ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:草花 ( 204 ) タグの人気記事

種プレゼント

ブログを通じてお知り合いになった
種プレゼントでチリアヤメと丁子草をいただきました。

チリアヤメのお花。
e0082098_10032757.jpg
丁子草のお花。
e0082098_10034026.jpg
画像はazami610さんのブログよりお借りしました。

チリアヤメは一日草なんですって。
こんなに可愛いお花が一日で終わるなんて残念ですが
次から次へと咲くらしいので、
うまく育ててお花を楽しみたいと思います。
丁子草は思っていたよりも大きな種で驚きました^^
azami610さん、ありがとうございました。

さて、深山ラッキョが満開になりました。
e0082098_10095048.jpg
ふわふわ、もさもさと、かわいらしい小花がたくさん。
玄関先に置いて、出勤前に楽しんでいます。
それから、スーパーの店先で手に取り、ついカゴに入れた大文字草。
e0082098_10114389.jpg
小さな鉢に植え替えようと思っています。
少し寒くなると、暖かい色が恋しくなりますね。

******

ここから話は変わりますが、
10年ほど前に作ったお隣との間の板塀の老朽化がひどく、取り壊しをしました。
出た木材を小さくカットして、燃えるゴミの日に少しずつ捨てましたが、
次回自分たちが60代になってから、また同じことをしないといけないことを考えると、
木材はもうやめにして、アルミフェンスを設置した方がいいのかなと考えています。
何しろ、お隣とは3mほどしかスペースがなく、何かしらの目隠しがないと
おちついて生活できないのです。
今はブロックを2段積んで、その上に80㎝ほどのよくあるスケスケフェンスが
設置されています(入居した時の状態です)。
私の理想としては、ブロックを5~6段積んで、その上に白のアルミフェンスを設置
し、ブロックが高くなった分、レイズドベッドの花壇を作りたいのですが、
こうなると、ブロックの耐久性の問題もあり、素人ではもう無理ですね。
…となると、数十万円の工事費?考えるところです。

しばらくはネットサーフィンで事例を収集することにします。






[PR]
by mico_nyan | 2015-11-15 10:22 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

波佐見~佐世保プチ旅②

「森きらら」の続きです。
動物が苦手な方には、ごめんなさいm(__)m

*******

ツシマヤマネコの次にお気に入りのミーアキャット。
チョロチョロ動く様子が愛らしいこと。
e0082098_07582911.jpg
こ、この目は絶対私に甘えてる♡キュンキュン。
e0082098_07584591.jpg
お次は、五郎丸ポーズ(笑)のプレーリードッグ。
e0082098_07571709.jpg
空飛ぶペンギン!
e0082098_08420575.jpg
e0082098_08422598.jpg
こんな角度も、
e0082098_08440500.jpg
上からも見ることができます。
ん?こちらのペンギンはラッコポーズ?
e0082098_08452424.jpg
この他にもたくさん動物がいました。動物園なんて、40年ぶりくらい?
初老のオジちゃん、オバちゃんの私たちでも十分楽しめました。
入園料の820円が安く感じられたほどです。

ライオンも孤高の王という感じで、カッコよかったのですが、
いかんせん、ズームレンズを持っていない私には豆粒ほどにしか撮れず(>_<)
動物園にズームレンズは必携ですね。

********

花の終わりかけたバラ園で、興味深い説明があったので、パチリ。
今までは「香りが濃い」とか「爽やか」くらいしか表現したことがありませんでしたが、
これからは「ティーの香りだわ、ホホホ」と優雅に香りを楽しむことにしましょう。
e0082098_08504773.jpg
バラに全然詳しくない私でも、さすがに殿堂入りのものは半分以上知っていました。
e0082098_08511220.jpg
これ、とてもキレイでした。
全体的に線が細く、茎もスッと伸びているのが清廉な感じでした。
庭が広くて日当たりが良ければ、植えてみたいものの1つです。
e0082098_08514512.jpg
e0082098_08533050.jpg
名前は、
e0082098_08541680.jpg
まあ、そうかもしれないけれど、もう少し…ねぇ(笑)

動植物園でのレポはこれにて終了です。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

次は、本来の目的の場所に移ります。









[PR]
by mico_nyan | 2015-11-01 08:55 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(8)

