ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Made in TSUBAME


メイド・イン・ツバメの、スプーンです。


e0082098_21355619.jpg

Made in TSUBAME」というのは、金属製品で有名な新潟県燕地域の製品であることを

証明するマークで、燕商工会議所で認定しています。

BEAMS」や「h concept」、「KEN OKUYAMA」などのブランドとのコラボアイテムなども

展開されています。

某カレーチェーン店でもプレゼントされていたようですね。

これがその認証マーク。


e0082098_21354831.jpg


このスプーンは、100円ショップのナチュラルキッチンで購入。

カイ・ボイスンのスプーンも燕市で作られているようですが、

ずいぶんお値段が違います。素材も当然違うのでしょうけれど。

でも、100円(正確には108円)でMade in Japanは素晴らしいですね。

買ったのはティースプーンだけですが、商品としてはナイフやフォーク、

大きいスプーンやスープスプーンもありました。

--------


今まで気がつかなかったけれど、簡単にフォントを変えることができました。

これからは、気分によって使い分けてみます^^



[PR]
by mico_nyan | 2017-03-08 21:18 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

鳥集合①

酉年にちなんで、箸置き以外の我が家の鳥たちを撮ってみました。
特に鳥を集めているわけではないのに、生物系は鳥が多いことに
自分で驚いています^^

この2つはどちらも佐賀県鹿島市の郷土玩具『のごみ人形』。
左側は今年のお正月に購入したもの、
右はかちがらす と佐賀で呼ばれている かささぎ です。
こういった、ちょっと悪い顔をしているものに手が伸びてしまいます。

e0082098_20563312.jpg

これは、鹿島市の祐徳稲荷の参道にあった古物屋さんで見つけた鳩笛。

e0082098_20565382.jpg

これは福津市の筑前津屋崎人形工房で作られたモマ笛。
モマとはふくろうのこと。
私は最初見た時に、ふぐだと思いこんでいました^^

e0082098_20571697.jpg

こちらは、長野県の郷土玩具、鳩車。
本来はアケビのつるで作られるものだそうですが、
私が持っているものは、小さいレプリカです。

e0082098_20573410.jpg

自分の持っているものを並べてみると、やはり和モノが好きなんだと改めて実感。

今の私の野望(笑)は、実家の母やその友人に、
注連縄や年中飾れるわら細工を作ってもらい、販売すること。
行きつけの美容室のオーナーさんが「置いてあげるよ」と言ってくれているので、
デザインを少し工夫して、試作してもらおうと思っています。
作り手と買い手がどちらも楽しめるようなモノの仲立ちができれば。。。
夢で終わらせないように、少しずつでも動きたいです。









[PR]
by mico_nyan | 2017-02-16 21:26 | *まいにち | Trackback | Comments(0)

小鹿田でのお買い物

プチ旅の最後の記事になりました。
小鹿田で買った物を紹介させてくださいね。

C&S、マグカップ、小鉢、鳥の箸置きです。
e0082098_21475387.jpg
今回は、「THE 小鹿田焼」の意匠を購入してきました。

コーヒー用のC&Sとマグカップ。マグはオット用です。
e0082098_21510149.jpg
e0082098_21511756.jpg
e0082098_21513209.jpg
小鉢は、中が膨れている部分があったので、破格のお値段。
e0082098_21524451.jpg
これが何と、お玉置きにぴったりでした。
e0082098_21533213.jpg
器の口の部分とお玉の持ち手の付け根の収まりがとっても良く、お鍋の季節には重宝しそうです。
e0082098_21541896.jpg
最後は鳥の箸置き。
今回は、何度か買っていた鳥の箸置きとは違う窯元で。
今までの窯元には鳥の箸置きがなかったので、「あ、ないんだ」と
思っていると、別の窯元の土間の入口にちょこっと並べてありました。
今まで何度も来たのに見落としていたのかな?
e0082098_21564472.jpg
以前、違うタイプの鳥の箸置きを買った時に乗せた画像がこちら。

e0082098_22004283.jpg
天然生活の表紙に載っていた鳥とのコラボ画像でした。
今回のものは、この表紙と同じモノですね。
鳥と言われなければ白のはおたまじゃくしにも見えたりして…^^
e0082098_22030363.jpg

