ネコとクサが好きな50代の毎日


by mico_nyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2018年 02月 11日 ( 1 )

戦型を考える

今日は、居住地区の公民館の団体戦。
2W2Sを5人で戦ってきました。
個人の成績と所感をちょろっと。

5チームと対戦して、ダブルスは4回、シングルスは2回出場。
何とか全勝できました。
…とは言え、前回、1パートから2パートに降格してしまったため、
対戦相手が女性多目の団体戦でした。

2回のシングルスのうち、男性は1回、女性は1回でした。

男性はダブルスにも出場しており、フォアドライブの回転量が多く、
チームメイトが抑えきれないのを見ていましたので、試合になるかどうか不安でした。
いざ試合になると、やはりフォアドライブは回転量が多いものの、バックは手数が少なく、
むしろ私の方が色々仕掛けることができたので、勝つことができました。
-10、-8、-10 ギリギリでした。
ダブルスは時間があるため、バックに回りこむことができるのですが、
シングルスとなるとそうはいかなかったようです。
3セット目は私が勝ちを急いで無理な攻撃をして3-7とビハインドに
なったのですが、落ち着いて回転量の強弱をつけることができたので、
何とか追いつき、ストレートで勝つことができました。
以前、レッスンを受けていたコーチから、
ミーコさんは自分から攻撃をぐいぐいしかけるよりも、
相手に攻撃させてからの攻撃するくらいの方が合っています、と言われたことが
あったのですが、確かにそうだなと思います。
攻撃のことばかり考えると、自分の持ち味の防御やボールをいなすことが
おろそかになってしまうのです。
もちろん、若いお兄さんに対しては、どうやったって勝てるはずはありませんが、
相手が同じくらいの年齢であれば、ブロックやカウンターを私が決めることができれば
大きな武器になります。
これからも、このスタイルは維持しつつ、攻撃力をあげていこうと思いました。

2人目のシングルスは女性。私と同年代です。
この女性とは、私が卓球を再開して数年後に対戦したことがあって、
その時は、やりにくい、負けそうだったと、ノートにメモをしていました。
今日の対戦は、-1、-4、-2と、あっけなく勝つことができました。
その時の私と今の私の何が違うのかなと考えてみました。

オールフォアの戦型からむしろバック重視の戦型になった。
つつきだけしかできなかったバックにドライブという武器が加わった。
フォアもミート打ちだけから少ないながらもドライブができるようになった。
回転についての知識が増えた。

はっきり言えることはこれくらいかなと思います。
と言うことは、
私が「こうありたい、なりたい」と思いやってきたことの分だけ
彼女を上回ったのかなと。
そうであれば、自分がやってきたことは間違っていなかったのかなと
少しだけ嬉しく思いました^^

ところで、全日本選手権をTVで観戦していて、
伊藤美誠ちゃんの圧倒的な勝利に拍手!の私でした。
後日、彼女に関する記事に、
フォア裏でミートし、バック表でドライブする、固定的観念からはずれた
戦型で相手を圧倒していた、という意味のことが書かれており、
とても興味深く思いました。
私もフォアドライブをモノにできた暁には
また、フォアでミート打ちをどんどんやっていきたいなと。
回転の難しさを理解すればするほど、シェイク裏裏を使いこなす力が
ないなと思う気持ちが強くなる私でしたので、
いつか良いタイミングあれば、バックを表にすることもありかなと思っています。
もちろん、伊藤美誠ちゃんのようにはなれるはずもありませんが(>_<)


















[PR]
by mico_nyan | 2018-02-11 22:10 | *まいにち | Trackback | Comments(4)