お庭 もろもろ

原種シクラメン。
花も終盤にちかづき、種ができた茎がクルクルと巻いてきました。
シクラメンの名前の由来となったマキマキです^^
e0082098_18085722.jpg
e0082098_18090527.jpg
深山ラッキョの開花間近。
これが全部開いたら、さぞや可憐なことでしょうねぇ。
1つ1つのつぼみがすごくちっちゃいのです。
e0082098_18091576.jpg
最後は、春にブロ友のクロはちさんからいただいた苗の1つ。
暑い夏の時には少し勢いが衰えましたが、
秋になってモリモリしてきます。
1株でこのボリューム、すごいです。良質な苗だったのでしょうね。
クロハチさん、ありがとうございます。
e0082098_18092542.jpg
今週週末の「はさみ 峠の里まつり」を楽しみに、仕事がんばりま~す。





[PR]
by mico_nyan | 2015-10-25 18:14 | *まいにち | Trackback | Comments(2)

秋明菊開花

昨年、久しぶりに咲いてくれた秋明菊が今年も咲いてくれました。

八重と

e0082098_22333183.jpg
シングル
e0082098_22332144.jpg


秋明菊は和風なお花ですが、日本原産ではなく、古い時代に中国からやってきて、

野生化したものだと言われているそうです。

アネモネの仲間で英語では、ジャパニーズ・アネモネ。

アネモネはキンポウゲ科の植物で、他には、ラナンキュラス、クレマチス、

クリスマスローズ、オダマキなどがあり、偶然にも私の好きな植物ばかり。

随分前、白も植えたと思ったのですが、結局咲いてくれたのはピンク系のみ。

やっぱり、白もほしいと思う私でした。

小鹿田では、秋明菊がたくさん咲いているんだろうな。






[PR]
by mico_nyan | 2015-10-06 22:37 | *まいにち | Trackback | Comments(6)

秋の気配

日中はまだ暑いものの、庭はもう秋の気配。
ホトトギスが咲き始めました。

昨年たくさん咲いた秋明菊のつぼみが今年もたくさん。
開花が待ち遠しいです。
e0082098_11442557.jpg
e0082098_11441614.jpg


[PR]
by mico_nyan | 2015-08-30 11:46 | *まいにち

ひっそり咲きました

アキス・オータムナリス
「秋咲きスノーフレーク」と呼ばれているそうです。
葉が伸びてきたなと思ったら、いつの間にか咲いていました。
花は1㎝にも満たない小ささです。
カワイイ~。おまけに増えやすいそうです♪
e0082098_12202656.jpg
e0082098_12203451.jpg
e0082098_12204460.jpg
こちらは、原種シクラメン。
私ってこんな、地味でひっそり咲いているのが好きだなぁ。。。
e0082098_12294086.jpg
スリッパ大好きロッタさん。
少々ひっぱってもスリッパに乗ったまま、ズリズリ動きます^^
ネコのサーファー登場?
e0082098_12323902.jpg







[PR]
by mico_nyan | 2015-08-29 12:34 | *まいにち | Trackback | Comments(10)

実家でもらった花器

お盆に実家に帰った時、
ふとリビングの壁にかかっていた花器を見て
「いいね~」とつぶやくと
「持って帰っていいよ」と母が言ってくれたので
気が変わらないうちに(笑)、ささっとしまいこみました。
e0082098_19533870.jpg
ちょうど、こんな掛花入を探していたのです。
本当はもう少し和のテイストでなければよかったのですが、
花入の部分を別のものに取り換えて使えば違った感じになりそうです。
e0082098_19534769.jpg
庭は夏枯れでほとんど花がないため、
八重のドクダミの葉を入れてみました。
ドクダミってすごく強くて、別の器に1か月ほど入れておいたら
腐りもせず、根っこが出てきました。
八重のドクダミの花ってとても愛らしいので、
地植えとは別に鉢で育ててみようかと思っています。

私って決して「和」の人ではないのですが、
どんどん部屋の中は和のアイテムが多くなっています。
「若いのに渋いわね~」から「歳相応」になりつつある私。

実家の山口県では今年の夏に「世界スカウトジャンボリー大会」と同時開催で
県主催の「やまぐちジャンボリーフェスタ」という交流イベントが行われました。
あちこちの公的施設を使ってワークショップが行われ
実家の近くの小学校では「生け花」だったそうです。
母は茶花をやっているので、ワークショップのお手伝いをしたそう。
ありがたいことに毎回20~30人ほどの子どもたちが訪れてくれたそうです。