今回は新旧コラボ。

以上、小鹿田にてのお買い物でした。
コーヒーが一層おいしく感じられます。

















[PR]
by mico_nyan | 2015-10-19 22:05 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(6)

小鹿田レポ

9時前に小鹿田に到着。
窯元は10軒なので、1軒ずつゆっくり見て回れます。
カメラはオットに託し、私は見る人、買う人♪
e0082098_20303074.jpg
ここから坂沿いに10軒の窯元さんがあります。
e0082098_20320634.jpg
e0082098_20322523.jpg
e0082098_20324421.jpg
e0082098_20330711.jpg
e0082098_20333306.jpg
e0082098_20341620.jpg
e0082098_20343131.jpg
何度行っても、小鹿田は好きな場所です。
それにしても、オットの写真はどうよ~(>_<)

***********************************

現地に、こんなポスターがありました。
若き後継者さんたちの作品展。
気になります。。。
また行ってしまいそうな、自分がコワイ!
e0082098_20465763.jpg







[PR]
by mico_nyan | 2015-10-15 20:49 | *ちょっとそこまで | Trackback

小さな旅 最終回

なんかんいきいき村から北上し、
八女市に到着。

八女市には江戸時代初めに形成された城下町の商家が残った地域があり、
未だに白壁の建物が存在します。
e0082098_14264196.jpg
日田の豆田町に似ているかも。

私が言ってみたかったのはココ。
e0082098_14273521.jpg
「うなぎの寝床」さんという、九州発のモノを扱ったセレクトショップです。
中は撮影していませんので、素敵なHPで見てください。
奥に広がった、まさに、うなぎの寝床間取りでした。

先日、右側のモマ笛のことを記事にしましたが、ここで巡り合えました。
(本当は津屋崎に行って買いたかったのですが。。。)
手に取って吹くと、ホーホーという音がします。
この時の記事に、モマ笛のことと小岱焼きのことを同時に書いていたので、
偶然にも今回、目的を同時に達したことになりました^^

左側は熊本県の「木の葉猿」という民芸品。
1300年前、木葉山の赤土で祭器を作り、残りの土を捨てたら
猿に化したという伝説を持つお猿さんだということ。
魔除け、災難除け、安産、子宝、子孫繁栄の守り神だそうです。
めっちゃプリミティブですが、独特の魅力を感じました。
e0082098_14313546.jpg
ここからは、高速を使って家路に着きました。
途中の道沿いにみかんの街灯を発見!
みやま市の山川町というところは、みかんの産地なので、
こんなおちゃめな街灯が設置されているのでしょうね。
夜に点灯したところが見てみたい。
e0082098_21370103.jpg
楽しいプチ旅でした。
いつも、運転ありがとう♪






[PR]
by mico_nyan | 2015-05-07 14:38 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(0)

瑞穂窯へ

熊本県荒尾市にある小岱焼窯元のうちの1つ 瑞穂窯 の窯開きのことを
熊本県の観光HPで知り、ドライブがてら訪れました。

都市高速から太宰府~南関で約1時間半。
時々訪れる大分県の小鹿田と同じくらいの時間でした。

当主の福田るいさんは小岱焼窯元唯一の女性。
全国の民芸の器を扱っているショップではほとんど置いてあると言っても
過言ではないほど有名な窯元です。

この日は広いお庭に器が並べられていて、
お天気の良い中でゆっくり器を見ることができました。
e0082098_13114597.jpg
ネコちゃん2匹とワンちゃん1匹がお迎えしてくれて、
白ネコちゃんと抱っこタイムを楽しみました ^^

「よかったらカレーを食べていかれませんか?」と
いらした方に瑞穂窯の器でおいしそうなカレーを出されていました。
私たちにも声をかけていただいたのですが、生憎高速のSAで食事をしたばかり。
残念でしたが、ご辞退しました(>_<)

しのぎと印花が印象的な器がたくさん。
その中から1つだけ選びました。
7寸の「パンどら」という名前の鉢です。
e0082098_13051278.jpg
e0082098_13052873.jpg
記念にとオットと私に1つづつ小物をいただきました。
星は裏にマグネットがついています。
e0082098_13075930.jpg
この後、一般道をゆっくりと北上していきました。
特にお買い物はしなかったのですが、楽しいところを見つけました。

