓につけている
フラワーボックスが全然活用されていないのです。
サイズを測ったらギリギリ入りそうなので、短い辺の方に机を並べることにしました。

あとは、年末のチャリティ卓球大会に景品として出す物を大袋に詰めたので、
またまたスッキリ。
お中元やお歳暮、そして小さな大会の賞品でいただいたタオルやソックス、
ラケットケースやバッグなどが、1年の間に結構たまっていました。
そして、本をリサイクルステーションに持っていけば、かなりスペースが生まれます(^^)
本を処分するのは勇気が必要でしたが、本のスペースはこれだけ!と決めると
優先順位で、おのずと残す本が決められてきます。
読みたい本があれば、図書館で借りるなどして工夫をしなければ…。うん!

*****

小鹿田で、私が川に降りて苔の写真を撮っていた時に、
オットが「帽子がかわいかろ~」と林で拾ってきてくれたどんぐり。
こんなところが好きなんですよね~。ウフフ♪
骨董と呼べるほど古くありませんが、私よりは多分古い(笑)、お皿に入れています。
e0082098_10381269.jpg
ナメクジに痛めつけられながらも花を咲かせたスミレ。
左側に伸びる種の茎がシュールでしょう(^^)なぜにこんなに太いのか?
e0082098_10443098.jpg
秋になり、ますます元気な緋メダカたち。
悲しいことに白メダカは全員お☆サマになってしまいました(>_<)
もう新しいメダカは飼わずに、今残っている子たちを大切に育てようと思っています。
庭に出ると蚊がまとわりついてくるのですが、
その蚊を捕獲して水の中に入れてやると、メダカたちは喜んで食べています。
ボウフラを食べるから、蚊も食べるかも…と思い試してみたところ、ちょうど良いおやつになりました。
こうなると蚊捕獲もガゼンやる気が出てきます(^^)
e0082098_1045537.jpg

[PR]
by mico_nyan | 2009-10-18 10:51 | *まいにち | Trackback | Comments(4)
小鹿田に早く着いたので、窯元を一回りしてもまだ10時少し過ぎ。
これなら、小石原も回れるかもと、生まれて初めての小石原へ行きました。
途中ぶらぶらしながら、1時間かけて到着!
しかし、下調べも何もしていないので、とりあえずは、道の駅のようなところへ行くことに。
e0082098_21235367.jpg
道の駅の駐車場はすでに満車(左下のプラカードでわかりますね)。
数百メートル離れた広場に停めて、そこから再度道の駅を目指しました。
小鹿田と比べて車が多いし、人も多いので(と言っても、有田の陶器市と比べれば比較にならないほど
少ないのですが…)疲れてしまい、「もういいよね~」と、早々に退散。
小石原焼きはお土産にほんの少しだけ購入しただけです。
それも、車を停めた場所でこじんまりやっていた直売所で (^^;

ここまで来てもまだ花を撮っている私。でも、立ち枯れた色がきれいでしょう?
e0082098_21285561.jpg

帰りは、高速を使わずに、うきはや朝倉などを通り、のんびりドライブ。
時々、道の駅により、食べ物を購入しつつ、福岡に戻りました。
日田から筑後にかけては果物(特にカキ、ぶどう)が激安! 
果物好きのオットは眼をキラキラ。
柿を買いたくてしょうがなかったようですが、またすぐに出張があるため、
腐らせるのはもったいない(私が食べない)と、断念していました。

戦利品はコチラ。
[PR]
by mico_nyan | 2009-10-12 21:34 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)

やちむん来たる

沖縄に行けない憂さ晴らしなどと、勝手に理由をつけて、やちむんをポチっちゃいました。

8寸のカレー皿。二人暮らしの我が家では、揚げ物や煮物を盛り付けるのによさそうです。
おいなりさんだってどか~んと乗りそうですね。
e0082098_1139185.jpg
3.5寸のマカイ。酢の物(もずくサイコー!)、和え物などに重宝しそうです。
もちろん小食の人のお茶碗としても(^^) ウチにはいませんけどね…。
e0082098_11393082.jpg


…と、言いながら、カレー皿はオットのお昼のお蕎麦用に使われています。
食べかけなので、お見苦しくて申し訳ありません
「撮るよ~」と言うと、あわててプチトマトを一列に並べるオット。だめだ、こりゃ ^^; 
今年はプチトマトがあまり収穫できませんでした。画像の大きさのものが、20個ほど。
e0082098_11453240.jpg

こちらは、とある日の質素な夕食。いつも茶色な献立の我が家。
実家からもらってきたナスで揚げびたしと辛子和え。
義姉からいただいた白ゴーヤのサラダはマカイに盛りました。
それから、先日おいしかったので作ってみたゴーヤの甘酢しょうゆ漬け。
オットはさらに馬刺です。
マカイと比較した、オットと私のお茶碗の大きさの違いを見てやってください ^^;
e0082098_11513239.jpg
e0082098_11543137.jpg

お鍋炊飯も少しずつ慣れてきました。
[PR]
by mico_nyan | 2009-08-18 22:01 | *まいにち | Trackback | Comments(8)

新しい仲間がやってきた

加藤仁志さん 白磁鎬6寸リム皿
e0082098_21382759.jpg
e0082098_21383548.jpg
川口武亮さん 粉引片口
e0082098_2139269.jpg
e0082098_21393442.jpg