「英語がまるで通じない国の子どももいたけれど
ジェスチャーで通じたわよ」と、あっけらかんと言う母に
自分にはない「生きる力」を感じた娘でありました。








[PR]
by mico_nyan | 2015-08-15 19:59 | *まいにち | Trackback | Comments(1)

駕与丁バラ公園

朝、掃除、洗濯を済ませた後で、
ふと思いついて粕屋町の駕与丁(かよいちょう)公園にバラを観に行ってきました。
残念ながら、バラは半月ほど遅かったようでピークは過ぎていましたが、
公園の景色の素晴らしさに感動しつつ、ウォーキングを楽しみました。
e0082098_20432108.jpg


***
上の地図で言うと、かすやドーム(体育館)から駕与丁大橋を渡って
展望公園まできて撮った景色です。
池がものすごく大きくて、吹く風が気持ちいい~。
e0082098_20231688.jpg
橋を渡り切ったところに、鳥がいました。
最初、作りものかと思ったのですが、動いていました。
その横には釣り人が。面白いツーショットだなとパチリ。
e0082098_20253555.jpg
e0082098_20255756.jpg
バラ公園の全景がうまく撮れませんでしたが、広くてのんびりした、いいところでした。
小さな子ども連れのファミリーが遊んだり、障がいのある子どもをボランティアの方が
連れてきていたりして、愛されている場所なんだなと感じました。
人はあまりいませんでした。これが福岡市内にあったら大変な人が集まりそうです(>_<)
いいところだな~、粕屋町。
e0082098_20284295.jpg
e0082098_20291201.jpg
見られるものだけを少し撮影しました。
e0082098_20312599.jpg
e0082098_20320559.jpg
e0082098_20322018.jpg
e0082098_20324266.jpg
e0082098_20325948.jpg
e0082098_20331284.jpg
e0082098_20333641.jpg
e0082098_20335803.jpg
e0082098_20341167.jpg
e0082098_20342787.jpg
e0082098_20344159.jpg
e0082098_20345946.jpg
このあと、遊歩道をタラタラ歩いて一周してきました。
来年はもう少し早めに行くことにします。
その時はお弁当を持って、、ですね。


















[PR]
by mico_nyan | 2015-05-31 20:36 | *ちょっとそこまで | Trackback | Comments(6)

裏庭がにぎやかに

またまた雨の朝

数日前のお天気で、グリーンアイスの
つぼみが一斉に開きました。
e0082098_08075813.jpg
カシスの中心もゴージャスに。
白万重とコラボできたらきれいでしょうね。
新しい苗をお迎えしたい気持ちがいっぱい。


e0082098_08090806.jpg
エトワールバイオレットの花つきはスゴイ。
数えてみたらつぼみは100個以上ありました。
我が家の日陰の庭でこの数はあり得ない~。
よっぽど強健で日陰に強い品種なんですね。
超オススメです。
雨に打たれて下を向いているのが残念です。
e0082098_08112884.jpg
ユーリ。
e0082098_08145162.jpg
お名前不明のバラ。
e0082098_08141267.jpg
カシワバアジサイのつぼみ。
e0082098_08153687.jpg
アナベルのつぼみ。
e0082098_08160083.jpg
裏庭はこんな感じで賑やかになっています。
お隣のおばちゃまが低いフェンスを乗り越えてオープンガーデン(笑)に
いらっしゃいました。







[PR]
by mico_nyan | 2015-05-17 08:18 | *まいにち | Trackback | Comments(8)

ピンク

ただいま、ピンク率高し。
e0082098_08254254.jpg
e0082098_08255747.jpg
e0082098_08245721.jpg
e0082098_08252361.jpg
******
最近、雑誌を読んでいて共感した言葉がありました。
故中村勘三郎さんの「型を身につけねば『型破り』になれない」というものです。

これは、子ども電話相談室へ寄せられた「『型破り』と『形無し』はどうちがうの?」という質問に
無着成恭さんが「型のある人が型を破ることを『型破り』と言い、
型のない人が型を破ることを「形無し」と言う」と回答したことに
中村勘三郎さんが感銘し、以後、上記の言葉を座右の銘にしたそうです。

深くていい言葉ですね。






[PR]
by mico_nyan | 2015-05-08 08:44 | *まいにち | Trackback | Comments(6)