瑞穂窯のことはライターの長尾智子さんがこちら→のウェブマガジンに
詳細に紹介されています。
今度は近辺の情報をもっと仕入れて再訪したいな。

小さな旅はもう少し続きます♪














[PR]
by mico_nyan | 2015-04-26 13:10 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(2)
忘れたころに思い出す(?)ガチャのこと。
今度はこんなん出ました。
宮城県の鳴子こけしです。

素朴な、よいお顔。
昨日、100均でフィギュア入れを購入したので、
いままで集まったものを並べて飾ろうと思っています。
e0082098_18070410.jpg
タコと鳩とこけしが集まりました。
e0082098_20000184.jpg




[PR]
by mico_nyan | 2015-04-19 18:07 | *まいにち | Trackback | Comments(0)
前回のタコから約1か月。
400円に値上げされた怒り(笑)はあるものの、
やはり気になる中川政七商店のガチャ。
今回はこんなん出ました。
e0082098_16125209.jpg
e0082098_16130334.jpg
長野県の郷土玩具で、本物はアケビのつるで編んであるそうです。
第2シーズンではこれが一番のお気に入りだったので、嬉しい!
小さいのに手に持つと重みがあり、車輪も動きます。

第二シーズンのラインナップはこちらです。
あと気になるのは、京都の伏見人形、
1~2回くらいはガチャりそうですので、出ればいいのですが…。

e0082098_16172605.jpg





[PR]
by mico_nyan | 2015-03-27 16:20 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

山根窯

仕事が早く終わったオットさんが、山根窯に行き器を買ってくれました。
画像が到着したのでお披露目です。
e0082098_20472721.jpg
e0082098_20475063.jpg
福岡から来たということで(仕事なんですけどね)歓迎してくださり、
コーヒーをいただいてきた様子。ありがたいことです。

買ってくれたのはこの湯呑。
何となく小鹿田焼に似てると思ったら、ご主人は九州の焼き物では小鹿田焼が好きですと
おっしゃっていたということでした。
蕎麦猪口にもいいし、デザート用にも使えそう。good job!
値引きもしていただいたそうで、感謝、感謝。
e0082098_20342562.jpg
e0082098_20343373.jpg

欲しかったスリップウェアは大物しかなく、値段がはり、手が出ませんでした。
数もあまりなかったとのこと。
人気がある窯なので、窯出ししたら次から次へと全国のギャラリーへ送られていくのでしょうね。

それでも、作られている窯元まで行って作品を買えたことで、良い思い出ができました。
(私が直接買ったわけではないのですが ^^;)
オットさんのお土産話を肴に、この湯呑でお茶を飲む日が楽しみです。
ありがとうございました。






[PR]
by mico_nyan | 2015-03-15 20:40 | *まいにち | Trackback | Comments(2)
先月は沖永良部島、今月は鳥取と、あちこち行きまわるオットさんです。
最もお仕事なので、なかなか観光を楽しむまでには行かないような。

2週間目にして、画像を送ってきてくれました。
鳥取砂丘。
高校生の時に行きました~。
セーラー服で、ひたすら砂丘をのぼったなぁ。
e0082098_20513788.jpg
こちらは白兎神社。
因幡の白兎のお話の白兎です。
e0082098_20553072.jpg
e0082098_20554897.jpg
そして、お土産を購入してくれたらしい♪
e0082098_20563440.jpg
白兎みくじ。
赤い紐をひっぱるとおみくじがポロリとでてくるんですって。
持って帰って私にひっぱらせてくれるらしいです。
楽しみです。

私が出張に行くオットにお願いしたお土産は、
青谷というところにある、山根窯の器。
ぜひここで、私好みの器を買ってきて~。よろしくっ!!
e0082098_21034751.jpg
もう少し調べたら、岩美の方に延興寺窯というのもありましたよ。
(どれだけコキ使うんだという声が遠くから聞こえてきそう ^^)









[PR]
by mico_nyan | 2015-03-09 21:04 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(4)