ようこそ、我が家へ!
[PR]
by mico_nyan | 2009-08-08 08:25 | *まいにち | Trackback | Comments(6)
とくダネで「小倉さんは夏休み」と言ってた。よく考えてみるともう世の中夏まっさかり。
福岡は梅雨が上がっていないので、まだ自分としては6月くらいの感覚でした。
もうすぐ7/12月が終わり。

歳をとるごとに1年たつのがあっという間。
島田紳助が「毎日毎日同じことをしていると時間はあっという間に過ぎる
子どもの1日が長いのは、新しいことばかりだから。
大人も何か新しいことを始めると1日の経つのが遅く感じる」と言っていた。

あ~、何か始めてみるかなぁ。

蒸し蒸しして暑い日が続くと、陶器でなく磁器が使いたくなります。
e0082098_22185312.jpg
いっとき染付の磁器ばかり集めていた時期がありました。

これは、有田で作陶をしていらっしゃる男性の作品。古伊万里の研究もしていると聞いたような…。
お店を持っているわけではなく、陶器市の時しか出会えない方。
作品は主に古伊万里の写し。全部手描きなので、図柄に温かみを感じます。
動物の顔がキュートでしょう?

20~30枚あるので、また紹介しますね。

e0082098_22232755.jpge0082098_22234436.jpg























e0082098_22235540.jpg
[PR]
by mico_nyan | 2009-07-28 21:21 | *まいにち | Trackback | Comments(6)

小鹿田 唐臼祭へ

渋滞を避けて、朝7時に家を出発。
目指すは大分県日田市小鹿田(おんた)の唐臼祭です。
今回2回目。お目当てはなくても、鄙びた里を歩くだけでも楽しい場所です。

現地に到着してほどなく、デジ一の充電がなくなりました。
オットから「どうして前日フル充電しとかないんだ」と、責められるも
「そう思ったなら、あなたがしといてよ」と、鋭いバックハンドスマッシュを決め(笑)、
何とかその場をしのいだ私。でも、この後、激しく後悔することになります。

結局、撮ったのはこの珍しい色のアヤメ?1枚のみ。
e0082098_11205844.jpg
私の人生、ツメが甘い…。

買ったものたち。
e0082098_11223690.jpg
e0082098_21225612.jpg
e0082098_212357.jpg
e0082098_21231450.jpg
今回は自分用には花瓶、小壷、ピッチャー。
オットは小さな植木鉢を2点買っていました。

有田や波佐見の陶器市に人を奪われたのか、昨年の10月よりも人が少な目でした。
最終日だったせいか、品数も少な目。次回からは初日に行こうと思った私でした。

このあと、熊本県へ向かいました。
[PR]
by mico_nyan | 2009-05-06 11:24 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(8)

わかさ農園で買った器

蓋もの、片口、耳つき…。こんな器に弱い私。
とりあえず、蓋がついていたら、開けてみないと気がすみません。
e0082098_2013519.jpg
e0082098_20145956.jpg
お家に連れて帰って、入れたものは…。
e0082098_20143944.jpg
手作りらっきょ。ちょこちょこしか食べないので、全然減らず、色がどんどん琥珀色に。
これは3年モノ。
フライを食べる時に、マヨネーズにこれをきざんで入れると、
即席タルタルソースのできあがり!です。

*****

日曜日に行った時に、オットが携帯で店内を撮ってくれてました。
私の携帯は200万画素なので、携帯機能はついていないも一緒。
今度買い換える時はもう少し画素数の高いものにしたいです(>_<)
e0082098_20235053.jpg
山の中腹なので、まだまだ寒く、暖炉が活躍していました。
燃やす木材は、周りの山の中からお父さんが切り出しています。
この中で、お茶したり、雑貨を見たり、景色を眺めたりして、の~んびり過ごすのが好き。
[PR]
by mico_nyan | 2009-03-16 20:24 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(7)

Kさんの食器棚

あちこちのブログでも紹介されている、伊藤まさこさんの『あの人の食器棚』。
年度末になってから、アルバイトに来て下さっているKさんから貸して頂きました。
e0082098_22225330.jpg

以前から自宅でのお仕事を時々お願いしていたので、
来社時にあいさつくらいはしていたのですが、
自宅でのテープ起こしをお願いした折に、色々と説明をしていた私に、
「Nさんは無印が好きでしょう?私もなんですよ」と話しかけてこられたのがきっかけ。

話してみると、無印が好きなこと、器が好きなこと、雑貨が好きなこと、
ソーイングが好きなこと、共通の趣味がたくさんありました。
彼女は器に関する本が大好きなようで、私が「こんな本が出たよ」って言うと、
先週末に早速注文して、週明けに私に貸してくれました。

「素敵ね~。いいね~」とうっとりしていう彼女でしたが、うん?ちょっと待って(^^)
そう言えば、パソコンのメアドを交換した時に、
「粉引フェチの私のコレクションをみてください」って
食器棚の画像を送ってくれた画像があるはず…。
Kさんの食器棚もステキ。本の間にこの食器棚が載せられていても違和感なし。
e0082098_23124923.jpg
川口武亮さんや後藤義国さん。
「もったいなくて、お客さんが来た時しか出してないの♪」
これは、彼女の『マイ食器棚』。家族用、普段用は別にあるらしい…。
e0082098_2149587.jpg
そして、残念なことに、
彼女はそれほど料理を作るのが好きでないことが判明。
ああ~、もったいない。器が泣いてますよ~!!
[PR]
by mico_nyan | 2009-03-12 21:57 | *まいにち | Trackback | Comments(4)